霊能者・霊能力など

霊能者のニセモノの見分け方と問題点

世の中には霊能者を名乗る人や霊能力を持ったスピリチュアルな人たちが数多く存在していますが、いったいどれが本物なのかニセモノなのかを簡単に判断できる材料がありますのでそれをお伝えして、霊能力があってもニセモノ特有の大きなマイナス面があることを分かってもらうために説明いたします。

 

こういう霊能者はニセモノと思って間違いない

 

 

いまから上げる項目に該当する霊能者やスピリチュルをしている人は信じてはいけないニセモノと疑ってかかった方が賢明ということになりますので、判断する材料としてお使いください。

 

 

〇開運グッズや天然石を販売している

これは言ってることや発信していることがどんなに素晴らしくても、このようなものを販売しているだけで完全に疑ってかかった方がよい代表格です。本来は霊能力にしてもスピリチュアルにしても商売ではないのです。分かる人には分かる基本です。

 

〇鑑定料が高額

霊視やヒーリングや除霊浄霊など霊的なものを扱う鑑定のことですが、鑑定料を取ること自体は仕方ない部分もあり理解できますが、1万円を超える鑑定料は儲けすぎといわざるをえません。なぜ問題があるのか、あとで書きますが霊能力は霊能者個人のチカラだけではない部分が大きいからです。

 

〇態度が高慢(うぬぼれ・人を見下す)

霊的なものに関わる人間は謙虚でなければいけません。霊的真理を学べば簡単にわかることです。

 

〇利己主義

これは最初の方に書いたことに類似しますが、自分のことしか考えていないもしくは自分が得する(儲かる)ことしか考えていないような人。

 

〇鑑定に生年月日や名前などを聞く人

霊能力には個人情報は絶対不要である。このような人に多いのは裏で姓名判断などの占いを参考にして答えている場合が多く霊能力とはいえません。

 

〇生活が派手

この部分については判断基準が難しい部分かもしれませんが、その人の容姿なり生活で人となりを判断できる場合があります。本物は不思議と質素な人が多いです。

 

〇食事に肉食が多い

これは不思議に思うかもしれませんが、動物を殺したものを食べるのは良くないとされていて、霊能力が鈍ると言われています。しかし身体のために、たまに食べないといけなかったりするものなので判断が難しくなりますが、こういうこともあるのだということを参考程度に覚えておいてください。

 

ざっと浮かぶところは、このあたりでしょうか。また浮かべば追記させて頂きます。

 

 

ニセモノ霊能者の真実はこうだ

 

 

霊能者と呼ばれる人がピンキリというのは、誰もがご存知のことと思います。そのなかで本物の霊能者といわれる人は1割にも満たないといわれております。

 

残りの9割は霊能力や霊感というものを持っている人もいれば、霊能力もないのに本やサイトなどの情報を引用していたりする人も多くいます。霊体験もどきも作ろうと思えば作れると思います。見えない世界ですから、どうしてもそのような人が後を絶たない世界でもあるわけです。

 

簡単にいいますと、宣伝している霊能者や商売でしているスピリチュアルな人はニセモノと思って間違いありません。ネットでも本物と思えるスピリチュアルな人は少なく感じます。

 

では、ニセモノ霊能者に共通する問題ともいうべき共通点を説明いたします。

 

ニセモノ霊能者といわれる人の多くは、神仏を名乗る低級霊にチカラを借りている人が少なくありません。低級霊とはいえ先見の眼はありますし人間を越えた能力を持っているため信じてしまうような感じです。といっても、霊能者本人も疑わず神仏だと思い込んでいる場合がほとんどです。

 

私たちのいてるところが地上界とするならば、低級霊は地上界に一番近く人間と波長が合いやす霊能力があれば交信しやすい存在であり、逆に神仏に近い階層にいくほど人間との波長が合いにくく交信は困難を極めるというのが現実なのです。低級霊は邪悪な霊とでもいえましょうか、人間をコントロールして陥れたりして喜んだり悪意をもった霊のことです。

 

低級霊と呼ばれる邪悪な霊にコントロールされていると、本当のことを混ぜてウソを信用させるの霊能者は疑うこともなく信じ切り、それを霊能者は相談者に自信をもって鑑定し、スピリチュアルな人はネットを通じて多くの人に間違った情報を発信しているわけです。

 

邪悪な霊の手口は巧妙ですので、いったん関わってしまうと見破りにくいですし神仏が助けてくれることもないので、どんどん意識を洗脳され操作されて金儲けなどに走っていく形となります。せっかく持ち合わせた霊能力も誤った方向に使ってしまうといった感じで本末転倒としか言いようがありません。

 

そのために前項で触れた内容が関係してくるわけですが(肉食については微妙なことと思ってください)、前項のような人たちは間違いなく神仏の支援を受けたり交信をすることは不可能です。そのような人たちが神仏から支援や交信ができないのに神仏がどうのと言っても信じてはいけません。

 

霊能力にしてもヒーリングにしても、神仏のチカラもしくは高級霊といった存在のチカラを借りないと精度も落ちてしまいますし施術もできません。

 

そのような人たちを信じて依頼しても、邪悪な霊の集団から発する言葉なのでいいはずがありません。まだ分かり切ったウソを並べられると幸いですが、まったくそんなことはありません。邪悪な霊というのは人を信用させるのは得意ですので、依頼者しか知らないことを当てることも容易(悪霊でも人のプライベートを見れます)です。

 

しかし、肝心なことは絶対導いてくれないのです。それは鑑定してもらった結果をみるのではなくその後の経過どうなっていったかをみるべきです。その前にそこまで霊能力を行使できる人も少ないとは思いますが‥。

 

開運グッズや天然石なども、邪悪な霊に関わる霊能者やスピリチュアルな人がいう神仏の念や祈祷やパワーといったものに効果があるはずもなく逆に怖いだけであり、まだ値段だけが高いだけマシという結果になります。まして神仏や高級霊がそのような私利私欲のためにチカラを貸すことは一切ありません。自信をもって言えます。

 

相変わらず説明が下手で申し訳ないですが、このように邪悪な霊が絡んだ霊能者が多く存在しており信じている人の意識をコントロールするために、いい方向にいったと思いがちですが根本の依頼者の進歩には繋がるはずもありませんし、最後には陥れられるのがオチです。

 

酷い場合は人によっては金銭を巻き上げられ、ある人は洗脳されて良からぬ方向に落とされる結末が待っているような感じです。これも邪悪霊の仕業であることは間違いありません。

 

ニセモノ霊能者というのは、こういったことが共通してあると思います。

 

 

さいごに

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

あまりにニセモノ霊能者が多いので、少しでも参考になればと思い書かせて頂きました。

 

本物の霊能者というのは、あまり表に出てこない感じがします。価格も良心的で精度もよく、そこへ行かれた人のコメントなどを見てても霊能者の人柄が伺え感動をするものです。

 

昔からよくいわれるように、高い壺や物を買わせる人は疑ったほうがいいというのは、まさしくその通りだと思います。いくら人気があっても判断するのは自分自身ですので、人の意見に左右されないようにして下さい。前は本物だったけど現在は違うといった霊能者もいてますので慎重に探してください。

 

皆様が良い方向に向かいますように、お祈りいたします。

 

 

 

では、この辺で終わります。

 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのバナーをクリックしてくださると、管理者の励みになります。


にほんブログ村


スピリチュアルランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください