死後の世界

死んだら暗闇を彷徨うとは‥

よく自殺したら暗闇を彷徨うとか、死んだすぐあとは暗闇だと言いますが、本当のところはどうなのか?この暗闇が実際どういうものか、このあたりは体験者もおられると思いますが知らない人にとっては未知の世界ですので説明したいと思います。

 

暗闇を彷徨う人はどんな人?

 

なんとなく世間では、自殺すれば長いあいだ暗闇を彷徨うというようなことを言われますが、これはまったくの間違いですとハッキリ断言できます。

 

これは私が実際に体験してきた自殺霊とのやりとりがあったからこそ言えることです。

 

では、暗闇を彷徨う人とはどんな人か説明したいと思います。

 

これは病気や事故などで死の淵を彷徨う段階で起きることで、まだ死が確定してないような状態の人でたちのことです。

 

私の彼女も悪霊に連れて行かれた時にも同じ現象が起きました。その悪霊たちは死神様の存在はあるのだと言っていましたが、本当なのか信じがたいというのが本音です。彼女の場合は病気や事故ではなく寝ている時に悪霊に連れて行かれたのですがね。

 

まあ、このような感じの状態の人が暗闇を彷徨う形になります。

 

 

暗闇を彷徨う時は、どんな状態なのか?

 

 

このときは、人間の肉体から魂が離れてしまっている状態ですので痛みや苦しみもない状態になります。

 

ただし本当の真っ暗闇で何も見えないので右も左もわからず浮いた感じでいてるようです。

 

多分ですが、暗すぎて本当に怖く感じるかもしれないですね。このときは当然のように音も全く聞こえないような状態になります。

 

暑さも寒さも感じなくなります。

 

いわゆる肉体から離れているので、魂というか霊に近い状態になりますが霊になってしまうと真っ暗闇は解消されます。

 

 

暗闇から戻ってこれるのか?

 

 

このような体験をされている人もいるぐらい戻ってくることが多いです。

 

大体は、見えない暗闇から誰かの声を聞きその方向に向かうと帰って来れたような感じだと思いますが、色々なケースがあります。

 

私の彼女の場合は、ケースが悪霊だったので連れて行かれてから心の声で名前を叫んでいたら聞こえたようで声の方向に向かったら帰れたと言っていました。

 

 

さいごに

 

 

このように死後の暗闇は存在していて、死の淵であるということです。

 

死ねば幽霊、生きて帰れば人間の生活ができる状態のときでした。

 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました<(_ _)>

こちらのバナーをクリックしてくださると、管理者の励みになります。


にほんブログ村


スピリチュアルランキング

POSTED COMMENT

  1. イトケン より:

    kokoko 様

    天使がチーズが好きか否かは私にも皆目見当が付きません。経験上から申しますと、神仏や守護霊様のように高級霊といわれる存在は動物性のものは基本的に望まれないと感じます。。。

    天使や悪魔の類を信じて生きていくことも良いと思います。見えない世界の存在がわからなくても、人間の能力の限界というものが完璧ではないため五感で感じる範囲が全てではないという認識を持つことは想像以上に大切なことです。

  2. イトケン より:

    kokoko 様

    コメントありがとうございます。

    お考えですが、おかしくないですよ。

    悪魔や天使というような呼称が適切か否かは分かりませんが、私も悪魔のこと(?)は魔という呼称で関わったりします。関わるといいましても何らかの影響を受けることが多く、気が付いた時には魔に邪魔されたり意識を流されているような感じでしょうか。。。

    ご存知かわかりませんが、「常随魔=じょうずいま」と呼ばれるものが人々のスキを狙って付き纏い悪い流れにもっていくようなことがあります。一番多いのは精神力が弱ったりストレスが溜まったりしますと影響が出やすいものです。

  3. kokoko より:

    ちなみに、その占い師の人は天使について話をしてくれて、「天使はチーズが好きなんだよ」と言っていました。
    本当かはしりませんが・・
    でも、天使と悪魔って本当に要るんだなあと思いました。

  4. kokoko より:

    ありがとうございます。
    精神病棟にいるときに占い師の人がいて、私に「黒い羽根の天使がついている、そんでイケメンで、スーツ着てる」と言っていました。私が夢で見たコナンの安室さんに似てる外国人の服装とぴったり同じだったので驚きました。
    あと、私が精神病棟に入ったら、なぜかそのコナンの安室さんに似てる外国人が精神病患者の夢に出てきて、考え方の指導をしてくれたと話を聞いたり、私と関わったら元気になるという話がよく出ていました。不思議です
    また、精神病や病気自体に性格があり、それらは苦手な人の性格のタイプであることがわかりました。って、これいったら精神病の妄想って言われるかも
    ただ、精神病で「悪魔」という存在を見たりしました。私たちが思っているような体のサイズではなく、すごくでかかったです。
    精神病とか病気って悪魔が関係してるとよく聞きましたが
    本当なんだなって 思いました。
    で、生きてられたり、健康でいられるのは守護霊や天使の力で生きているだなと思いました
    私の感じたことはおかしいですか?

  5. イトケン より:

    病気の症状からの回復なさられるときに経験されたことは、病気の症状ではなく現実的なものといえます。夢のなかに外人男性が出てくることも過去世のなかで必ず日本人であったとは限りませんから頷けると感じました。

    >>精神病になったとき元気になるように働きかけるのは守護霊だったり、天使だったりしますか?

    ➡精神病にも先天的だったり様々なケースがありますが、仰られますように元気になるように働きかけてくれる存在は守護霊であったり天使だったりします。その人の症状にもよるので一概にはいえませんが、意識を変えてくれたり霊的なものを排除して治ったり時期やタイミングというものも関係しています。

  6. kokoko より:

    この経験は私もしたことがあります。統合失調症で意識が混濁してるときに不思議な夢を見させられて、廃人寸前までいきました。でも、その時に夢の中でコナンの安室さんににている外人男性が声をかけや指導で、精神病から回復したのですが、私は守護霊を見たり、前世を見たりする力がないので何とも言えません
    病気の症状とまでいいきったらそれまでですが・・・
    精神病になったとき元気になるように働きかけるのは守護霊だったり、天使だったりしますか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください