未分類

災害で死んだ人やペットの死後について

東日本大震災ならびに西日本豪雨災害で、お亡くなりになられた方のご冥福をお祈り申し上げます。被災地の災害で被災され亡くなられた人やペットが死んだあと、どうなるのか書いていきます。

 

自然死と違う自然災害で亡くなられた方たちの行方

 

西日本豪雨災害のニュースをテレビやネットを見るたびに心苦しく胸が痛みます。

地震でもなく台風でもないのに、これだけの多くの被災者が出たことに自然の恐ろしさを感じます。

では、本題に入ります。

 

通常、寿命が来て亡くなられてから49日を迎えると死者の霊はあの世に旅立つと言われていますが、想念など思い残すことがあると実際なかなか旅立てなく、現世にとどまる霊も少なくありません。

 

では自然災害によって命を奪われた人やペットはというと、予期せぬ苦しい突然の出来事に亡くなっているから、未練が残り昇華されないのかというと、そうではないのです。

 

ちゃんと神様が、亡くなったすべての人やペットたちを導いて成仏させてくれます。

 

自然災害で、人生での寿命を全うできなかったのは不可抗力な出来事なので、そこは神様の恩恵を受け取ることのできる特例のようなものです。

 

すべての被災地で言えることなのですが、被災され多くの亡くなられた方がいるのですが、どこの被災地においても怨念のある地縛霊のような霊や、多くの浮遊霊などが現れないこと、またそのようなことをネットや書物でもほとんど見かけないことです。

 

たまに作り話でそのようなことが書いてあるぐらいです。

 

ただし災害ではなく、災害が来る前に亡くなっていた霊は存在しておりますので、そのものの数は少なくありません。

 

私からしますと、ウソの証言も多いです。被災地で霊と話した証言などありますが、霊は肉体がないので簡単に話せないですし、万が一見ることがあっても被災で亡くなられた霊とは限りません。

 

霊と話すことは、それなりの能力がなければ無理です。

 

本当なら建物に押しつぶされて痛い思いをして亡くなったり、水で溺れて苦しんで亡くなったり、様々な思いや残された遺族のことを心配していたり無念な方もたくさんいるのに,ほとんど霊となって現れないのは、本当に神様が成仏させてくれてるからなのです。

 

私は大阪なので、阪神大震災の被災地周辺の神戸にもよく行きますが、被災したであろう多くの死者の霊の存在を感じたこともありません。

 

亡くなられた人やペットたちは苦しい死に方をされたと思いますが、いまは苦しみも一切なく穏やかにご遺族を見守ってくれています。

 

これは死んで霊になると、人間のように肉体がないので、痛みや苦しみから解放されるのです。

 

亡くなられたご遺族のことを思っている親族の霊は、苦しみや悲しみが癒えない残された遺族に対し亡くなられた方たちは、1日も早く立ち直ってくれることを願われています。

 

自然死や事故死(寿命など)であれば、残された遺族の方が悲しみが癒えずに長く引きづってしまいますと、亡くなられた霊は心配して現世にとどまりなかなか昇華(成仏)できないのですが、被災で亡くなられた場合は昇華(成仏)して見に来てくれているので、その心配もいらないです。

 

お盆やお彼岸、命日には何もなかったように笑顔で帰ってきてくれますので、生前好きだったものをたくさんお供えしてあげて下さい。

 

残された遺族の方には、1日も早く立ち直られることを心からお祈り申し上げます。

 

亡くなった方やペットやご遺族のことを思うと苦しく思い、これ以上書けないので短いですが、この辺で終わらせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

こちらのバナーをクリックしてくださると、管理者の励みになります。


にほんブログ村


スピリチュアルランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください