守護霊

守護霊や高級霊の見分け方(霊能力鑑定に役立つ情報)

みなさんの中には霊能者に見てもらったり、占いなどに行かれる人もおられると思うのですが、そのときに仏様とか守護霊様が言っているなどと聞いたことがあるのではないでしょうか。守護霊や高級霊といわれる霊格の高い存在にはある霊的な法則がありまして、簡単な見分け方にもなるので、これから鑑定や霊視に行かれる参考にしていただければと思います。

 

(この記事は短いので1分で読めます)

霊的なモノの判断は難しい

 

 

霊能力を使った占いにしても霊視や霊媒にしても、本当は誰が降りてきているか分からない場合があるとは思いませんか?名札を付けてるはずもないですし、霊格の高い霊ほど自ら名乗ることは少ないと感じます。

 

たしかに、聖ヨハネは「その霊を調べなさい、神からきているかどうかを」というセリフがあるのですが、これは私の霊媒体験からも確信して言えますが、安易に自分の存在を名乗るほど邪霊の場合が非常に多いです。

 

それこそ神や仏のフリをして騙したり企み(たくらみ)をもって喜んでいる霊はたくさんいますので、そのような類いのものは、自らを霊格の高いものを偽って名乗るでしょう。しかし守護霊様や高級霊のような霊格の高い霊は謙虚であり品位があります。

 

このような邪悪な霊は言葉巧みですから一見分からなく感じますが、よく聞いていれば違和感を覚える節が出てくるはずです。このあたりが、ひとつの判断基準になると思います。

 

結局のところ真偽を確かめるのは、その会話などや雰囲気から真意を導き自分で判断することが最善の方法ではないかと思います。詮索しようにも「あなたは誰ですか?本物ですか?」ぐらいしか聞けないですから‥。霊能者がたとえ守護霊様ですよねと問いかけても、真実はわかりません。

 

先ほど私の話しを出しましたが、話していたら本当に分かります。これはケースによるかもしれませんが、真理を語られてやっぱり愛があるんです。

 

守護霊様との会話の一部を紹介しますと、「あなたには四角に見えるかもしれないが、子供には丸に見えるかもしれない、でもそれが丸が正しいかもしれない」みたいな言い方をなさられます。あくまでも私と守護霊様との色々な会話の一部なので、分かりにくい内容かもしれませんが実際に会話した部分でして、このような感じで真理を伝えて頂いてきました。

 

だいたいですが、守護霊様のようなそんざいは遙か(はるか)何百年前に地上界の経験をお持ちだったりしますので、現代の文明のことを何でも知っているかというと疑問な部分がでてきます。その人の守護霊様にもよりますが、およそ昔の人のようなイメージを持つと良いかと思います。

 

 

守護霊や高級霊を見分けるポイント

 

 

今回はとても短いお話で終わるのですが、霊とお話ができる人や霊能者や霊媒師などの占いや鑑定に行かれる人は覚えておいて下さい。

 

これは確信して言えることなので‥。

 

守護霊や高級霊は、絶対に指示や命令はしません。

 

これには霊的な法則がありまして本人の自由意思を妨げることはありません。方向付けしてくれても、最後はあなたの判断に委ねるのが原理原則だからです。

 

それが間違いだと分かっていても静観なさられます。

 

 

さいごに

 

 

今回は大変短いお話になりましたが、このことはぜひ覚えておいて下さいね。

 

守護霊様や高級霊は命令しませんので、お告げでも何でも命令や指示があるようなら信じるべきではないと断言できます。

 

簡単でしたが、これが一番分かりやすい守護霊様や高級霊の見分け方でした。

 

以上です。

 

 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

こちらのバナーをクリックしてくださると、管理者の励みになります。


にほんブログ村


スピリチュアルランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください