死後の世界

死んだらどうなる?死後の世界と成仏について

人は遅かれ早かれ『死』というものを迎えますが、亡くなり方や今世の行ないによって個人差がある死後の世界の実情と成仏の世界とは、どういうところなのかということを分かる範囲で説明していきます。

 

死んだらどうなる基本的なこと

この人間の死という解釈についてですが、肉体に例えるなら借りていた衣服を脱ぎ捨てる程度のものでしかないということです。

現実として肉体がなくなるだけであって魂は生き続けるので、何も変わらない自分が存在していることに戸惑いながら魂の存続に気付いていくことになります。

この肉体がなくなるだけと書きましたのは、性格や感情また知識や嗜好また性的嗜好などもそのまま死後の世界に引き継いでいくことになります。

死んだという人間の世界での区切りは、霊の世界からしますと一時的に棲む場所が変わっただけであり、死後は地上界と成仏の世界との中間のようなところに身(魂)を置くことになります。

成仏の世界に行くまでには個人差がありますが、おおよそ先に他界した先祖や家族また知友といった存在の導きによって成仏の世界にあがっていくということが一般的です。

では、このあとは死後から成仏までの流れやその世界はどのようなところなのかを説明していこうと思います。

 

死後の間もないときの状態

こうしてスピリチュアルに興味のある人や死後の世界のことに興味のある人は、まだ死後に戸惑うことは軽度?といいますか、あまり問題はないと思いますが、死後の世界を否定していた人や何も知識のない人の多くは間違いなく戸惑ったりオロオロしたりするものです。

よくありがちなのが自分が死んだことに気付かない状態になる、いわゆる死後の自覚が出来ない人が少なくないといった感じです。

なので自殺した人などの霊は何回も自殺行為を繰り返してしまうといったことは普通によくあることといえます。

このようなことから、お葬式や法事(初七日・四十九日・初盆など)を行なうことによって自分が死んだことに気付いていくのが一般的です。

もし法事などが執り行われないような人の死は、自覚することが遅れるので未浄化霊などになって彷徨ったりすることもあります。

自分の葬式なのに他人事のように葬儀に参列していたりすることは、とても多いです。

あと祖父母や両親などが死ぬ直前に枕元にきたり虫の知らせのようなことが起きるのは、その状態というのは意念が届くもので、まだ生きているのに肉体から魂が抜けている状態を表しているものです。

人の死というものは、肉体が微弱に機能していても魂が抜けているといいますか、魂が皮一枚でつながっている状態になることは普通にあります。

この状態についてですが、一部の霊格の高い(魂の成長した)ものは死後の世界を知らなくても戸惑うことなく過ごすものがいたり、いきなり成仏の世界を越えて階層の高い境涯にいくものも存在します。

 

死後の自覚と中間の世界

自分が死んだことに気付くと通常は先立った霊たちがお迎えに来てくれたりするのですが、地上の世界に未練や執着がありますと、そこから離れたくなかったり気になったりすることもありますが、よほどの強い想いや念がなければ先祖や先立った家族や知友のものたちの姿を見て安心して成仏の道に上がられるのが一般的です。

この中間の世界では、どちらかといいますと地上界という人間の世界とも密接で霊なのか人間なのかというような感じで過ごすようなものです。

では成仏と中間の世界では何が違うのかといいますと、成仏の世界では人間として住んでいた環境を格段に良くした地上界と同じような世界であり、中間の世界は肉体がなくなった状態で地上界に存在するとでもいえましょうか・・・。

ここで注釈ですが、死後の世界という場所は遠く離れた宇宙の果てなどと思われるかもしれませんが、異次元という説明が正しいのでしょうか、空の上あたり?といった説明が正しいのか分かりませんが、そのような感じです。

 

成仏という世界(夢幻の世界)

成仏といいますと魂(霊)の終着点のようなイメージを持たれている人も少なくないようですが、本当はその上の階層へ行くために何度も生まれ変わりを繰り返し霊的な成長を望むことになります。

成仏の世界を一言でいいますとパラダイスといって過言ではない世界です。

 

=成仏の世界が、どのような世界かということを少しあげてみます。=

◎生きるためや食べるために働くことがない。

◎肉体がないので病気や痛みや肩こりなどが一切ない。

◎地上にいたときと同じような世界(もっときれいな世界)

◎周りには生前に共にいた家族や友人がいる(他界してきているものたちやペット)

欲しいものは何でも手に入る(物質といわれるものは、どんなものでも入手可能)

◎やりたいことがすべて叶う(趣味・スポーツ・旅行・釣りなど)

◎食べたいものが何でも食べれる(意識のなかの欲求であり本来は空腹というものがない)

◎犯罪や醜い人間模様を見聞きすることがない。

◎穏やかな日常など

 

このような世界が、成仏の世界です。

しかし生前の記憶も性格なども変わらないままの自分がいてるのです。

 

成仏が最終的な目標ではない

この成仏の世界に浸り続けるものがいる一方、何の不自由もない生活も満ち足りた生活にも何れ飽きがくるときが訪れます。

すると、この成仏の世界から出ようという気になり、上の階層に行くために霊的な成長をしたいと望んだり、自分の足りなかった部分を補おうとする思いから再度再生(生まれ直す)して目的を果たそうと願うのです。

このときに人間としてお金持ちになれなかったとか地位や名誉などの目標が達成できなかったなどを考えることはなく、霊的な成長という課題に沿って目的が出来ていくのです。

そのために霊的な成長を望むということは、地上界という人間の世界で何らかの辛苦を自分に課すことの方が多いということになります。

なかには前世でのカルマの解消を目的として、イジメをして人を追い詰めたら今度は追い詰められる側にまわりたいと望み、人を騙してきた人は騙される側に、虐待してきた人は虐待される側に、と自分の悪しき行ないを今度は身をもって受けて乗り越えようとします。

ですから今世での苦しみや悲しみというのは、生まれる前に自分が設定したものでしかなく、偶然に起きたことではないということを理解して欲しいのです。

少し私見ですが、霊的な成長を望むうえで人間という世界で様々な経験や体験を通して利他愛に目覚めていくことが目的なようにも感じます。

 

さいごに

霊的な世界のことについて、本日に別の記事でエビデンス(証拠・科学的根拠・証言・形跡・裏付け)を求められる方がいましたが、机上の理論や科学をもって立証できるものではないので、そのような方は自ら体験されるように努力され本記事が真実であることを確認頂きたいと願います。

当ブログでは霊的な関わりから得たことをベースに記述し、基本的に他者引用をするつもりは一切ありませんので、他者と見解が異なることも多々あります。

本記事の目的は興味を引くためとは一切考えておらず、霊的な真実と残された人や悩み苦しむ人たちに少しでも寄り添うことが目的であり、机上の理論や宗教的教えよりも事実を優先したものです。

少し本記事と違うまとめになりましたが、成仏というものは生死の別れたものが再会して再び地上の世界と同じような生活をすることになるという所でもあるのです。

期間としては個人差が大きく違いますが、人間の世界よりも一般的に長いものではないかと考えます。

 

では、この辺で終わります。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのバナーをクリックしてくださると、管理者の励みになります。


にほんブログ村


スピリチュアルランキング

POSTED COMMENT

  1. イトケン より:

    しはん様

    出会いや導きというのは本当に不思議なもので、お父様などの故人の霊が導いてくれることも少なくないように感じます。お父様のお名前としはん様のお名前の一文字を合わせると彼の名前になるなんて凄いですね。何か意味深いものを感じたりします。

    「死ぬと言う事は何も怖くない、自分達が待っているから。心づもりをしておきなさい。」➡まさに、その通りで死ぬという事は怖くないものです。私も多くの霊と関わってきましたが、みんな肉体がないだけで生きているというのが事実ですし、お父様や彼が迎えに来てくれるというのも間違いのないことです。しはん様は、お父様のお言葉を確実に受け取っているといえます。

    大切な人を失くしますと、みんな同じように大切な人の元に行きたいなどと思われますが、見えなくて感じないだけで身近に居てくれたり見守ってくれていて、このまま死んでしまおうかというような後追い自殺をしないように心配してくれているものです。彼らが悲しむのは、自分が先立ったことに残されたものたちが生きる希望をなくしてしまうことであったりします。

    しはん様が仰られますように、そんな風に生きているからこのような考えになられるということは十分理解できます。しかし霊的な考えからしますと、本当は生まれる前から自分が再生する目的の一つとして課した試練であるのですが、現実はそんなことを頭でわかっていても生きる希望が見出せないと私自身も思います。この辛苦を乗り越えないと再び生まれ変わったときに同じような境遇を望むことになるので、同じような苦しみや悲しみを経験したくないと思ってしまいますが難しいですね・・・。

    取り留めのない文面とは感じませんが、答えになっていないような返答で申し訳ありません。

  2. しはん。 より:

    イトケン様。

    父の事、教えていただきありがとうございます。
    彼とは、いくつもの偶然が重なり出会いました。
    その偶然も父が導いてくれたものだとすれば全部納得がいきます。

    父の名前の一文字と私の名前の一文字を合わせると彼の名前になります。
    彼が亡くなってから気づきました。
    彼が生きていたら「本当やな」と言って二人で笑いあえていたと思います。

    私の両親は離婚していた為、普通の人よりは少し苦労をして育ったと思います。
    それでも、大きな困難もなく今まで生きて来れたのは父が守ってくれていたからだと思っています。

    彼が亡くなり、少し落ち着いて考えられる様になり、思う事があります。

    私も父達と同じ歳で亡くなる。
    その事を父が彼との出会い、死別を通して教えてくれたのではないかと。
    「死ぬと言う事は何も怖くない、自分達が待っているから。心づもりをしておきなさい。」
    そう伝えてくれている。
    そう思っています。

    彼が亡くなってから、早く彼の元に行きたい。
    その事ばかりを考えています。
    このまま死んでしまおうか。と頭をよぎる事も何度もあります。

    でも実際は怖くて今生きています。

    そんな風に生きているからこの様な考えになっているのか私には良く分かりません。

    イトケン様は、どの様に思われますか?

    いつも取り留めのない長文になってしまい申し訳ありません。

  3. イトケン より:

    しはん様

    こちらこそご返信いただきまして、ありがとうございます。
     
    彼が突然いなくなるということは、いままで普通だったものがなくなるのでポッカリと穴があいた感じになるので寂しいと思います。彼に会えない寂しさから辛く当たったり困らせたということで、その当時の彼は寂しかったかもしれませんが、今はしはん様の思念(想い)は伝わっていますので安心して下さい。亡くなるとどうしても姿や表情が確認できないので不安になりますが、想像される以上に色んなことを見て想いを受け取っているので知っているものです。

    お父様のことについて少し推測になりますが、彼とお付き合いすることになったのは、しはん様の仰る通りお父様の導きがあったのかもしれませんね。私も相談に乗っていた女性の他界した父親(他界して20年以上経過)が巡り合わせたと、その他界した父親本人が言っていたことがあります。

    『残りの時間を一生懸命生きなさい。自分達が居るから心配無いと、父が教えてくれている様な気もします。』については、まさにそれを信じて良いです。必ず何があっても彼やお父様が守ってくれることは間違いありませんので、一日一日を後悔のないように生きていって下さい。

    大変褒めていただいて恐縮です。いつでも何かにつまずいたり不安や疑問などありましたら、些細なことでも大丈夫ですのでコメントやお問い合わせからご連絡して下さいね。私でお役に立てるなら喜んで対応させていただきますので、よろしくお願い致します。

    こちらこそ、ありがとうございます。

  4. しはん より:

    イトケン様。

    私にお返事をいただき、本当にありがとうございます。

    私は彼に出会い本当に幸せでした。
    ですので彼が亡くなり、急に寂しくなりました。

    私達は遠距離でしたので、なかなか会える事はありませんでした。
    亡くなる少し前も会えない事を彼に辛く当たっていました。随分彼を困らせていたと思います。
    亡くなる前の日の電話も、体調が悪そうにしていた事にも気づかず、彼はそのまま逝ってしまいました。
    私が彼の事を分かってあげないと駄目なはずなのに優しい言葉一つかける事も出来ず、きっと彼は寂しい気持ちのまま逝ってしまったのかと思うと、後悔の気持ちでいっぱいです。
    そんな事から、私が亡くなった時もしかしたら会えないかも知れないと不安にもなります。

    私には10代の頃亡くなった父が居ます。
    両親は離婚していた為、父と最後一緒に過ごす事は出来ませんでしたが、私が末っ子だった事もあり、いつも気にかけてくれていたと思います。

    彼が生きていた時は特に気にしませんでしたが亡くなってから思い返すと、仕事の事、趣味。育った環境など、父と彼とは沢山の共通点があります。

    もしかすると、自分とそっくりな彼に父が会わせてくれたのかも知れないと思う様になりました。

    父と彼は同じ歳で亡くなっています。
    私達3人が、深い絆で結ばれているのなら、私も父達と同じ歳でこの世から去るのかも知れない。
    そう思っています。
    だとすれば残された時間はそう長くありません。

    残りの時間を一生懸命生きなさい。
    自分達が居るから心配無いと、父が教えてくれている様な気もします。

    イトケン様におかれましては、ご自身もとてもお辛いご経験をされたと拝読致しました。
    にも関わらずこの様なブログを立ち上げていただき、残された人に生きる勇気を与えて下さっている事、本当に感謝の気持です。
    ありがとうございます。

    文章をまとめる事が下手くそで長文になってしまい申し訳ありません。

    読んで頂きありがとうございます。

  5. イトケン より:

    しはん様

    しはん様お久しぶりです。ご連絡ありがとうございます。

    彼のことを思い出すと胸が締め付けられて悲しくなりますよね。
    とてもよく分かります。

    ブログを見て頂いたことに感謝ですし、死後の世界のことをお伝え出来て良かったです。
    今世での天命を全うされて、また彼と再会されて一緒に過ごしてくださいね。

    彼からのメッセージですが、割と人の口を介して何かを伝えてくることがありますので日頃から注意していて下さい。あとは夢に出てきたときの表情や服装などで、彼の状態や伝えたい思い出などが含まれていることもあります。

    ブログが少しでも支えになると仰っていただけて、とても嬉しいです。どんな些細なことでも、聞いたら変かな?というようなことでも大丈夫ですので、聞きにくいことなどの場合は「お問い合わせ」をご利用(捨てアドで大丈夫です)して下さいね。

    しはん様もコロナに暑い日が続きますが、体調など崩されませんようにお身体ご自愛下さい。
    ご連絡いただけたことを、とても嬉しく思い感謝です。

  6. しはん。 より:

    イトケン様。

    以前、別のところでコメントさせていただいた者です。
    その節は、暖かいお返事を頂戴しまして本当にありがとうございました。

    彼が亡くなり一年半と少しが経ちました。
    いまだに思い出しては泣いてしまう、そんな日々を過ごしています。

    それでもイトケン様がこの様なブログを更新して下さり、彼の今過ごしている世界のことを知る事が出来て安心する様にもなりました。
    私が彼の居る世界に逝った時、また会える。一緒に過ごす事が出来る。
    そう信じて生きています。

    彼からのメッセージ、サイン 。
    これだ、と確信出来る事はまだあまり有りませんが、彼の事を信じて、もっとちゃんと受け取れる事が出来るようになれたら良いな。と思います。

    落ち込んだ時、イトケン様のブログに助けていただいています。
    いつもありがとうございます。

    コロナで大変な事になっていますが、お身体大切になさって下さい。

  7. イトケン より:

    みき 様

    こんにちは。ブログを覗いて頂きましてありがとうございます。

    私もご主人様は向こうの世界で穏やかに元気にお過ごしなられていると信じています。平成8年8月8日にご入籍された日と同じ月日に更新できたことは、偶然だったとしましても、私もとても嬉しく思います。ご主人様のような優しい人でしたら、お導きしてくれたのかもしれませんね。
    やよい軒のお話ですが、このようなこともご主人様が導かれていたり気付かせてくれたことだと思いますし、一緒におられたと感じます。

    少しでも心救われると仰って頂けて、とても嬉しく幸いです。
    こちらこそ、いつもありがとうございます。

    みき様も、暑い日が続きますが、どうかお身体ご自愛くださいませ。

  8. みき より:

    イトケンさん、ブログ更新ありがとうございます。
    今回のこの記事…主人が向こうの世界で穏やかに幸せで居てくれてると知らせてくれたのではないかと思っています。
    8月8日に更新されていて主人の導きなんじゃないかとも思っています。私達が入籍したのが平成8年8月8日なのです。 
    8月8日に妹とお昼を食べようとゆう事になったのですが、たいがいは私が行きたい所に行くのですが、珍しく妹がやよい軒に行った事がないから、やよい軒が良いと。
    主人が元気な時、病気になった時も何回か行った私にとって思い出のある場所です。ご飯を食べながら妹と、主人の楽しかった話で盛り上がりました。
    きっと主人も一緒に居たのではないかと思っています。

    イトケンさんには何時も本当に心が救われています。
    ありがとうございます。

    コロナや、暑さも厳しいですが、どうかお体ご自愛ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください