自殺・自殺霊

自殺しても救われない事実

この記事は自殺を阻止する目的で怖がらすつもりで書いているのではなく、実際に自殺をしてしまうと救われない事実と死後にどのような状態で過ごすことになるのかを知っているなかで説明していきます。いろんな思いから苦しくて悲しくて追い詰められている状況だからこそ、気持ちに余裕がなくても一読して欲しいことを書いてみました。

 

自殺しても救われない意味

 

まずこの記事は、スピリチュアルや自殺防止の啓発の文言のように自殺を阻止するために書いているわけではありません。自分の人生ですから逝く人は自由にしたらいいんです。

私に今お持ちの苦しみや悩みを解決してあげれないのに、そんな死んだら云々というつもりはありません。

私がこの記事でお伝えするのは、自殺霊と関わってきたから分かる真実だけは参考にして欲しいということで書いています。

 

「では本題に入っていきます。」

自殺することに他人は勇気あるとか生きてればいいことあるのにとか勝手なこといいますが、そんなこと自殺を決意した人にとっては未来もなく痛いとか怖いなんて思考など眼中にないものですよね。

私も追い込まれたことがありますが、そんなこと眼中にもありませんでしたし自分の思考以外は何も考えることなんてありませんでした。

自殺する人がいまの苦しさや辛さとか生きることに価値を感じなかったり死を選ぶ理由は様々ですが、自殺する人すべてに当てはまる残念なことをお伝えします。

自殺する理由はどうであれ自殺に成功して、いま生きている世界から消えることができたとして苦しみ辛さ生きる価値を感じなかったなど様々な理由から解放されたと思って死んでも、その思いは消えないのが事実です。

 

ほんとうに残念なお知らせなのですが、死ぬって肉体が無くなるだけで悲しいかな魂は生き続けてしまうんです。

 

それも人間としての肉体が無くなるから、生前の思いの念が強くなってしまって死ぬ前より苦しく辛いことが倍増したり、生きる価値を感じなかった気持ちも消えないどころか死んだところでも価値を感じなくなってしまうだけなんです。

自殺して魂も死ぬのなら死を選んだことが大正解のはずが、死んだら分かりますが自殺したことが失敗だったことに死後気付くことになります。

 

どうであれ自殺したい消えたい人に

 

ここはぜひ読んで欲しいこと・・・

自殺を決意してる人にあーだこーだ説明しても意識や気持ちは変わらないと思いますのですが、ここだけは分かってから行動して下さい。

 

それは死を意識したり追い込まれた精神状態のときには自分の意思だけと思われている方がほとんどだと思いますが、それだけではないってことを理解して欲しいのです。

つまり精神が追い込まれたとき・沈んでしまったとき・決意したときには必ず同じような思いを抱えて死んだ霊たちが後押しをするために寄り付いてきているということです。

いうなれば死んでるアカの他人(霊になるのですが)に意識を操作されて、自殺することに拍車をかけられてしまうということです。本当に腹立たしいことなのですが事実です。

自殺する人のなかには多少の生死についての葛藤があるはずですが、見ず知らずの霊に意識を乗っ取られていることに気付いていない人が多すぎます。

こんなこと分かるはずもないことですから、こうやって書いているわけです。

もし死んでからその事実が分かったら自分の意思だけではなかったとしたら、その知らない悪霊や自殺霊という知らない他人にそそのかされてなんて、私なら死んだことに後悔残りますし腹立たしい気持ちはマックスになります。

だから発作的に突然電車に飛び込んだりビルから飛び降りたり首を吊ったり惨めな死に方をしてしまうんです。死ぬのでも遺書かいたり段取りを取りたいものです。

だから死ぬことを決意したなら無理かも知れないですが、一旦やり残したことをやり遂げてから死の世界に進むことをオススメします。

見ず知らずのアカの他人(それも死んでる人)に意識を操作されて死ぬなんて絶対やめていただきたいと思います。

こうやって書いていてもウソだと思われる人が多いと思いますが、死後の世界に行ったらどちらが正しいか分かりますので自信をもってお伝えします。

 

自殺したときの死後の状態

 

まとめ的に自分で命を絶つということは、なにか苦しかったり悲しかったり追い詰められた気持ちを抱えて解放されるために死を選択するので知っておきたいことをピックアップしておきます。

別に死を阻止するためでも怖がらすつもりもなく、ただ関係してきた自殺霊から知ったことを参考に書いていますので間違いないことです。

 

自殺後の現実

①自殺してもいまの苦しさからは解放されない

➁自殺しても死後直後の醜い姿ではない(自分が一番浮かぶ姿が反映される)

➂真っ暗闇の世界にいくことではない

④みんながいてる階層に行くまでに何百年何千年かかる場合もある(個人差が大きい)

⑤死のうとした苦しい気持ちが倍増するので、生きてる方がマシであるのは絶対間違いない

⑥霊のように彷徨えるが必ず苦しさが襲ってくるのが耐え難いものである

⑦自殺しても苦しまず救われる場合があるが稀である(例外中の例外で記述は控えます)

⑧自殺しても肉体がないだけで、今の延長になることは理解すること

⑨普通に死ぬのとちがうのは思念に苦しむことが大きく違う

⑩霊の世界では自殺霊は波長が低いので先祖や家族が他界してきても会えない

 

さいごに

 

以前書いた「自殺したら死後どうなるのか」と少しダブる感じではありましたが、要約版のような感じで作成しました。

 

では、この辺で終わります。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

 

こちらのバナーをクリックしてくださると、管理者の励みになります。


にほんブログ村


スピリチュアルランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください