死後の世界

孤独死でも成仏できるのか

近年、孤独死が年々増えてきていて年間3万人の人が亡くなっています。若くても高齢でも年齢は関係なく、自分はまだ大丈夫と思っていても、突然に死が訪れるので生きている時に心の準備が必要となります。終活はしていても、あの世でさまよわないようにしたいものです。では生きているあいだに、どのようなことを心構えしていけば成仏できるのか、成仏しやすいのか。葬式をしないと成仏できないのか、もし死後腐敗してしまったらあの世ではどうなのかなど書いています。

 

 

ニッセイ基礎研究所の調査によると、孤独死は年間3万人いて孤独死予備軍は推計1000万人と言われています。

 

 

葬式をしなくても成仏できるのか

 

 

ちび子
ちび子
あのね、サイトを見てるとお葬式が大事とか仏壇は必要って説明が多いけど、どれが本当なの?

 

イトケン
イトケン
それはね、そのようなサイトをよく見るとほとんどが葬儀屋さん・仏壇屋さん・墓石屋さんが書いてることが多いから、そのようなことが通説のようになってるんだよ。

 

ちび子
ちび子
そういえば、そんな感じがしたぁ。じゃあ、あれは間違いなの?

 

イトケン
イトケン
間違いというより、少し商用な感じもするね。亡くなった人に対して必要なものは限られているんだ。それをこれから説明していくね。

 

 

葬式をしなくても、死ぬまでに想いや後悔になること、未練や恨みの念などをもったまま死ななければ成仏出来ます。

 

葬式は儀式のようなもので、冠婚葬祭のイベントのような解釈で大丈夫です。

 

ただし孤独死で葬式をしない場合ですが、なかなか葬式のような儀式がないので区切りが分かりにくく、死んだことを自覚することが必要になるため魂だけになった時に、自分が死んだことを受け入れることも大切です。それは、49日までの間に色々な気持ちの整理をつけて、もう肉体がないんだということ理解して旅立つことになります。

 

とはいいましても、なかなか49日で成仏することは、親族に看取られて亡くなっても難しいのが実情かと思います。ですから49日はあくまで早くに成仏した場合の目安と考える方がいいでしょう。

 

もし死んだことの自覚がない場合は、未成仏霊となってさまよってしまうことになります。

 

よくありますのが、突然死などで死の自覚が薄いままになくなると、自分が死んだことを分からなかったり受け入れれなくて、浮遊霊のように彷徨ってしまいます。これも少ないようで多いと思いますが、そのうち死んだことを受け入れることができるので、そんなに心配することではないと思います。

 

 

もし発見が遅れて腐敗してたら、死後はどうなるのか

 

 

近年孤独死も増加傾向にあって、なかには発見が遅れてしまって残念ながら腐敗してしまうケースも少なくありません。

 

ひとり独身で住んでいたのなら孤独死から腐敗も気になるところですが、人は死んだ時点で魂が抜けるので魂だけになってしまえば何も問題ありません。

 

もし霊能力をお持ちの方が見ても見苦しくもなく、万が一姿が見えたとしても生前のままです。霊というのは本来は魂だけの存在であり、姿が見えるというのは生きていた時の想念を強く持つために生前や最期の姿が投影されます。

 

おそらく間違いないのですが、生前に自分がよく着ていた服装などの姿で、病床で苦しんでいたり身体のハンデとかありましても、死後はそのようなものは消えてないのが普通です。

 

 

成仏するための心の準備

 

 

前項でも触れましたが、成仏するためには心の準備というか気持ちの整理をする必要があります。想いや後悔を引きずっていたままであったり、未練や恨みといった想念があると、なかなか成仏ができなくなります。

 

ここで一番わかって頂きたいのは、毎日の生活のなかで想念(想いや様々な念)を残さないように日々消化して生きていくことです。

 

孤独であっても気になる存在(親族・子ども・異性・友人など)がいて心配で仕方ないなどの場合は、通常あの世にいけなく現世に魂として残ってしまいます。気になるとは思いますが苦労も困難も気になる存在越えるのも修行のひとつとお考え下さい。

 

魂だけになった時に、このことがわかっていれば修行ということが理解できるはずです。魂は死なないからです。その気になる存在にも、先祖霊や守護霊がついていて守ってくれているので任せましょう。

 

そのあと、あなたが昇華してから改めてご親族を見守られるのが理想的です。

 

憎しみや恨みの念を持ってしまっている方は、よくアイツのせいで人生が狂った・あんなことがなければ平穏に暮らせたなどと思われるでしょうが、それも宿命と地上界の修行でしかありません。もしそのような出来事でなくても、違う形で越えなければいけなかったものだということです。たまたま対象者にめぐり合っただけとお考え下さい。

 

これは前世やご先祖の行ないによるカルマ(因果応報)である場合が強いため、憎しみや恨みを向けるものでないと受け入れて下さい。覚えていない前世のことや、現世で知らずに人を傷つけてしまうことは誰にでもあることです。

 

許すことも大切です。どんなに大きなことも宿命として受け入れて、避けることが出来なかったことだったということを‥。

 

憎んでも恨んでも何も変わりません。たとえ相手を殺しても自分の時間も物質的なものも返ってきません。それより今のかぎりある貴重な時間を大切に使って下さい。

 

ここでは、とにかく死に向かうための心の準備を、日々の生活の中で想い残すことがないように生きていって下さい。これが心の終活になります。

 

 

成仏できない人の特徴

 

 

ここでは下記のようなことがあると、なかなか成仏できないようです。

 

・死んだら終わりと考える人

肉体から魂が抜けて本来の姿になることをわからない場合は確実にさまよいます。

 

・後悔が残る生き方をしてきた人

前項で書きましたので説明は飛ばします。

 

・モノやお金に執着している人

肉体から抜けて魂だけになると物質的なものはすべて離れてしまうので、強い欲を持っていると気になって成仏できません。

 

・憎しみや恨みの念を持っている人

こちらも前項で説明したので飛ばします。

 

・気になる存在(親族・子ども・異性・友人)がいてる人

前項で説明しましたが、かなり多い確率で成仏せずにいています。

 

 

まとめ

 

 

今回は孤独死した場合のことについて説明しましたが、基本的には普通の人の死とあまり変わらないのですが、孤独死特有の境遇や想念があるので書くことにしました。

 

孤独を好んで死んでしまう人や、本人の気持ちや意思に反して1人になってしまい突然死んでしまう孤独死があるので、死後は魂だけに戻った時には迷わずに成仏されることを願います。

 

このことには直接関係ないのですが、ひとり住まいの人に多いのが「セルフネグレスト」いわゆる自己放任といわれる人が多く見受けられます。

 

たしかに1人で住んでいると色々なことが面倒になってくるのはわかるのですが、それによる生活意欲の低下・医療機関を受診しなくなる・食事の偏食・大量の飲酒などによって死期を早める人が多すぎます。

 

迷わず成仏して欲しいと願っていますが、いま生きている間もあきらめず身体を大切に現世の貴重な時間をお過ごしください。

 

 

では、この辺で終わります。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのバナーをクリックしてくださると、管理者の励みになります。


にほんブログ村


スピリチュアルランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください