子供関連

子供の死|死後の苦しみや痛みについて

大切な愛する子供という予想もしない旅立ちをしてしまったときに、病気や事故による苦しみや痛み死後も続くのか否かについて説明させていただきます。

 

はじめに

当ブログのお問い合わせ(閉鎖)やコメントにも比較的多い質問でしたので、単独で記事にさせていただきます。

スピリチュアルに興味のある人はご存知だと思いますが、お子様が死という旅立ちをしてしまっても私たちの本来の姿である魂(霊体)は存続します。

死後も意識もあり性格の基本的な部分は生前のままを維持します。

この意識が継続するために苦しみや痛みがあるのではないかという心配になると思いますので、これらについて下記で説明していきます。

 

死後の苦しみと痛みは肉体からのもの

死後の苦しみや痛みといったものは大人の死にも該当するところがありますが、大人と子供では少し異なる部分もありますので子供に限定して記します。

少し触れますが大人の場合は未練や執着に加えて疑心というものを持ち合わせる事が多いので、せっかく苦しみや痛みから解放されても現実を早期に受け入れることが出来ないといったことがあるようです。

 

早速ですが、答えの方から出していこうと思います。

 

子供が病気や事故で死を遂げたとしましても、死後の苦しみや痛みは消えてなくなります。

 

なぜならば、これらは肉体があるために伴うものだからです。

私たちが頭やお腹が痛いというのも肉体があるからであり、死にそうに苦しいようなことも同様で脳が指令を出すのです。

その肉体がないということになると、意識がメインになり魂(霊体)になって身体を持ち合わせていても、生前のように肉体から指令がこないので問題がないわけです。

死ぬ寸前まで苦しんだり痛がったりしていたのが、旅立ちと同時にウソのように解放されていくことになります。

お医者様が「もう意識がないので痛みや苦しみはありません」といったことを仰られるように生前の意識は肉体(脳)からのものであって、旅立ってから意識は戻っても肉体から解き放たれているために大丈夫なのです。

こういったことから、旅立った後は地上での肉体から霊的な世界の身体に移行していきます。

 

生前と死後の意識的なもの

前項でも子供の意識と大人の意識の違いについて触れましたが、お子様の意識が早い段階で苦しみや痛みから解放されるということを説明いたします。

 

どんな子供でも素直さや純粋な心というものを持ち合わせているので、死後の世界での順応性の早さといったことが苦しみや痛みが消えたことに気付きやすいということがあります。

幼くして旅立つ魂のなかには、本来霊格が高かったり生まれてくる意味があることが多いので、その使命からも死後の世界で生前(霊として)の自分の意識を取り戻すことが驚くほど早いと感じます。

私がこれまで接してきた魂(霊)というものも、何らかの要因があって亡くなられ関わった霊のなかには淡々と自分の死因(亡くなった原因)を話すことがありましたが、苦しみや痛みがないことは接していても感じ取られたというものでした。

逆にいえば痛みや苦しみがあるものは、それらに苛まれて姿を現すことは出来ないでしょう。

これまで問い合わせなどで病気や事故で亡くなられた子供の霊が来てくれたときも痛がったり苦しんでいるといったことはなく、逆に親のことを案じているといったことの方が多かったものです。

どれぐらいの期間で痛みや苦しみから解放されるのかということですが、ほぼ旅立ちと同時にといっても過言ではないと思います。

 

さいごに

多くの親が旅立ってしまった子供を案じて、痛みがないか苦しんでいないかということを心配されるものですから、簡単ではありますが説明させて頂くことにしました。

病気や事故などによって痛みや苦しむ期間が長い子供もいますが、旅立つことによって元気を取り戻すので、安心して供養をしてあげて欲しいと願います。

 

それでは、この辺で終わります。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。<(_ _)>

こちらのバナーをクリックしてくださると、管理者の励みになります。


にほんブログ村


スピリチュアルランキング

POSTED COMMENT

  1. イトケン より:

    しおママ 様

    はじめまして。
    コメントを頂いていたのに、スパム判定に振り分けられていたようで気付くことができず返信が遅くなり申し訳ありません。
    相当の時間が経過してしまったので見て頂けるかわかりませんが返答させて頂きます。

    ≫≫臨終期には痛みや息苦しさに苦しみ、薬で昏睡の状態でした。唸っていたので痰など呼吸が苦しいのかと思い処置をお願いしたのですが、その処置がきっかけとなりすぐに旅立ちました。私が余計なことをして苦しめたのではないかと、いまだにフラッシュバックして後悔しています。

    ➡親としては一日でも長く生きて欲しいと願うものですが、臨終期に痛みや息苦しさがあったとのことで果たして延命することが最善だったとは考えにくいです。多くの子供が旅立ったあとに事故や病気などの痛みや苦しみから解放されて元気を取り戻しているのが現実なので、残されたものの心情からすると難しいですね。それに苦しいと思い処置をお願いするというのも親として当然のことではありませんか?まして医療関係者が処置をしてくれたのなら行為そのものも間違いではなかったということです。

    ≫≫夢に出てくるときはだいたい笑顔ですが時には怒ったり泣いているので何か言いたいのか心配していました。

    ➡ママは悪くなかったと伝えたいようです。普段笑顔が見られることから痛みや苦しみから解放されている証拠でもあります。とても心優しいお子様ですね。

    ≫≫天国では楽しく幸せに過ごしていることを願うばかりです。

    ➡息子様は甘えたさんではなかったですか?何となく感じました。ご心配されなくても、もう多くのお友達がいるようです。

  2. しおママ より:

    はじめまして。
    1年半前に10歳の息子をがんで亡くしました。
    臨終期には痛みや息苦しさに苦しみ、薬で昏睡の状態でした。唸っていたので痰など呼吸が苦しいのかと思い処置をお願いしたのですが、その処置がきっかけとなりすぐに旅立ちました。
    何か言いたいことがあって唸っていたのか、私が余計なことをして苦しめたのではないかと、いまだにフラッシュバックして後悔しています。
    イトケンさんの記事により痛み苦しみはないのだと、少し安心しました。
    夢に出てくるときはだいたい笑顔ですが時には怒ったり泣いているので何か言いたいのか心配していました。
    天国では楽しく幸せに過ごしていることを願うばかりです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください