心霊スポット関連・心霊体験など

宜保愛子さんについて|かもめ荘と死因の関係

伝説の霊能者として、いまも語る継がれる存在の宜保愛子さんですが、命日が5月6日だったこともあり記事にさせていただくことにしました。あらためて宜保愛子さんがどんな人で、亡くなったきっかけになったといわれる全国屈指の心霊スポット「かもめ荘」が原因なのか、その真偽についても説明いたします。

 

 

宜保愛子さんってどんな人?

 

 

本  名  宜保愛子

生年月日  1932年1月5日生まれ(享年71歳)

出身地   神奈川県横浜市南区

最終学歴  横浜国立大学 教育学部卒業

主な職歴  横浜市内の中学校で勤務 英語教師を20年勤務

 

1980年~1990年代までテレビで心霊番組やオカルト番組などで活躍した伝説の霊能者

 

霊能力については6歳ごろに霊能力を自覚したそうです。

 

そんな宜保さんも2003年5月6日に胃がんのため入院先の病院で死去されました。

 

この宜保愛子さんですが、見た感じ地味なイメージですが、学歴や職歴からも見て分かるように、頭もよく英語も話せるような人だったようです。

 

 

全国屈指の心霊スポット「かもめ荘」

 

 

場所は、島根県出雲市大社町日御碕にあり現在は廃業していますが、取り壊す計画をした関係者までもが不幸なことに遭うということから、現在も放置状態で存在します。

 

島根県出雲市の古来からある、パワースポットでも有名な日御碕神社から車で2~3分の距離に位置します。掲載写真はないのですが、地下にある扉の奥がいちばんヤバイと言われているそうです。ここは元は国民宿舎であったようですが、そのまえは病院であったなどの噂がありますが、本当のことは分からずです。

 

県外に人には有名な心霊スポットとなっていますが、地元の人はそこまで怖いという感覚をもっていない人も多いようです。

 

しかし、地元の若い人や県外から肝試し感覚で「かもめ荘」を訪れた人たちが事故をしてケガをしたり亡くなられたり、病気になったり亡くなるといったことが相次いで噂になっているので、行かない方がいいと思います。

 

とここで、「Wonderful Japan」というブログを書いておられる、ぎわさん様(https://tabi-blo.com/)から画像の提供の了解を頂いて画像を数枚添付しながら書き進めていたところ、画像を見るかぎり嫌な感じはまったくしなかったのですが、数枚の画像を貼り終えたところで、きましたきました何とも言えない背後から覆いかぶさる感じの気配を感じだしました。なんとなく嫌な感じですね。

 

ちなみに、ぎわさんという人は「かもめ荘」へ直接行って写真を撮って移動したそうですが、途中にバイクで自損事故をしたそうです。幸いケガもなくバイクのタイヤカバーが少し凹んだ程度で済んだようです。これも「かもめ荘」が原因かどうかは定かではありませんが、偶然の不幸が多いスポットといえるようです。

 

ほかの記事で書いたものがあるのですが、画像や動画を保存するということは、その現地の霊と波長が合うと行ってなくても、寄ってくることはあります。これも霊感のある人のほうが危険かもしれません。

 

ということで、せっかくの画像添付は断念して書いていくことにします。ネットでも、どんな物件か出ているので見れると思いますが、ぎわさんのブログ(日本一周52日目 島根県〜怪奇・かもめ荘の呪い〜)も覗いてみてもいいと思います。

 

このような心霊スポットというのは、人によって波長が合いやすかったり大丈夫だったりしますが、その時は大丈夫でも数日後や数カ月後に何か起きることはありますので、注意して頂いた方がいいと思います。

 

これだけは言っておきますが、行った本人が大丈夫でも、親族に不幸が起こることも十分あるということを肝に命じて下さい。経験者は語るですので‥。

 

 

宜保愛子さんの死因はかもめ荘か?

 

 

宜保さんがテレビの番組で「かもめ荘」を訪れて除霊をするといった企画だったようですが、この時だけは霊の多さに除霊ができないと、何もせずに帰られたようです。

 

このようなところに地縛霊が存在すると、多くの浮遊霊が地縛霊に同調していき、普通の浮遊霊ではなくなる場合がよくあります。これがいちばん厄介な状態といえます。

 

恐らく日御碕神社との距離も比較的近い場所にあることから、神社に集まって来る霊が「かもめ荘」の地縛霊に引き寄せられているのではないかと私見では思います。霊障を聞いてても一体の霊ではないことが容易に推測できます。

 

ところで、「かもめ荘」と宜保愛子さんの死の因果関係ですが、オカルト系な仕掛け人たちが作った作り話だと思います。これは高い確率でそう言えます。

 

なぜならば、この「かもめ荘」に行って1か月後に宜保さんは亡くなられていますが、死因は胃がんなわけです。もし霊障が原因ならば、心臓系や事故などの可能性が高いと思うからです。このようなことからも、「かもめ荘」が宜保さんの死因とはまったく関係ないと思います。

 

宜保さんが現地を訪れて自分のチカラでは敵わないといったのは、すでにガンのために体力も気力も及ばなかったとも言えそうです。

 

 

さいごに

 

 

宜保愛子さんが霊能者の人たちから、本物といわれるのは霊視能力や除霊や守護霊との会話といったことも的を得ていたこともありますが、この人ほど霊感商法なるものでお金儲けをしなかったことも大きな要因でもあります。

 

そんな私も、宜保さんは本物の霊能力者だと思います。

 

私も常々サイトで発信していますが、霊能力を人のために使うものは質素で、困った人から高額な料金を取らないというのが基本中の基本なんですね。いえば霊感商法で金銭や物品問わずお金儲けをする人は、ニセモノといっても過言ではないのです。

 

低レベルな霊能力しかない私でも、神仏の真理をかじれば分かることですから。

 

宜保さんが生前に東日本大震災や九州の大地震の予言をしたり、お弟子さんの美月さんも何年かは知りませんが、夏ごろ東北・東京・九州あたりで大きな地震がくることを予言されていたりします。

 

ほかの霊能者予言なかにも、東京あたりがヤバいようですが定かではありませんので、これは参考までに‥。

 

ということで、この辺で終わります。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのバナーをクリックしてくださると、管理者の励みになります。


にほんブログ村


スピリチュアルランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください