未分類

死別|本当の親孝行とは・・・

あるとき突然に死別という形で親との別れがやってきて親孝行について考えることがあると思います。恩返しをすることができないと思ったり、色んな贅沢をさせてあげることができなかったと後悔したりします。しかし本当の親孝行というものは、もっと身近で誰にでもできることであるということを説明させていただきます。

 

本当の親孝行をしたければ親の立場になるべき

親に育ててもらったという感謝の思いから恩返しとして親孝行をしたいと自然に思うものですが、この親孝行をすることに対して基準もないので誰もが間違っていないですが、勘違いしてしまうことが多いように思います。

親が元気な時には各々が思い描くような親孝行をすれば良いのですが、突然親が病気になったり急に旅立ってしまったときに、どうしても後悔しがちなものであると考えます。

しかし自分が親の立場に立って考えてみると、子供が親(自分)に対してしてくれることに贅沢をさせてくれたり旅行や美味しいものを食べさせてくれたりするようなことは、親の立場として嬉しいが本来子供に望むものは違うはずです。

人それぞれ多種多様なので、子供が稼いでいたら親に恩返しするのが当然と思ったりする人がいることも否めなくはありませんが、それらのお考えの人には本記事は参考にもならないものと思います。

本来、親が子供に望むことは、いくつになっても元気で平穏に暮らしていけることであったり子供の幸せを望むもので恩返しなどではありません。

ですから親孝行を考えるときには、「もし自分が親だったら・・・子供に何を望むのかということを考えて欲しいのです。

大切なご両親から生まれてきて育ててもらった経緯から、よほどのことがない限り親と考え方の基本は似るものですから、親の心を考えるときに自分が親の立場に立ってみることが最善と言えます。

 

死別しても親子関係は継続するもの

おおまかな話になりますが、多くの人が人は死ねば終わりと考えたり全くの異次元に行ってしまったと考えるようですが、「死」というものは人間の肉体を脱ぎ捨てただけの魂(霊体)本来の姿に戻るものでしかありません。

ですので、亡くなっても肉体がないだけで生前と変わりのない姿を継続するものです。

たしかに霊の世界が長くなってきますと、人間の世界で気付くことが出来なかったことに気付いたり霊的な考えが出来るようにもなっていきます。

しかし僅かな期間に霊的な感覚が即座に理解できるものではなく徐々にといった感じで、驚くほど生前と変わらない性格や考え方などを長期間維持します。

このことから親子の関係は生死を越えて継続するものであり、親孝行も死ねば終わりでなく供養という形であったり子供である自分を先立った親が見てくれていて、どう過ごしていっているのかということが大切になっていくのです。

 

死別して悲しむことは良くないの?

親が亡くなって悲しむのは当然の感情で良くないことではありません。

それに親子が互いに大切に思っているのでしたら、亡くなった親も霊の世界で悲しんだり心配していても然りなわけです。

先ほども説明しましたが、亡くなったとしましても生前と変わらない状態でおられ痛みや苦しみというものからは解放されて、元気な状態でおられることが一般的です。

少し話は逸れてしまいますが、諸外国において他の宗教的な考えでの「死」というものは新たな旅立ちであったり霊的な世界へ戻った、または神に召されたという祝福の意味を成すことが多いものです。(とはいえ死という別れを悲しむのは国を越えて同じものです。)

日本の仏教的な考えでいう死とは色々と複雑なように解釈しているように感じますが、本当は至ってシンプルなものです。

ここで話を戻しますと親がなくなるということは悲しくて当然のことではあるのですが、やはり時間とともに親は肉体が無いだけで存在していてるので、残されたものとして立ち直っていくことも供養のひとつになるのです。

あまりにショックで立ち直れなくなって苦しみ続けたり、後を追うようなことを考えるようでは、親として霊的な世界で心配になり成仏どころの話ではなくなってしまいます。

一般的に私たちからは存在が見えないし感じることが出来ないことが多いものですが、逆に親からは子供たちの姿はよくわかってられます。

ですから悲しいのは誰も同じことなので、「生あるものは何れは旅立つもの」として理解し、自分がこの世の生を全うしたら親と再会できるので、それまでの期間は我慢して乗り越えていこうという気持ちも大切なことになってくるわけです。

 

本当の親孝行

あのテレビ番組でやっていた「一休さん」というアニメの主人公の一休宗純さんですが、室町時代の臨済宗大徳寺派の禅宗の僧侶であり、あるとき信者の一人から何かめでたい言葉をとお願いされたところ・・・

『親死 子死 孫死』

と書かれたという有名な話があります。

これを書いてくれと頼んだ信者はカンカンになって怒るわけですが、ここで一休禅師は「ほほう、お前のところでは順番が逆の方がめでたいのかな?」というようなことを言ったそうです。

何が言いたいのかと申しますと、親なら誰もが望む当たり前のことですが、親は年老いた自分よりも子供や孫には先に死んで欲しくないということであり、そのことだけでも本当はめでたいというものなのです。

しかし現実には、子供や孫が病気や事故・自殺で亡くなることも少なくないこと、懐妊してこの世に生まれて来てくれるのを楽しみに10か月待ちお腹を痛めて出産し、たくさんの愛情を注いだり一生懸命育てて何とか社会に出て一人前になるようにと願って頑張っていくわけです。

ときには自分を犠牲にしても子供を守ったりもするのです。

その大切に育てた子供が、自分(親)の死によって苦しんだり悲しむ姿を長い期見続けることは耐え難いものなのです。

ですから、子供が親に対して親孝行をしたいと思う気持ちは親としても嬉しい限りで育てて生まれて来てくれて良かったと思うのですが、親が望むことは子供には一日でも多く幸せに過ごして欲しいことや苦労しても荒波を乗り越えていける強さを見せて安心させて欲しいと願うのです。

親が生きていようが他界してしまおうが、子供に望むことは年齢問わず子供の成長している姿でしかないということです。

余裕があれば親孝行として物質的なものやことを思いの程尽くせば良いと思いますが、本当の親孝行とは物質的なものではなく、子供であるあなた自身が天命を全うすることでしかありません。

 

さいごに

今回は、大切な親との死別によって苦しむ人の参考になればと書いてみました。

どんな形でも死別というのは悲しいものですが、霊的な世界からいえば「人の一生というものは一瞬の出来事」で地上という人間の世界から永遠の霊の世界に帰ったということでしかありません。

ですから親と死別しましても必ず霊の世界で生きていて、また寿命がくれば再会を果たす日が来るということを楽しみにしていて欲しいと思います。

 

 

では、この辺で終わります。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます<(_ _)>

 

 

 

 

こちらのバナーをクリックしてくださると、管理者の励みになります。


にほんブログ村


スピリチュアルランキング

POSTED COMMENT

  1. イトケン より:

    あんじゅ様

    こんばんは。コメントありがとうございます。

    親御様にとって、とても大切なお子様で愛されているということが伝わってきます。親との死別は辛く悲しいものですが、それらによって色々学ばれてこられたことは本当に素晴らしく親御様も安心されているようです。もっと心に寄り添ってあげたかったという思いは、後悔先に立たずで多くの人が同じように思います。お墓参りの帰りにバスの中でお母様の霊を見られたことも、こうしてブログをお読みいただいたこともお導きいただいていると感じます。お母様に見守られていることは間違いありませんので、天命を全うされて再会されるまで学びに向かって日々邁進していってくださいね。

  2. あんじゅ より:

    こんにちは。
    初めてコメントさせていただきます。

    親との死別は自分の人生を改めて考えさせてくれました。親とも色々ありましたが自分が選んで生まれてきたのだと思うと今は感謝しかありません。辛かった事も全て学びだし愛されていたのだと今ははっきり分かります。もっと心に寄り添って上げられば良かったという後悔の念もあります。ただ母の墓参りに行った帰りのバスの中で母の霊と会いました。一瞬でしたが確かに母は見守ってくれているのだと思うと、もう分かってくれてるのだと感じました。それから寂しさは無くなりました。

    母の死後から何年も経った今、全ては学びだった。そして私は次の学びに向かっていると思っています。

  3. イトケン より:

    あきこ 様

    初めまして。コメントありがとうございます。

    御心が少しでも前向きなお気持ちになられたとのこと、とても嬉しくコメントを下さったことに感謝いたします。
    あきこ様のお気持ちの変化も、お父様が好きなあたたかいお茶を淹れられたことも、とても喜んでおられます。

    お父様と再会される日を楽しみに、これからも頑張って下さいね。

    こちらこそ、ご連絡ありがとうございます。

  4. あきこ より:

    こんばんは。
    初めてコメントさせていただく、あきこと申します。

    父を亡くし一周忌も過ぎた頃なのですが、寂しい思いをさせ孤独死させてしまったことを悔やんでも悔やんでもどうしようもなく、父の写真を見ると胸が苦しく辛すぎるので、写真立ては伏せてしまいました。

    田舎に帰る回数をもっと増やせば良かったと、あの時あんなこと言わなければ良かったと、最後に会った時にちゃんと挨拶すれば良かったと、いろんな思いに押しつぶされそうな日々で、どうしたら気持ちが収まるのかと、昨日いろいろ検索していたら、このブログにたどり着きました。

    イトケンさんの書いたこの記事を読んで涙が止まらなくなりました。
    おかげさまで今朝は何か月ぶりかで父の写真を立て、お茶を淹れました。
    父の好きなあたたかいお茶、飲んでくれたでしょうか?

    まさか父が亡くなるだなんて想像したこともなかったのです。
    死なない人間なんていないのに。
    本当にバカな私です。

    でも今は、心が少し前向きな気持ちになれたような気がしています。
    私が寿命を全うしたら父に再会したら、たくさん謝りたいと思います。
    また読みにきます。

    この記事を書いてくれて、ありがとうございました。

  5. イトケン より:

    ろど様

    コメントありがとうございます。

    いえいえ・・・思うことだけで辛くなるのことは理解できますので、無理にご返信されなくても大丈夫ですので、お心を大切にして下さいね。
    お母様も、ろど様が子供の時に同じお考えでお過ごしになってきたみたいで、今も、ろど様のことを大切に思われていることが伝わってきています。

    これからの人生ですが、いろんな心情のときもあると思いますが後悔されることなく再会される日を楽しみに過ごしていって下さいね。

    お気持ちを伝えて下さりありがとうございます。
    今後とも、よろしくお願いいたします。

  6. イトケン より:

    のばら様

    こんばんは。いつもお世話になっております。
    記事が少しでも参考になられたようで、とても嬉しく思いますし励みになります。

    日々、人生の荒波に格闘しながら生きておられる姿を見守ってくれていますので、少しずつでも頑張って下さいね。
    記事の感想もありがとうございます。

  7. ろど より:

    前回初めてコメントさせていただき、お返事までいただいたのですが、
    思っていることを言葉にすると、また辛くなってしまうので、少し考えないようにしていました。すみません。
    今回のお話も前回のお返事も、本当にすごく聞きたかった、見える方からそう言ってほしかったことでした。

    また会えるということが、今の私を救ってくれます。
    とてもとてもありがたいです。

    母が大好きだったので、できる限り親孝行はしたつもりですが、いなくなってしまうと、あれが限界だったのか、もっとできなかったのか、楽しんでくれたかな、色々、本当に色々考えてしまいます。

    でも自分が親になり、今子どもから無償の愛情をもらい、何でもないことに幸せを感じます。
    母も子どものころの私にそう感じる時があったのかな、あったんだろうとな、と思うようになりました。

    順番。
    いつか死ぬのは仕方がないので、精一杯、楽しく、しばらくはクヨクヨしたりもして、いつか母と会えるのを楽しみにします。

    すごく長くなってしまいすみません。
    毎回の更新を楽しみにしています。本当にありがとうございます。

  8. のばら より:

    イトケンさん、こんにちは。
    お世話になりありがとうございます。
    このタイトルでの記事は今の私にどんぴしゃで、心に
    しみます。  
    亡くなった親を思う時、あれをしてあげれば良かった、あんな事言わなければ良かったと悔やまれる事ばかりが後悔と悲しみになりますが、もし自分が親の立場で子どもを思う方に視点をシフトして見ると、決してその姿を望みませんね。親が子どもの事を思い考える事はある意味無償の愛のようなものです。(目に入れたら痛い事は多々あったとしても)
    生きていれば良い事も悪い事もありますが、日々格闘しながら人生の修行をクリアしていく姿を見守ってくれていると、イトケンさんの記事からとらえています。
      
    そして何より、この世の死と言うものが永遠の別れではなく、自分の人生を全うすれば肉体は滅びても魂は生前のままの想う人に会えると言うイトケンさんの記事が沢山の人の励みや支えになっていると思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください