Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/itoken5/itoken5.com/public_html/wp-content/plugins/search-console/includes/Api.php on line 59

Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/itoken5/itoken5.com/public_html/wp-content/plugins/search-console/includes/Api.php on line 60

Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/itoken5/itoken5.com/public_html/wp-content/plugins/search-console/includes/Api.php on line 61
悩んだり心が苦しいときこそ仏様に縋ってみる|イトケンのスピリチュアルブログ
Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/itoken5/itoken5.com/public_html/wp-content/plugins/search-console/search-console.php on line 220
神仏のこと・神社仏閣など

悩んだり心が苦しいときこそ仏様に縋ってみる

悩んだり心が苦しいときに自分自身でコントロールできず、人に相談しても解決の糸口が見つからなかったりすることがありますが、そんなときこと仏様に縋ってみるべきなのです。このようなことについて説明させていただきます。

 

仏様とは御利益や願望を叶えてくれる便利屋さんのような存在ではありません。

 

悩みが深かったり、心の苦しいものが取れなかったり、生きていることも辛い状況に解決の糸口さえ見つからないときにこそ仏様に縋ってみる意味があるのです。

 

参拝に訪れてもスグには何ら変化を感じないこともあるかもしれませんが、人間を遥かに超越した存在であり先見の明を持ち合わせておられるので、一生懸命に縋れば必ず救いの手を差し伸べて頂けます。

 

それが脳裏に降りてくるものなのか、ひらめきなのか、自然に薄れていくものか、他人からの言葉なのかは各々によって違うので特定したことは言えませんが、解決の糸口になるものがあるはずです。

 

私は幾度も仏様に助けて頂いていますので、こうしてお伝えさせて頂くのです。

 

悩み苦しいときに言葉で救われないことも重々ありますから、その時その人に合ったものが頂けると解釈して下さい。。。

 

仏様に縋るとは、自分で会いに行こうと思った仏様でよくて自分の心の内を仏様に伝えて御助言や救いの術(すべ)を授かることにあります。

 

 

 

仏様というと願いを叶えてくれたり御利益を頂けるような存在と一般的に解釈されていますが、何の見返りも求めず人間の欲や願望を叶えるために存在していると考えるほうが違和感があるというものです。

 

こんなことを人間である私たちが神仏の立場になったとして、知らない人に祈願されても叶えるわけもなく、所詮無視するか文句を言う程度だと思います。

 

これは仏様であっても同様で、叶えるために意味がなければ相手にしてくれないわけです。

 

仏様の御利益も御加護も利他愛ですが、この『利他愛』とは単純に他者の利益だけを優先するのではなく、手を差し伸べることによって他者の成長を望む目的を秘めているのです。

 

だからこそ、悩み苦しんでいたり死にたいほどの境地にいたりすれば、仏様に縋ることで手を差し伸べて頂けることが多いというわけです。

 

私たちがこの世に生を受け生きるのは幸せを得るためだけではなく、どちらかというと辛苦や悩みを乗り越えて霊的な成長を望むためといったほうが適切なものといえるのです。

 

いい意味で悩みや心の苦しみから一日でも早く脱出できることを願っています。

 

 

それでは、この辺で終わります。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。<(_ _)>

こちらのバナーをクリックしてくださると、管理者の励みになります。


にほんブログ村


スピリチュアルランキング

POSTED COMMENT

  1. イトケン より:

    ゆう 様

    ご返信ありがとうございます。

    陰ながら応援していますので、母親の意地のもと供養をしていって下さいね。

  2. ゆう より:

    イトケン様

    いつも本当にありがとうございます。
    イトケン様との出会いは仏様の導きのように思えます。
    息子の事を救済して頂けるよう踏ん張り供養し続けます、、、

  3. イトケン より:

    ゆう 様

    こちらこそ、ありがとうございます。

    苦しく辛いですよね。。。
    思い出や姿ばかりを回想し現実に引き戻されてしまうことも痛いほど理解できます。

    貴女が生きているうちにやるべき重要な使命の一つは、息子様を苦しみの淵から供養や愛で救ってあげることです。

    子は成人すれば独り立ちさせるものですが、何らかの理由で死後に苦しんでいると思われる場合に手を差し伸べるのは親でしかないのです。もし誰も肉体を持った供養するものいなければ、霊では救うことが困難なのでその子は自力で這い上がることしか出来なくなってしまいます。愛する人を助けるのは僧侶でも霊能者でも叶うものではなく、近親者であり神仏はそのやり方を導いてくれる存在であったり、努力によっては仏様が手を差し伸べて救済してくれることもあります。

    戦争や災難によって多くの人が最愛の人を失くしたように、理不尽に子供を殺されて怒りと苦しみを抱えて生きているように、辛く苦しいのは自分だけではないのです。辛苦や悲しみが癒えないことも胸が苦しくて一日一日過ごすことだけでも大変なことも理解してお伝えしているのですが、ここは踏ん張って肉体がなくても親子関係は継続しているので、ゆう様が生きているうちに供養(生まれてきてくれた感謝を含め)をして寿命を終えるころには再会して死後に天国で共に笑って過ごせるように、今しかできないことをやってください。

    あとは貴女には私が寄り添っていくので、何かあれば連絡して下さいね。

  4. ゆう より:

    イトケン様

    先日はありがとうございました。

    毎日が苦しいです、辛いです、何をしても何処にいても 此処は息子と一緒に行ったな…此処で息子とご飯食べたな…今ここに此処に息子がいたら……飼ってる2匹の犬を見て思わず笑ってしまっても すぐに何笑ってるんだろ…と素に戻ります。
    分かってはいるのです。息子の為に生きなければいけない事、、、でも死にたい、早く息子のところに行きたい…私の寿命はいつなのか…そればかり考えてしまいます、、、。

    どう縋ればいいのかさえも分からずにいます、、、

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください