霊能者・霊能力など

霊格の高い人の特徴と苦労が多い理由

霊格が高い人といいますと、魂のレベルが高いともいわれます。霊格の高さは生まれながらに持ち合わせているもので、霊格の低い人にはない素晴らしい特徴を持っている反面、霊格が高いために悩みや苦労もあります。友達と続かないタイプの人のなかにも、霊格の高さが関係する理由があります。

 

 

霊格が高い人の特徴

 

 

霊格が高い人には、明らかに分かりやすい特徴がある反面、苦労する意味を持ち合わせているのが特徴です。それをこれから上げていきます。

 

1、人が寄ってくる、人を惹きつける魅力がある

 

霊格が高いとなぜ人が寄ってきたり、人を惹きつける魅力があるのかといいますと、そのような雰囲気やオーラがあるのも大きな特徴ですが、他者は霊的な感覚から霊格の高さを無意識に感じて寄ってくるといったこともあります。

 

このほかにも、これから書いていく内容にも、これらの「人が寄ってくる」「人を惹きつける魅力」になる要素が含まれているものがあります。

 

 

2、能力が高い

 

生まれながらに持ち合わせたものであることが多く、霊格が高い人の特徴です。人が普通にこなす量を越えていたり気力でやり遂げたり、能力が高く人に認められやすいといったものをもっています。

 

ただ本人がその能力に気付いていないことが多いために、敵を作りやすいといったことがあるのも特徴のひとつです。

 

このように本人は自然なものなので、他者からみると魅力のある人間に見られたり、憧れや能力の高さから人が寄ってくることがあります。

 

 

3、物質に捉われない

 

「新しい服が欲しい」「欲しいブランドバッグを手に入れたい」「お金は余分にでも欲しい」など物質的なものに対して一瞬思っても、あまり興味を示さなかったり、これらを何としてでも手に入れようという感覚が普通の人より薄いのも特徴です。

 

人間というのは本来物質(服・車・家・金銭・小物・雑貨など)に対して興味のあるものは必要以上に求めたりするものですが、これは霊格に関係していて霊格が高い人というのは、人間的な感覚より霊的な感覚が勝っているために、物質に捉われないといったものが備わっています。

 

 

4、何事にも執着しない

 

先ほど触れましたように、物質に捉われない(執着しない)と書きましたが、霊格の高い人は人間関係でもあまり執着しないといった性格の人が多く存在します。

 

普通は人に危害を加えられたり嫌なことをされると、その時点で関係が終わったり許せなかったりするものですが、このあたりも普通な感覚ではないといいますか、すぐ忘れてしまったり翌日には許していたり、この人はオカシイのか鈍いのかとさえ思える態度をとる場合があります。

 

その場は私たち同様に感情を出して激怒したり、言い合ったりするので、熱しやすく冷めやすいイメージを受けます。

 

何事にも執着しないために、人の行ないに対しての匙(さじ)加減が寛大であったり、我慢の範囲が大きく、まわりは少し理解に苦しむこともあります。

 

 

5、他人を助けようとする思いが強い

 

このような「他人を助けようとする思い」は育ってきた環境が左右するというより、生まれてきた時から持ち合わせているものです。

 

たとえば小さい時から兄弟や姉妹といった関係の中からはじまることが多く、弟や妹に対して自分が我慢しても彼らに与えたり譲ったりする一面を見せることがあります。

 

だからといって、若いうちは兄弟や姉妹が仲がいいとは限りません。そのような姿勢を見て育った弟や妹は、そのようなことが当たり前と捉えるために、若いうちは甘えから歪が起きることもありますが、社会に出たり成長していくにつれて、その行ないの寛大さに気付いていくものです。

 

このような霊格の高い人は、若いうちから人の役に立とうとする思いが強いために、ボランティアに参加したり、無意識に人の役に立つような職業を選んだりする特徴もあります。お医者さんや看護師などのなかには、このような霊格の高い人が比較的に多いといったこともあります。

 

この思考というのも、霊的な階層でも比較的高い階層にある霊が持ち合わせているものと同じものであるといえます。

 

 

6、強運の持ち主である

 

すべてにおいて順風満帆な人生を歩むことが難しいタイプであるが、神仏の加護も強くツイテルと思われることが多いのも、霊格の高い人が持ち合わせている特徴といえます。

 

クジ運が強かったり、普通なら危険に遭遇してもおかしくない状況でも難なく過ごしていたり、人から「あなたと一緒に行動すると、いつもいいことが起きる」などといわれるような人です。

 

 

7、霊感をもっている

 

霊感については個人差が大きいので、これについては霊格の高い人すべてとは言い難いですが、霊感がある霊格が高い人は基本的に未浄化な霊や邪悪なものが見えるというより気配を感じたり、神仏や成仏したような霊が見えたり感じやすい傾向にあります。

 

これは霊格の高さによるもので、普段から霊性に対して興味を示さなかったりするようですが、神社に行けば歓迎のサインが多いのも特徴といえば極めて大きな特徴でもあります。

 

 

霊格が高い人に多い苦労

 

 

霊格が高いというと、分からない人には羨ましく感じたりするかもしれませんが、霊格が高いゆえに苦労もいろいろ背負うことになります。そのあたりを説明していきます。

 

 

1、妬まれたり嫉妬されやすい

 

もともと持ち合わせている器量や能力の高さから、羨ましく思われる一方で妬まれたり嫉妬されやすいといった特徴があります。霊格の高い人からすれば、自分は周りの人と変わらない意識が強いので、それがこのような念を生じさせてしまいます。

 

普通の人が霊格の高い人と同じことをすれば、疲労感や余裕などがなくなるところを、顔色を変えなかったり淡々とこなすことから、嫉妬されやすいといったことがあります。

 

 

2、波乱万丈な人生を送りやすい

 

なぜ霊格が高いと波乱万丈な人生を送りやすいのかといいますと、霊格が高いゆえに今世での人間としての修行のハードルが高くなるということから、このようなことになるのです。

 

逆にいいますと、生まれてから順風満帆に近い人生を歩む人の方が、人間の世界から見ると幸福で羨ましくも見えるかもしれませんが、霊的な成長を望んで再生して生まれてきた魂からすると、これほど不幸なことはないからです。

 

このことについては、興味のある人も少ないかもしれませんが、近いうちに書くようにしようと思いますので、今回は軽くだけ触れさせていただきました。

 

少しスケートで例えさせていただきますと、大きな大会で難易度の高い技を披露せずにただ遊びのように滑っているのが順風満帆な人であり、だれもが為すことが困難な技を披露しようとするのが霊的成長を望んで生まれてきた人たちです。

 

このスケートの点数の結果が、霊の世界で反映されると思って頂ければ、分かりやすいかと説明させていただきました。

 

ただし、このような霊格の高い人というのは愚痴は言っても忍耐強いので、波乱万丈で苦しんでも乗り越えられることになると思います。

 

 

3、友だちと長く続きにくい

 

このタイプの人は、人を引き寄せたり惹かれるといった魅力がある反面、友だちとしての関係が続きにくいといった特徴を持っています。

 

本人からすれば自分のどこが悪いのかとか、なぜか深くなっていくほど続かないといった経験をするので、友だちとは続かない意識をお持ちの人もいるかもしれませんが、それには明確な理由が存在します。

 

少し簡単に書きますが、ひとつは能力の高さとか運の強さに魅力や憧れを感じるので、真似れば同じようになれると錯覚して近づいてくる人もいます。そのような人とも仲良く深くなれますが、いずれ限界を感じ離れていってしまうケース。

 

ひとつは、魅力を感じて普通に関係が深くなっていきますが、あなたの霊格の高さから波長が合わなくなっていくために離れていくケース

 

ひとつは、あなたが意識していない人並みと思っている部分(器量や能力の高さから)が、他者にとっては大変であり困難ということが理解しにくいケースなどです。

 

このように、みずから霊格が高いということを意識しないと、霊格が普通の人に合わせることに注意が必要といったことがいえます。

 

 

さいごに

 

いかがでしたでしょうか?

 

霊格の高い人というのは、持ち合わせたポテンシャルの高さを意識することが必要になってくる部分もありますが、苦労するものと認識して頂きたいと思います。

 

では、この辺で終わります。

 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのバナーをクリックしてくださると、管理者の励みになります。


にほんブログ村


スピリチュアルランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください