生霊

生霊の飛ばし方と注意すること|あまりオススメしないですが‥

タイトル通り、あまりオススメしないのですが‥。ふと最近思うことがあって、生霊を飛ばそうと考えたことがあったので書いてみました。誰にでも生霊は飛ばせますが、飛ばせやすい人と少し飛びにくい人がいてますので生霊を飛ばす場合、思うより念の入れ方が大事かと思います、ただ生霊を飛ばすことによってリスクも伴いますので、そのあたりも読んでいただいて判断していただければと思います。

 

 

生霊の飛ばし方

 

 

ちび子
ちび子
生霊って、そんなに飛ばせるものなの?

 

イトケン
イトケン
なんで生霊が飛ばせることが出来るのかというと、ぼくらはみんな本来は霊が主体なんだ。だから飛んでもおかしくないんだ。

 

ちび子
ちび子
生霊って怖そうなんだけど・・・。

 

イトケン
イトケン
実際に生霊と霊媒を通して話したことあるんだけど、生霊ってマジ説得できるものではないから、怖いものと思うね。

 

イトケン
イトケン
そのうえ生霊に苦しめられる人は波長が下がっていくから、ちがう霊にも取り憑かれやすくなる感じがしたよ。

 

ちび子
ちび子
生霊って、そんなに頻繁に飛ぶものなの?

 

イトケン
イトケン
これから説明していくんだけど、強い念を持ち続けると相手を思っただけで、生霊が飛ぶようになるみたいだよ。

 

 

これは見出しにも書きましたが、生霊を飛ばすには思うことより強い念(怨念=うらみの念など)を持つ方が飛びます。それも具体的にどうしたいかを強く念ずることです。

 

では、具体的に対象の相手をどうしたいか例えて書いてみますね。

 

殺したい

身体に不調を与えて苦しめてやる

仕事を辞めるようにしてやる

家庭をこわしてやる

精神的に追い詰めてやる

 

など上記が一例です。これは、悪霊が憑いた時におこす霊障に似ています。同じようなことが対象の相手に対しできるということです。

 

ただし、相当の覚悟で怨念ほどの強いものがないと、なかなか生霊も飛ばなかったり霊障が弱かったりします。

 

 

生霊が消えたり無くなるのは、何らかの理由で対象の相手に強い念を向けないことですので、本気で生霊を飛ばそうと思うなら、ずっと相手に対して強い念を向けていくことが大事になります。

 

人によっては、少し思うだけですぐ飛ぶ人もいるようです。その場合、本人が生霊を飛ばした覚えがない場合もよくあります。

 

 

生霊を飛ばされた相手はどうなるのか?

 

 

先にも触れましたが、悪霊に取り憑かれたように霊障が起きだします。

 

ここで実際にあった実例を紹介します。(生霊との遭遇体験談)

 

私の知人は何度も自殺を図ったり、富士山のふもとで自殺の名所の樹海まで無意識に行ったことがあるそうです。

 

その生霊は「殺してやる」って言ってたので、何度も自殺に追い込んでいたようですが、そこまで強い念(怨念=うらみの念)を知人に向けていました。

 

生霊も現象としては怨念霊のようなものと同じですが、除霊をしても数分で戻ってきて取り憑いたのを覚えています。私のチカラでは及ばず不動明王様にお願いして抜いてもらったときも同じでした。

 

この念には相当強いものを感じましたので、除霊で一瞬抜いたとしても再び取り憑くので厄介だと思いました。それも昼夜問わず現れるものでしたので、怨まれている本人も疲れ果てると思います。

 

この生霊ですが、やはり普通の霊とちがって深夜の霊が出る時間にはあまり姿を現さなかったのが特徴なのかと思います。いうなれば、起きている時に思うだけで相手に飛んでいた感じでした。いいましても寝てても怨みをもっていると深夜でも関係なく飛びますが‥。

 

ここまで強すぎる念を向けられると、悪霊のような霊が寄ってきて加担するので対象の相手はその苦しみから抜けるのは自力では難しくなります。

 

こんな感じで生霊を飛ばすと、その強さによっては相手を追い込むことになるということです。本当に怖いことなのでよく考えてから実行してください。

 

 

生霊を飛ばすことをオススメしない理由

 

 

このサイトに来てくださるまでに、ほかのサイトや本で読んだりされてご存知の方も多いと思いますが説明させていただきますね。

 

生霊を飛ばすことをあまりオススメしない理由は、生霊って自分の魂の一部であって、いわゆる自分の分身を飛ばしてるも同じことなんです。

 

ということは、それだけ強い念を飛ばすわけですから自分の状態も悪くなります。

 

人を憎む恨む(この場合が多いと思いますが)というのは、自分自身の波長も当然下がってしまいますし、場合によっては怨念をもった霊とも波長が合ってしまうということです。

 

いちばん厄介なのはこれです。この怨念霊と波長が合うのが難点です。

 

自分自身の状態が落ちるために、怨念霊との怨念という波長が合いやすいうえに取り憑かれやすくなってしまうので、怒りやすくもなりますし物事がうまくいかなくなったり裏目に出てしまうことになりかねないからです。

 

あと生霊を飛ばす行為は、自分の分身が飛んでいることなので魂を削ると思って頂いていいと思います。例えるなら掛け持ちで仕事をしているようなものですので、疲れやすくなったりボーッとすることが増えたりします。

 

簡単にいいますと、普段魂のチカラを10使っているものが分身が飛んでいるので半減して魂のチカラが5になるようなものですので、自分の状態も確実に落ちます。

 

気力や元気が落ちてくるので、相手だけでなく自分も注意が必要です。

 

生霊を飛ばすことでリスクを伴うことを理解いただけたらと思います。

 

このあたりが、生霊を飛ばすことをオススメしない理由です。

 

 

まとめ

 

 

生霊を飛ばすためには、強い念を持つことが有効であるがリスクがともなうということ。

 

生霊を飛ばされた相手は、自殺に追い込まれたりもしますが、対象の相手にもご先祖や守護霊がいてるので阻止はしてきます。具体的にいうと自殺を図っても何かしら早く発見されて未遂に終わることも多くあります。しかし強い念をもてば対象相手を相当まで追い込むことは可能になります。

 

よくサラ金や悪徳な金融業者など人を追い込むような職種は恨みをかいやすいため、不慮の事故やいい死に方ができないのは生霊を飛ばされていることが原因だと思います。まあ因果応報でもあるのですがね。

 

生霊はよく魂を削るとか言われるように、分身が飛ぶので自分自身にも悪影響が出ることを踏まえたうえで覚悟して飛ばすことです。

 

私自身も生霊を飛ばそうと最近考えてしまいましたが、リスクを考えてやめました。人に恨まれるようなことをしている人って、自分自身だけでなく他人からも恨まれているので、わざわざ自分が手を下さなくてもいいというのがやめた理由です。

 

恨みをかうような人は、何もしなくても因果応報で必ず死ぬまでに返ってきます。これは短期的にみると何もなく平然と生きているように見えますが、人生の終盤と死後の世界で苦しむほうがキツいので静観します。

 

ではこの辺で終わります。

 

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

 

こちらのバナーをクリックしてくださると、管理者の励みになります。


にほんブログ村


スピリチュアルランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください