Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/itoken5/itoken5.com/public_html/wp-content/plugins/search-console/includes/Api.php on line 59

Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/itoken5/itoken5.com/public_html/wp-content/plugins/search-console/includes/Api.php on line 60

Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/itoken5/itoken5.com/public_html/wp-content/plugins/search-console/includes/Api.php on line 61
子供が自殺して原因が分からない理由|イトケンのスピリチュアルブログ
Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/itoken5/itoken5.com/public_html/wp-content/plugins/search-console/search-console.php on line 220
子供関連

子供が自殺して原因が分からない理由

親として子供の変化に気付くことが出来なかったなかで、なぜ自殺してしまったのか原因が分からないといった相談を受けたりすることがありますので、少しでも参考になればと思い記事にすることにしました。子供の自殺について、何らかの理由が隠されていることの方が普通であることを説明していきます。

 

はじめに

子供の自殺の原因が分からないものについて、一般的に親に心配をかけたくない悟られたくないといった理由から、普段と変わりない生活を演じているといったことがよくあります。

親が思う以上に子供というのは、子供なりに精一杯の気遣いをしていることや親が思う以上に親子関係が良好でないといった場合は孤立してしまって、悟られないように最期を迎えるケースがあります。

よく子供が亡くなった動機も分からないことで苦しみ、死まで考える親がいることも事実ですが、子供が窮地に追いやられて死という選択をしながらも、親には心配をかけたくなかったり悟られない気持ちを無駄にしてはいけないことをご理解ください。

幼い命や若い命が親や周りに相談できるならばしていること、相談できなかったことも子供なりの理由が隠されているのです。

 

原因が分からない突発的な自殺について

すべてとは言い難い面をもちますが、突発的に自殺をしたようにみえて動機があることの方が多いものです。

稀に子供が霊媒体質だったために、気が付いたときには自分の死んだ姿を見ていたということも無きにしも非ずです。

この霊媒体質の場合は、霊に憑かれやすい体質のために突発的に動機や原因がないことが存在することがあります。

しかし、その一部の例外を除いて突発であって突発でない自殺が一般的です。

よくあるのが日常的に軽い程度のイジメがあり、本人もそれほどでもないと思っていたのに学校や外出時に突如としてトドメを刺されるようなイジメを受け自殺してしまうといったケースがみられます。

そのほかにも、何らかの事情で犯罪行為に巻き込まれてというケースもあります。

いずれにしましても、日常的に何らかの圧力や負担を感じながら、引き金になる出来事により死を選択してしまうというようなケースが多く見受けられます。

なので突発的と思っても、そうでないケースが非常に多いものです。

 

自殺の動機が家族や親族が絡むもの

わりとよくあるのが、父親や母親の言動や虐待(性的含む)など親子関係による自殺というものもあります。

親として子供が憎い訳ではなかったのに、厳しい叱責を受けてショックから生きる気力を失くしてしまうケース。

それ以外にも、シングルマザーの母親の彼氏から性的な虐待を受けて誰にも言えずに自殺や家出をしてしまう子供も存在します。

子供からしますと、どんな親であっても子供には唯一無二の存在であり、一番近しい人間に嫌われたくないとか、夫婦関係を壊したくない家族をバラバラにしたくない一心で打ち明けれずに命を絶つことさえあるのです。

そのほかにも、後述する純粋な気持ちからの自殺というものもあります。

 

イジメによる自殺は分かりにくいもの

いまの社会問題になっているイジメというものが子供の自殺に大きく影響しています。

子供の異変に気付いてあげたり守ってあげれるのは親しかありませんので、学校がどうのとか進学が大事とかではなく、親しか子供を守れない自覚が必要になってきます。

いまの子供が学校で学ぶのは勉強だけであって、モラルや心を育てるといった人間として生きていくための術を教えるところではなくなりました。

そのうえ教師になる人も子供のために熱心な心を持つよりも、安定や生活のため教師になる人が増え、子供に関心がなく人格も褒めれる人は少なくなったようです。

ですから学校の指示に従うことも疑問が出る部分も多くあるので、勉強だけなら違う方向も視野に入れて子供を一番に守る姿勢というものが必要となってきました。

その気持ちを持って接していれば、子供にも伝わるものがあると思うので、とにかく現代においては子供は親にしか守れないと最重要なこととして認識すべきです。

 

しかしイジメが原因で既に子供が他界してしまっている場合には、子供は亡くなっていても親子関係は継続していることを忘れることなく、供養なども然り今まで通り接していって子供の心を癒してあげて下さい。

 

子供は純粋な想いから自殺することもある

子供自身の出来が悪かったり家族の中で自分の存在が迷惑と感じて自殺してしまうケースということも存在し、意外とこのケースも少なくないのが現実です。

その場合に子供の霊は泣いていることの方が多いので、とにかく存在を認めてあげて欲しいと願うばかりです。

迷惑でも出来が悪くても、自分(親)にとってはかけがえのない大切な子供だと今も将来も愛していることを心から伝えていって欲しいものです。

どのように子供愛して良いかですが、子供を物質的なことで甘やかすのではなく、言葉だけに限らず出来る限り子供が嫌がるまではスキンシップを持つようにしてあげて下さい。

 

さいごに

今回はスピリチュアルなことは少ないかもしれませんが、自殺した子供の親御様からご相談を受けているなかで私のもとに自殺した子供が来たときに、とても素直で良い子供が多いことが残念でなりません。

ひとりでも多くの子供が心救われる増える願いと、自殺で離ればなれになってしまった親の想いに僅かにより添えれればと記事にしました。

いま生きている子供を守り、亡くなってしまった子供も変わらず自分の子供であると親として苦しみを乗り越えている背中を見せていってあげて欲しいものです。

 

では、この辺で終わります。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。<(_ _)>

こちらのバナーをクリックしてくださると、管理者の励みになります。


にほんブログ村


スピリチュアルランキング

POSTED COMMENT

  1. イトケン より:

    sae 様

    ご報告とお気遣い頂きまして、ありがとうございます。

    本当に良かったですね。

    甥御様のことを大切に想うお気持が存在を身近にさせていますので、決して気のせいではありません。

    彼もとても喜んでいる様子です。

    こちらこそ、ありがとうございます。

  2. sae より:

    イトケン様

    いつも温かいコメントありがとうございます。
    今日お墓参りに行って参りました。墓石に彫られた甥の名前を見た途端に涙が溢れてしまいました。
    一緒にお菓子を食べてお茶を飲んでゆっくり話をしてきました。以前は持てなかった時間です。「また来るね、バイバイ」と言って一度帰りかけた後、ふと「今日はおばちゃんちにおいで、一緒に帰ろう」と言いに戻っていました。ほとんど無意識でした。

    帰宅してから母(甥にとっては祖母)にお墓参りの報告をしたら、なんと母は昨日甥の夢を見たと言っていました。
    私も実は今日ではなく明日かもしくは今週中のどこかで行こうと考えていましたのに、準備のため霊園へ問い合わせの電話をかけた途端に何としても今日のうちに行きたくなり、急いで準備をして参りました。
    お盆には弟に会いにきてくれ、昨日は母のところにも。もちろん母には弟の話も私がお墓参りにいくことも知らせてはいませんでした。
    最近なんだか甥を近くに感じることができていたのですが、気のせいばかりではないかも知れないと少し嬉しくなりました。

    本当に私事で恐縮ですが、なんだかイトケン様に聞いていただきたくなり、コメントしてしまいました。お忙しいと存じますので、どうぞご返信の心配はなさらないでくださいね。
    いつもありがとうございます。

  3. イトケン より:

    sae 様

    ご返信ありがとうございます。

    先に頂きました誤字訂正のコメントは削除させていただきました。

    >>甥はある職業とわかる様子で出てきてくれたそうです。まだ職業を持つ以前に旅立ってしまったので、もちろん実際とは違うのですが、もしかしたらあり得るかもしれないと思う職業でした。

    ➡ご想像の通りです。

    >>弟とその家族は家族の形を大きく変えました。そして、私たち親族も以前は予想もしていなかったように物事が運んでいると感じることがあります。
    良いか悪いかについてはまだ解りませんが、中にはこれはもしかしたらご先祖様の導きかも、とふと思うこともあります。

    ➡如何なる形であれ人の死は遺されたものが考えさせられ、仰られますように気付きにならないといけない要素を含んでいます。

    >>本当は、心の中ではあんなに可愛いといつも思って気になっていたのに‥可愛がってあげられなくてごめんね。近いうちにお墓に参ることを甥に伝えました。
    ➡sae様のお気持ちは伝わっているので、お墓参りで甥御様と会ってきて下さいね。彼は必ず待っておられますので。。。

  4. sae より:

    イトケンさま  

    ※ 意味不明のコメントですみません。送信したつもりの本文が送られていなくて、直後の訂正文だけ送信になったようです。
    以下に本文を送ります。誤字は訂正しました。

    お返事ありがとうございました。
    やはり、会いに来てくれたと思って良いのですね。何も言わないこともよくあることなのですね。なんだか安心しました。
    甥はある職業とわかる様子で出てきてくれたそうです。まだ職業を持つ以前に旅立ってしまったので、もちろん実際とは違うのですが、もしかしたらあり得るかもしれないと思う職業でした。
    それを聞いて私はきっと甥はあちらで一生懸命頑張っているのだ、と涙が止まりませんでした。

    甥が若い命を自ら閉じて旅立ってから間もなく3年が経とうとしています。
    弟とその家族は家族の形を大きく変えました。そして、私たち親族も以前は予想もしていなかったように物事が運んでいると感じることがあります。
    良いか悪いかについてはまだ解りませんが、中にはこれはもしかしたらご先祖様の導きかも、とふと思うこともあります。
    いずれ私もこの世を旅立ったらその時は甥に会いたい、そしてただの私の考えすぎや思い過ごしだったかもしれない遠慮から、この世ではあまり親しく出来なかった甥を強く抱きしめたい、と思っています。
    本当は、心の中ではあんなに可愛いといつも思って気になっていたのに‥可愛がってあげられなくてごめんね。
    近いうちにお墓に参ることを甥に伝えました。

  5. イトケン より:

    sae 様

    コメント頂きまして、ありがとうございます。

    >>お盆だからでしょうか、今朝弟から「久しぶりに息子に会った、以前は抱きしめてあげる事もなかったからきつく抱きしめてあげた。息子は何も言わなかった」という内容のメッセージをもらいました。私は会いにきてくれたのだ、と思いました。

    ➡何よりも良かったですね。このご報告は、こちらまで嬉しくなります。
    sae様の仰られますように会いに来てくれたようです。何も言わなかったということも、よくあることです。

    >>甥に届くよう願いながら愛と感謝の思いを送り続けようと日々過ごしております。きっと弟も同じ気持ちで息子を想いながら毎日を生きているのだと思います。

    ➡sae様や弟様の思いが届いていて甥御様の励みになっています。如何なる儀式的な供養よりも最善の供養なので、いつまでも続けてあげて下さいね。

    >>甥が少しでも平安でありますよう、そしてまだ何か苦しみと闘っているなら早く平安が訪れますよう、と祈ります。

    ➡そうしてあげて下さい。すべての思いが届いていますし、愛に溢れる想いは時間がかかっても必ず平穏に結んでいくものです。

    sae様も暑い日が続きますが、お身体大切にお過ごし下さい。
    こちらこそ、ご連絡ありがとうございます。

  6. sae より:

    過去記事ですが、イトケン様に再びお話をしたくなりこちらにコメントさせていただきます。
    以前、甥の事についてお話を聞いていただきとても励まされた者です。

    お盆だからでしょうか、今朝弟から「久しぶりに息子に会った、以前は抱きしめてあげる事もなかったからきつく抱きしめてあげた。息子は何も言わなかった」という内容のメッセージをもらいました。
    私は会いにきてくれたのだ、と思いました。
    弟も、息子を亡くしてから本当に色々ありました。きっとそんな父親を心配して会いにきてくれたのかな、と思っています。

    イトケン様に教えていただいたように、甥に届くよう願いながら愛と感謝の思いを送り続けようと日々過ごしております。きっと弟も同じ気持ちで息子を想いながら毎日を生きているのだと思います。

    甥が少しでも平安でありますよう、そしてまだ何か苦しみと闘っているなら早く平安が訪れますよう、と祈ります。

    暑さ厳しい毎日ですが、イトケン様のご健康とご活躍を心からお祈り申し上げます。
    いつもありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください