『コメント』する前に必ずお読み下さい

『コメント』する前にお読み下さい

                     (2022,9,28更新)

 

当ブログにお越し頂きまして、ありがとうございます。

 

コメントは、すべての記事の下段に設置しております。

当サイトにおいては、利他愛を主体に運営していますので、金品の請求・グッズ販売・宗教などの勧誘・霊的鑑定の誘導など一切ありませんのでご安心ください。

 

諸事情により『お問い合わせ』は3年余りをもって閉鎖させていただきましたが、少しでも人の役に立てればと思い『コメント』は継続させて頂くことにしました。

 

しかし、せっかく『コメント』を頂いても返答しかねる案件もあるため、事前に規約を設けさせて頂くことが適切であろうと判断致しましたので、お手数ですが一読お願い致します。

 

コメントをいただく前に当ブログのトップページ右上に検索窓(紫色の🔍マークで、まず質問したいことや疑問について検索を試してみて該当するものがなければコメントを投稿して下さい。

 

わかりにくいですが、トップ画面右上に🔍マークがあります。

 

『コメント』を投稿いただく前に、下記の規約を必ずお読み下さい。

⑴、当ブログのコメント欄は、悩みや相談などについて対応しておりワード検索のような質問にはお答え致しません。

 

⑵、霊視鑑定に関連することは一切お断りします。

 

⑶、他の霊能者や関連するブログなどで相談したことがある人のコメントはご遠慮下さい。

 

⑷、『コメント』のやり取り中であっても、不適切(規約に該当含む)と判断した場合は返答を中止及び(該当コメント全て)削除することがあります。

 

⑸、コメントの内容は不特定多数の人が閲覧できるため、投稿者名はペンネームで、投稿内容の一部を公にしたくない場合は、事前にコメントでお伝え頂ければ一部を削除して公開することも可能です。

 

⑹、返信は出来る限り真摯な対応を心掛けているため、最低限のマナーや礼節に欠ける人の対応は致しません。(既存の人も同様です)

 

⑺、コメントに対する返信の順番がコメントの内容などによって前後することがありますことご理解下さい。

 

⑻、コメント返答の可否については、当方にて判断のうえ基本48時間以内に対応させて頂くことをご了承下さい。

 

コメントに対する返信にも相応の時間を要しますので、辛苦をかかえている人や真剣に悩まれている人のために時間を使わさせて頂きたいと思っていますので、ご理解のほどよろしくお願い致します。<(_ _)>

(記事への感想や過去に相談いただいた人の連絡などは歓迎です。)

こちらのバナーをクリックしてくださると、管理者の励みになります。


にほんブログ村


スピリチュアルランキング

POSTED COMMENT

  1. イトケン より:

    kokoko 様

    こんばんは。お久しぶりです。

    ご質問の重症化する前に通院させるように仕向けたのは、気配からしましても守護霊様が働きかけてくれているようです。仰られますように寿命であれば死ということも当然なものですし、たとえガンであっても難病であっても寿命でなければ生きることになります。

  2. kokoko より:

    こんにちは、以前お世話になりました。
    今現在肝臓血管腫瘍と胆のうポリープができていて、通院するものです
    精神疾患にもかかってるし、大変ですが・・
    家族が、私のその病気をみて、「がん」だと大騒ぎしています
    まあ、寿命であれば、がんで死ぬということであると思うのですが・・・
    でも、重症化するまえに通院させるように仕向けたのは守護霊の力でしょうか?

  3. イトケン より:

    れい 様

    こんにちは。
    ご返信ありがとうございます。

    エレベーターの件ですが、れい様が心改めていくなかで強く違和感があるような出来事があればご連絡して下さい。

    ※下記にて、一部ご質問に対してお答えしますが、相談に関係のない質問は大変困りますので自分で調べるようにして下さい。(打ち切り案件です)

    ≫≫人は修行のためにこの世に生まれてくるとありますが、そもそも生を与えてるのって誰なのでしょうか?

    ➡生を与えるのは誰でもなく、自らが志願することがほとんどです。すべての人が天命を全うしたとき真の現実を知ることになり、もう一度やり直したいと願うようになるために生まれてきます。

    ≫≫前世などの因縁を今世でも引き継ぐから、最初から境遇に恵まれないものや恵まれたものが生まれてくるのなら、そもそもの因果を背負う原点は、神様がつくられて私たちが存在してるのですか?

    ➡いえ違います。私たちが人間として肉体に魂が宿ったときに煩悩や欲望といったことから因果を作ってしまうことが多く、そのときには霊の世界での記憶がないので肉体に付随する本能のままに生きるから問題が起きるわけです。神様は創造主であって魂が神様に近づくためには様々な経験や境遇を通して真の愛を身につける必要があり、どちらか片方だけで反対側を知らないといったことを作られていないのです。つまり、すべてのものは表裏一体であり原因があるから結果が伴うというのでしょうか。。。説明が下手なので分かりにくいですが長くなるので割愛させていただきます。

    ≫≫神社、宗教、神様、たくさんおられますが、そのもっと上の神様がおられるのでしょうか。

    ➡当然です。創造主は唯一無二の存在であり、神様や仏様といったものは高級霊の部類に属します。

    ≫≫思念とは、魂はどこから生まれてくるのでしょうか。

    ➡思念とは、もともと持ち合わせているものであり、魂については長くなるので端的にいうと多くは宇宙全体が出来たときから存在していると推測します。

    ≫≫動物は動物にしか生まれ変わらないのも不思議です。人は、動物や植物や虫には生まれ変わらないのでしょうか?

    ➡動物は、知性がないのでその通りです。

    ≫≫きっと彼の自殺は私とのケンカが最後の原因なので、隣に私との写真はもう飾らない方がいいですか?

    ➡位牌の代わりのものを作るならば、違う場所に飾ればよいです。

    ≫≫恐らく彼は私のことを思ってるようだと書いてくださいましたが、本当に私、その様に思っていていいのでしょうか、恨まれてしまっているのではないでしょうか…。

    ➡間違いありません。彼が恨んでいることはありませんが、彼はなんらかのものに恨まれているようです。

    ≫≫私がいなければ何もかもうまくいっていたのかもしれません。今更何を考えてもしかたないですが、亡くなった原因を追求して和らげてあげるというのは、どうしても考えても私の立場ではできないことの様に思います。辛いです。

    ➡当然貴女にも責任はありますが、すべてではありません。貴女が居なくても彼は相応の因果の代償は受けていました。供養をしてあげることと、何か恨まるような心当たりがあるなら思念で謝罪することです。

    ≫≫お祈りはどのようにするのが供養になりますでしょうか。感謝と共に傷つけてごめんなさい、大事にできなくてごめんなさいと伝えるのはやめた方が良いでしょうか。
    私の場合感謝でさえも身勝手な思いになってしまいますが、それでもいいでしょうか。

    ➡お祈り=心の供養の解釈でよいです。謝罪するよりも彼が前を向けるようにプラス言葉を考えて下さい。彼は肉体がないだけで間違いなく魂は存在するので、生前の延長と照らし合わせて考えていくほうがよいかと思います。

    ≫≫どうやって供養すればいいのか全くわからないので教えていただきたいのですが、線香は3本の方がいいのはなぜなのでしょうか。ロウソクもあった方がいいのでしょうか?必ず御数珠は付けて祈った方がいいでしょうか?

    ➡お線香については宗派によっても違いはありますが、3本立てるのは三宝(仏・法・僧)といって真言宗方式で過去・現在・未来の供養という意味合いをもちます。故人に対して1本でも構いませんが、仏様にお導きをいただくためにも3本と伝えています。当然、ロウソクもあった方がよいですが今は燈明みたいなLEDを使ったものでも大丈夫です。朝と晩に供養として般若心経を唱えることがよいです。故人なので数珠はなくても問題はありません。

    ≫≫もうすぐお盆ですが、いつもと違う特別なことをした方がいいですか?よくある乗り物などを用意した方がいいのでしょうか?

    ➡すべては、してあげたいという気持ちが優先しますので儀式や迷信にこだわる必要はありません。

    ≫≫あと、宗教が違えばこの供養の仕方も変わるのでしょうか。彼は生前うちは、浄土真宗と言ってた気がするのですが。。

    ➡宗教宗派にこだわる必要は一切ないです。

    ≫≫自殺の場合は阿弥陀如来様以外の仏様を探すとありましたが、何となくで決めさせていただいてもいいものでしょうか。般若心経は、唱えた方が良いですか?

    ➡感覚的には地蔵菩薩様が適切と感じます。般若心経は唱えて下さい。

    ≫≫彼が自殺してたくさん彷徨いましたが、他に信じられた人は一人もいません。でも全く見えない世界で時々不安になります。

    ➡ずっと見捨てないので安心して下さい。

    ≫≫死んでから、愛し合うことができる。なんとなく、そんなふうに感じ始めてます。

    ➡その通りです。人間の生きて百年よりも見えない世界の数百年数千年を考えれば良いです。間違いのない現実ですから。。。

    そのための挽回と努力を欠かさずに過ごし、どうしても詰まったらコメントしにきて下さいね。

  4. れい より:

    イトケン様、おはようございます
    朝から失礼いたします。
    電話の最中に自殺した彼のことで相談していた、れいです。
    イトケン様の愛のあるコメントに心が響き、なるべく前向きに考えられる様努力しています。
    ありがとうございます。

    一昨日に、久しぶりにエレベーターが一瞬止まりました。
    でも、こんなに何度もエレベーターが止まるのは、エレベーターの入れ替え工事をしてからなのでなにか工事の不具合かなとも思うのですが、
    異性問題で心当たりはありますか?とのことですが、心当たりはあると思います。
    相談するあてもなく、その問いからも今は因果のせいだと身に染みていますので、どうかこれを最後に見放さないでいただきたいです
    お祓いなどを考えるのはやめました。
    受ける罰をこれからも起こるのであれば素直に受け入れます。
    因果応報、抗わずに従います。
    誰にも救えることではないと感じました。

    話は変わってしまいますが、たくさん考えて疑問がつきないのでお聞きしたいです。
    人は修行のためにこの世に生まれてくるとありますが、そもそも生を与えてるのって誰なのでしょうか
    前世などの因縁を今世でも引き継ぐから、最初から境遇に恵まれないものや恵まれたものが生まれてくるのなら、そもそもの因果を背負う原点は、神様がつくられて私たちが存在してるのですか?
    神社、宗教、神様、たくさんおられますが、そのもっと上の神様がおられるのでしょうか。
    思念とは、魂はどこから生まれてくるのでしょうか。
    誰しも答えられるわけじゃないような問いだと思うのですが、もし知ってらっしゃれば、教えていただきたいです。
    人口に増減があるのもなぜでしょうか。
    動物は動物にしか生まれ変わらないのも不思議です。
    人は、動物や植物や虫には生まれ変わらないのでしょうか?
    仏様、神様とおられますが、日本以外だと宗教によって神様が変わりますか?
    外国だと、外国の霊がいて、日本だと日本の霊がいるといった感じなのでしょうか。

    自殺した後の記述で、死んだ最初の方はお腹が空いたりするけど、しばらくするとお腹が空かなくなると言うのは、時間ごとに死が本格的になるということでしょうか。
    お供えは、においで楽しむとありましたが、嗅覚はそのまま死んでも残るのでしょうか?
    死後の性欲、性行為してくる霊もいると言うのも不思議です
    生殖活動のように思うのですが、五感がなくなるのであればなぜそのような霊がいるのでしょうか?

    夢に出てくるのは会っていると考えて良いとありましたが、生きてる人が出てくるのは何でなのでしょうか?
    こんなに彼だけを想っているのに、最近立て続けに、別々の違う男性がでてきたり、その時の私はすっかり彼を忘れているのですがなぜでしょうか
    それは単に夢なのでしょうか
    目を覚ましたときの私の心は、もちろん彼にしかありません。
    寝ても覚めても彼だけを想っているのに、なぜでしょう。。?

    お墓に行けない者の供養の仕方ですが、イトケン様のブログを読ませていただいて、そのまま短冊に字を書いて位脾にしています。
    きっと彼の自殺は私とのケンカが最後の原因なので、隣に私との写真はもう飾らない方がいいですか?

    恐らく彼は私のことを思ってるようだと書いてくださいましたが、本当に私、その様に思っていていいのでしょうか、
    恨まれてしまっているのではないでしょうか…。
    今となってはわからなくなってます。
    彼の気持ちが
    どうして死んでしまったのか
    私のせいで、私に原因があることだけはわかります。
    私がいなければ何もかもうまくいっていたのかもしれません。
    今更何を考えてもしかたないですが、亡くなった原因を追求して和らげてあげるというのは、どうしても考えても私の立場ではできないことの様に思います。
    辛いです。

    お祈りはどのようにするのが供養になりますでしょうか。
    感謝と共に傷つけてごめんなさい、大事にできなくてごめんなさいと伝えるのはやめた方が良いでしょうか。
    私の場合感謝でさえも身勝手な思いになってしまいますが、それでもいいでしょうか。

    うちはずっと無宗教で、どうやって供養すればいいのか全くわからないので教えていただきたいのですが、線香は3本の方がいいのはなぜなのでしょうか。
    ロウソクもあった方がいいのでしょうか?
    必ず御数珠は付けて祈った方がいいでしょうか?
    もうすぐお盆ですが、いつもと違う特別なことをした方がいいですか?よくある乗り物などを用意した方がいいのでしょうか?
    あと、宗教が違えばこの供養の仕方も変わるのでしょうか。
    彼は生前うちは、浄土真宗と言ってた気がするのですが。。
    自殺の場合は阿弥陀如来様以外の仏様を探すとありましたが、何となくで決めさせていただいてもいいものでしょうか。
    般若心経は、唱えた方が良いですか?
    彼のためにできることをしたいです。
    だけれど見えない世界なので、たまにふと不安になってしまいます。
    周りから頭のおかしい者の様な扱いを受けてしまいます。
    私はイトケン様にコメントの返信も何度もいただき、身を削り教えて下さった、愛情にあふれた、立派な方だと思っています。
    信じたいし、今日まで救っていただいた、誰もまともに聞いてくれないことを真摯に受け止めてくださった、私には生きて行く道がイトケン様の言葉にしかありませんでした。
    誰にもわからないと思いますが、この様なことがあって、それでもこれからを生きようと思えたのは、やっとこのブログに出会えたから。
    彼が自殺してたくさん彷徨いましたが、他に信じられた人は一人もいません。
    でも全く見えない世界で時々不安になります。
    人を愛すと言うのは自分より相手を優先することだと。
    それなのにこんなに苦しいのも辛いのも、きっと亡くしてもなお、己を中心に考えてしまうからでしょう。
    人が自分のせいで自ら命を絶っているのに、なんて罪深くて欲深いのか
    会いたいと願うことさえも我がままなのだと思います。
    わかっていてなお、それでも彼のそばにいたいと願う。
    そのうち信念さえも揺らぎ不安になる
    何のためにと考えたら
    やっぱり自分の気持ちを優先してしまっているから
    つらくて、苦しくて、本当に愚かで、欲深くて、大嫌いな自分なのに、それでも心の底で思ってしまいます。
    私は、彼が亡くなってから、いまから本当に彼を愛すということを知っていくのかもしれません。
    死んでから、愛し合うことができる
    なんとなく、そんなふうに感じ始めてます。
    信じて、必ず彼が救われると信じて、その通り生きていく道しか今の私にはありません。

    たくさんの質問、本当にすみません。
    できたらこれを最後にしたいと思っています。
    答えていただけましたら助かります。
    何度も本当にありがとうございます。

  5. イトケン より:

    れい 様

    ご返信ありがとうございます。

    やはり邪霊が関与していることは間違いないようですね。少し失礼なことをお伺いしますが、あなたたちが交際前後で彼か貴女のいずれかに人に恨まれるようなこと、もしくは異性関係や不倫などで問題や心当たりはなかったでしょうか?

    これは彼の亡くなり方や貴女が感じる霊的なこと、ビルに出入りする人たちに何らかの大きな影響が及んでいない様子から何でもお祓いをして良いものとは限らず原因を探ることから始めた方が賢明であるとお答えさせていただきます。お祓いされることは自由ですが、私は生死(人間と霊)問わず生きている人間側に非があれば助言は控えることになります。

    >>守るべきものもたくさんありますので、毎日、笑って、頑張っていますが、本当は彼と同じ方法で彼の死んだ場所で、私も死にたいのです。人生になんのために今こうして頑張っているのか全て自分で選んできた道の結果ですが、誰かのために何かのために、まだこれからも生きていかなくてはならない

    ➡何のために誰のために生きるですか。。。? 
    見えない霊の世界が現実にあり、彼も身体はなくても魂はあり生前の状態を持ち続けているなかで、誰もが幾度も輪廻転生を繰り返すのは意味があるからであって生きていくうえで計り知れない辛苦も己の因果によるものでしかないのです。この因果とは過去世でも覚えていなくても必ず返って来るものであり、今回のことは貴女の暴言というよりも彼の方に原因があった結果とみています。

    >>私の心はずっと離れることはなく、これからもずっと彼といたい。でも、やはり叶わないのですね?死んでも、どんなに辛くても天寿を全うしても私はもう、彼と一緒になれることはないのですか?

    ➡厳しい言い方をしますが、相手のことを愛していれば自分の願望よりも相手が楽になれるように少しでも救えるようにと考えないのでしょうか?あなたの気持ちは理解できますが、愛するということは自分以上に相手が大切であると認識しています。何度も言いますが、叶うか否かは貴女次第です。

    >>内にある悲しみや辛さを感じ取るのに敏感なので、人のためになれるように尽くします。生きてる限りその様に頑張るつもりです。この世界で生きる1人として。でも私は、私の心はこのまま永遠に救われないのでしょうか

    ➡他者を優先して生きることができれば救われるというより必ず報われます。果報はその人の行ないからしか生まれません。

    >>ただひとつだけ、彼のそばにいたい、このひとつだけ叶えていただけないでしょうか

    ➡叶えることの一番近くにいるのは貴女でしかありません。神仏や私たちは補助的な立場でしかありませんので、心が変われば自然と流れも変わっていくものです。
    私が利他愛主義ということを実践してきて思うことは、ここぞという時に淡い想いが叶えられてきました。夢や希望はありませんが、「こうなったらいいな」程度なことが気付けば叶っていたりしているので言えることでもあります。

    >>彼と結ばれないことがとても悲しいです。辛いのは自分だけじゃないし、そう思って堪えてます。気を抜いたら負けてしまいそうです

    ➡霊の世界は無限でもあり天命を全うしたときに結果がみえてくるので、残された自分がやらないといけないことも然り、彼を愛しているのなら狭い視野(人間の世界だけ)で考えるのではなく彼を救わないと始まらないと言っているのです。もし彼が貴女に伝えていないような因縁を含んでいたりする場合であっても、貴女のこれからで幾らでも変えていけるのですよ。おそらく彼の気持ちは貴女のことを思っているようですが、貴女が自らこの世を去ってしまいますと彼の供養も形式的となり再会は想像もつかないほど長い間叶わなくなると思ってよいと感じます。

    厳しいことを書きましたが、辛苦は付き纏いますが願いを叶えるために少しずつでも前を向けるようにしていって下さいね。

  6. れい より:

    ご返信ありがとうございます。
    涙が出てきます。

    その思い当たる節のある良からぬものの気配ですが、私が存在に気付いてることを安易に口にしてしまってから、一瞬でわたしのすぐ顔の前に気配がきて、それが良くないものと感じました。その日からそのビルのエレベーターが私が乗っている時に日を分けて3回止まり、問い合わせても記録には残っていないほど一瞬だったのですが、真っ暗になって閉じ込められました。
    それから随分時間が経って、その場所で彼とケンカしてから、今思えばそこから様子が特におかしかったと思うのです。
    そのビルは今もこれからも毎日行かないといけない私の職場なのですが、お祓いのようなものをしていただいた方が良いでしょうか?
    また、その場合はどんな方にお願いすれば良いでしょうか
    その地にある神社の神主さんになるのでしょうか。

    毎日、本当はとても辛くて
    なるべくみんなに心配かけないように振る舞っています。
    仕事も自分でしていますので、寝込んでばかりもいられません。
    守るべきものもたくさんありますので、毎日、笑って、頑張っていますが
    本当は彼と同じ方法で彼の死んだ場所で、私も死にたいのです。
    人生になんのために今こうして頑張っているのか
    全て自分で選んできた道の結果ですが、
    誰かのために何かのために
    まだこれからも生きていかなくてはならないし
    まだまだ周りよりきっと一歩先を歩き続けなくてはなりません
    生きてることが苦しくて、どんなに人を思いやる時間を過ごしても何事もなく振る舞っていても、辛くて、毎日、彼のことを考えています
    今どうしてるのか
    死んだらどうなるのか
    考えないといけない問題、やらないといけないことは山のようにあるのに
    私が心で思うことはずっと死にたいと
    彼を供養して救えるように、たくさんの守るべき人のために、それでも生きてます
    やるべきことをやっている時に心はありません
    それでもきっとそれなりにやっているように見えてると思います
    でも全然心はついていけず、むなしいのです
    今はブログを読んでいる時や
    彼にお祈りしてる時が一番気が楽な時間です
    私の心はずっと離れることはなく、これからもずっと彼といたい
    でも、やはり叶わないのですね?
    死んでも、どんなに辛くても天寿を全うしても
    私はもう、彼と一緒になれることはないのですか?
    私の存在や行いで人を癒せることはたくさんあるでしょう
    彼が楽になれるなら毎日変わらず何度でも祈り続けます
    内にある悲しみや辛さを感じ取るのに敏感なので、人のためになれるように尽くします。
    生きてる限りその様に頑張るつもりです
    この世界で生きる1人として。
    でも私は
    私の心はこのまま永遠に救われないのでしょうか
    ただひとつだけ
    彼のそばにいたい
    このひとつだけ叶えていただけないでしょうか
    頑張る意味はみんなのため
    生きる意味もみんなのため
    その道の先に彼と一緒になれることはないのでしょうか
    だとしたらなんのために私は生きていかねばならないのでしょうか
    それが自分のためなら、みんなのためが自分のためなら
    自分のためだけに願うなら一つだけダメでしょうか
    どんなに晴れた景色を見ても
    そこに彼はいません
    わたしには美しいものを見ることも今は辛いです
    いないから
    もう見れないから
    わたしの目を通してみれてるの?
    だったらちゃんと見ないといけないよね
    でも泣けてくるんです
    そんなことができる場じゃないのに
    苦しいです
    彼と結ばれないことが
    とても悲しいです。
    辛いのは自分だけじゃないし
    そう思って堪えてます
    気を抜いたら負けてしまいそうです

  7. イトケン より:

    れい 様

    ご返信ありがとうございます。

    >>波長がかなり低い、というのは、彼がかなり苦しんでいるということなのでしょうか。波長というのは、どういうものなのでしょうか。。。

    ➡簡単に言いますと「気」です。さらに分かりやすくだと彼はテンションが極端に低い状態です。

    >>邪なものに背中を押されたかもとのことですが、イトケン様のブログを読ませていただいて、実はそのことを考えていました。一番最後のが全く見ず知らずの気配。あまり良く無い感じのするやつです。それを少し思い出してしまいました。別の日にその気配のした場所で普段とは違うくらいのケンカを彼としたことがあり、心当たりはそれがあるのですが、関係あるでしょうか

    ➡はい。おそらく、れい様が感じたものと同じだと思います。普段に考えられない人を追い詰めるような暴言や行ないというのは、悪意のある邪霊が関係していることが多々あります。

    >>彼は私と出会って色々人生が変わってしまいました。もしかしたら死んでから目が覚めて、私と出会ったこと自体を後悔しているから、私には何も感じれないということなのでしょうか。

    ➡いえ、違います。死んでも生の延長なので簡単には心変わりすることはありません。感じることが出来ないのは波動の低さなど彼の状態が悪いからです。

    >>彼の私への想いがもし見た目や独占欲や性的な感覚の恋であったとすれば、恋心は死ぬと同時に無くなるものでしょうか。物欲、恋心、性欲、食欲、独占欲、これらは亡くなった方にはもう無い感覚なのでしょうか?

    ➡肉体が関係しているもの自体は基本なくなっていきますが、意識の強い感覚だったり未練や執着などは残ります。見た目・独占欲・性的な感覚の恋心だった場合については彼の感覚によるのでハッキリはわかりません。

    >>供養の仕方ですが、声に出さずとも、手を合わせて思うだけでも伝わりますか?

    ➡当然ですとも。。。霊の世界は思念が通ずるもので言葉として伝えにくいから声を出すことはあるかもですが、慣れれば声を出さなくても伝わります。

    >>お墓参りに行くことができないので、今は写真なのですが、これからはブログに書いてあった通りの方法の、短冊や板に名前を書いたものでお祈りしていけばそれだけで届きますでしょうか。

    ➡供養として十分な位牌代わりに成りますのでおススメします。

    >>頑張って、なるべく人のためになれるような心で生きて、彼の供養を祈り続けて、天寿を全うしても、死後に彼のそばにいけることは、難しいでしょうか。

    ➡直向きな供養は自殺した人をも救う行為であり、貴女が経験した戒めを受けとめて思いやりのある生き方をしていけば彼にもその姿は届きますので、結果の如何に関わらず人事を尽くして下さい。それと自分に心の病気があるとか思わず、この世に生まれてきた人に完璧な人はいないので、先々には見た目だけでなく心も魅力のある人間になっていって下さいね。

  8. れい より:

    イトケン様
    私との電話の最中に命を絶ってしまった彼のことでコメントさせていただきました。
    もしかして私とわからないかもしれないのでもう一度投稿します。
    何度もすみません。
    お忙しい中、お返事ありがとうございます。
    とても、心から感謝しています。
    本当にありがとうございます。
    またお時間のある時、いつでもお手隙の際で結構ですので、質問させてください。
    お体に無理のないようにお願い致します。

    波長がかなり低い、というのは、彼がかなり苦しんでいるということなのでしょうか
    波長というのは、どういうものなのでしょうか、
    あまり良くないネガティブな思考と言うことでしょうか。
    それとも発信力が弱いということでしょうか。

    良くある相談と答えていただきましたが、私の彼への仕打ちはひどく、とてもみんなと一緒とは考えられません。
    自業自得だと思っています。
    やはり私も家庭環境が悪く、私には心の病気があると思います。
    でもそんなこと言い訳にはなりません。
    彼は自殺してしまいました。
    激しく自分を責め、性根を治して生き直さなければと思っていますが
    それでも自分勝手に今はまだとても辛くて
    仕事に行くのも精一杯で
    遺書の字も、死んでいくときの声も、まだまだ鮮明で
    前向きにとはとても言えません

    邪なものに背中を押されたかもとのことですが、イトケン様のブログを読ませていただいて、実はそのことを考えていました。
    今まで4回ほど、霊を見たことはありませんが、気配を感じたことはあります。
    その中で、一番最後のが全く見ず知らずの気配。
    あまり良く無い感じのするやつです。
    それを少し思い出してしまいました。
    別の日にその気配のした場所で普段とは違うくらいのケンカを彼としたことがあり、
    心当たりはそれがあるのですが、関係あるでしょうか

    詳しく訳はかけませんが、彼は私と出会って色々人生が変わってしまいました。
    もしかしたら死んでから目が覚めて、
    私と出会ったこと自体を後悔しているから、私には何も感じれないということなのでしょうか。
    人は死んだら、物欲や、アイドルへの気持ちや、そういうものに全く興味がなくなるとブログの中にありましたが、彼の私への想いがもし見た目や独占欲や性的な感覚の恋であったとすれば、恋心は死ぬと同時に無くなるものでしょうか。

    物欲、恋心、性欲、食欲、独占欲

    これらは亡くなった方にはもう無い感覚なのでしょうか?

    彼の夢は2回見ましたが、現実離れしていたり、私とのことを覚えていなさそうだったり、距離を感じました。

    イトケン様のブログ、たくさんの人への返信を読ませていただいて
    私への返信もいただけて、

    彼に手を合わせる時に
    私なんかと一緒になろうとしてくれたことへの感謝
    2人で過ごした時間は夢の様に幸せだったこと
    それなのに傷つけてごめんなさいと
    ありがとうと
    これからも、ずっとあなただけを愛してますと
    お祈りする様になりました。
    どんなに苦しくても、ちゃんと向き合えばいつか必ず楽になれる時が来るから、ずっとずっと祈り続けるから、そばにいるから、頑張って乗り越えようねとも。
    ひたむきな思いは届くと信じて
    彼の力になると信じて

    今まで悲しい気持ちで手を合わせてばかりだったのが、このようにお祈りすると自分も暖かい気持ちに包まれます。
    彼が喜んでくれたような気がしました。
    道標をいただけたような想いです。
    ありがとうございます。

    供養の仕方ですが、声に出さずとも、手を合わせて思うだけでも伝わりますか?

    お墓参りに行くことができないので、
    今は写真なのですが、これからはブログに書いてあった通りの方法の、短冊や板に名前を書いたものでお祈りしていけばそれだけで届きますでしょうか。

    最後に、頑張って、なるべく人のためになれるような心で生きて、彼の供養を祈り続けて、天寿を全うしても、死後に彼のそばにいけることは、難しいでしょうか。

    たくさんの質問すみません。

    心がとても救われています。
    ブログを書いてくださっていて、本当に良かったです。

    ありがとうございました。

  9. イトケン より:

    れい 様

    コメントありがとうございます。

    早速ですが、コメントに対する返答をさせていただきます。

    >>一緒になろうと、同棲していた彼がいました。お互いとても好きだったのに、いつからかしょっちゅうの様に何度も酷いけんかを繰り返してしまい・・・

    ➡私にも似たような経験がありますが、お互いとても好きであっても家庭環境や育ってきた違いがあるので喧嘩することはよくあることです。

    >>必死に引き止めましたが、彼は私との電話の最中に、命を絶ってしまいました。彼の最後の泣き叫んでる声、苦しんでる声、毎日何度も繰り返し、心に響いてきます。

    ➡れい様、よく堪えてこられましたね。彼に余裕がなかったことも然りですが、邪なものに背中を押されたように感じます。

    >>私のせいで彼は自死してしまいました。

    ➡実は、このような自死というのは少なくありません。同じような(喧嘩の末)相談を何件も受けた経験がありますが、貴女だけのせいではありません。

    >>彼に謝りたい、大好きだと伝えたい

    ➡いまも、これからも伝えれます。

    >>霊能者に依頼・・・私はどうすればいいでしょうか

    ➡彼のことを思うのならば生き残って供養をしてあげるべきです。こうしたことは霊能者にお願いするよりも、自分の思いを手向けることが何よりも供養になり、私たち相談を受けたものが出来ることは仏様にお導きを祈願することしかありません。

    >>毎日彼のそばに行きたいと思ってしまいます。彼はどうしているのでしょうか?苦しんでいるなら助けたい。できることをしたいです

    ➡波動は、かなり低く感じます。れい様が出来ることは、前述の通り生き残って時間はかかっても供養をして救ってあげることです。心の蟠りをとるためには時間がかかるように、ひたむきな心が相手の心を動かすことになるのです。

    >>ここにいるのかなと彼の死んだ場所を探して行ってみても、今は空き家にしている彼と住んでいたマンションに帰っても、何もわかりません。彼の匂いの残っている服を抱きしめて何度も何度もお願いしても彼には会えません。

    ➡話が少し違う方向からになりますが、彼の死が貴女との喧嘩が原因であってもなくても彼の立場を考えると気持ちを突き動かすには時間を要するものとみます。会いたいと願う気持ちは皆同じですが、まず自分の会いたいと願う気持ちよりも相手の気持ちを優先してあげて、相手の心が和らぐ努力を苦しくても我慢して行なってください。自身に霊感や霊能力が無いに等しいと感じても相手が気持ちを向けてくれるようになれば何らかの方法で知らしてくれるようになります。夢や二人の思い出に関すること数字や匂いなど様々ですが、いまは彼のためにすべきことを考えてあげて下さいね。

  10. れい より:

    ブログ拝見させていただいてます。
    心の救いです。
    ありがとうございます。

    一緒になろうと、同棲していた彼がいました。
    お互いとても好きだったのに、いつからかしょっちゅうの様に何度も酷いけんかを繰り返してしまい
    優しかった彼は、きっとずっと耐えてくれていたんだと思います。
    最後の日もけんかをしてしまい、彼は俺もう死ぬからと家を飛び出してしまいました。
    次の日にやっと連絡が取れて、必死に引き止めましたが、彼は私との電話の最中に、命を絶ってしまいました。
    彼の最後の泣き叫んでる声、苦しんでる声、毎日何度も繰り返し、心に響いてきます。
    仕事がうまく行かなかったり、色々なことがあったとは思いますが、みんなが色々なことを言ってくれますが、私のせいです。
    私のせいで彼は自死してしまいました。
    後悔と自分を責める気持ちと、愛しさと悲しさと、時間が経つごとに、静かに深く刻まれていく悲しみ、もうここにいないんだねと、未だどこか信じられず、だけど少しずつ、もういないんだと、とても辛いです。
    彼に謝りたい、大好きだと伝えたい
    周りの方には馬鹿げたことだと思われているかもしれませんが、知り合いに霊能者の先生を紹介していただき、なんとかもう一度だけ彼とお話しできないか、供養などしてあげられないかと相談に行ったところ、彼は自殺しているから、いまはその場所からまだ離れられないでいる、とても後悔していて、時間がかかるので、まだ話も供養もできる段階じゃないと断られてしまいました。
    その先生いわく、彼はその場にいて、わたしのそばにはいないとのことです。来たくても来れないと。
    もう1人の先生は、私のそばにいると言います。
    どちらも高額で、おっしゃってることはあまりわかりませんでした。
    私はどうすればいいでしょうか
    毎日彼のそばに行きたいと思ってしまいます。
    彼はどうしているのでしょうか
    苦しんでいるなら助けたい
    できることをしたいです
    ここにいるのかなと彼の死んだ場所を探して行ってみても、今は空き家にしている彼と住んでいたマンションに帰っても、何もわかりません。
    彼の匂いの残っている服を抱きしめて
    何度も何度もお願いしても
    彼には会えません。
    苦しいです
    助けてほしいです

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください