死後の世界

ペットの死について|死後に会えるのか

自分の身内のように愛してきたペットが死を迎えると、身内同様なのでそのショックも大きいと思います。愛しているからこそ愛していたからこそ、また会いたい気持ちは同じですよね。そこで最愛のペットが死んだ場合、いわゆるあの世で会えるのかということと、参考までに憑依したペットの話しもあわせて説明いたします。

 

 

自分が死んだときにペットに会えるのか

 

 

はじめに、この記事は短いので1分で読めます。

 

このペットに関する記事は直接体験がありませんので、私の霊媒体験と照らし合わせてもっとも信用する霊的専門書からの内容を主体として、実際にペットが憑依した人子どもを見た経験も含めて書いていきます。

 

最初に、これは人間も動物も同じなのですが私たちの死後も愛というのは絶対真理なのですね、ペットだから人間が他界して霊になれば消えるのか違う世界にいってしまうのかを説明させて頂きます。

 

答えから申しますと、自分が愛したペットに自分の死後会うことはできます。会うだけでなく霊になった世界では、ずっと一緒にいることができます。

 

ただし、愛されていなかった動物たちは人間のような意識をもっていないために、霊界ではひとつの集合体のようになっていくそうです。

 

といいましても、動物とて亡くなってすぐに霊界のような世界にいくことはないようです。これは、どのようなことかハッキリわかりませんが、あとで少し触れます子どもに憑依した動物霊の体験を参考にして下さい。

 

なぜ、愛されたペットだけが霊界で会えるのかといいますと、おそらく人間とともに生活していたために、人間との感覚が残る所以だと思われます。

 

ペットが亡くなって、自分がその何十年後に亡くなったとしても会うことはできます。探すのに苦労するのかというと、霊の世界はそのようなものではないので安心して下さい。ただし自分の死を受け入れて、未成仏にならないようにしたほうがいいのではないかと思います。

 

少し話がズレますが、霊というのは思念の世界になりまして地上界にいてる私たちに邪霊などが悪さをするのは、人の思考や波長を察知することからなのです。このように人間のように五感とくに目を使って探すということがないんです。(これは書物でなく事実です)

 

簡単にいいますと、感覚のようなもので存在を察知できるように思って頂ければいいとも思います。だから探さなくても、おたがいが察知できるわけなんです。

 

ここでは、あまり専門的なことは控えますが霊の世界というものはそういうもので、たとえば夫婦で関係が破たんしていたら、長く一緒にいても離れ離れになります。逆に愛があれば死期がちがっても再会できるわけです。

 

探さないといけない場合は、それに詳しいものが存在します。まったく人間の世界と同じような環境の部分があるのです。

 

 

子どもに憑依した動物の霊

 

 

道路で事故にあった動物が息絶えている姿を見たことがあると思うのですが、かわいそうと思ったらダメというようなことを聞いたことはありませんか?

 

そのように、かわいそうと思うと亡くなった動物が付いてくるという話ですね。これは、実際に本当の話しで付いてきます。人が亡くなった現場でも感情移入してしますと同じことが言えるわけです。その気持ちの思い方にもよるのは当然ですが、付いてきやすくなるといった方が正しいかも知れません。

 

これが少しヒントになると思うのですが、自分が気持ちを向けると動物との波長というのか繋がるんです。だから愛しているほど繋がったままになるわけです。

 

そこで子どもに憑依した動物の霊の話しを少し触れますと。あれは夜中の1時も過ぎたころでしょうか。まだ寝る前だったので鮮明におぼえています。

 

いきなり四つん這いの状態できたので、最初はきづかなかったんですね。それで台所に近い柱のところまできて、動物がするようにいきなり柱を上下に引っかきだしたんです。ほんと、そのさまは猫が柱を引っかいている状態です。

 

多分ですが、目はつむったままだったと思います。声をかけて寝るように言うと、すぐに寝室に行きましたが、正直ゾッとしたのが本音でしたね。

 

話しによると、その子どもが可愛がっていた猫かウサギが数年前に亡くなっていたそうです。おそらくそれが原因だと思いますが定かではありません。外で亡くなった動物をかわいそうと思ったのが付いてきたかは不明です。

 

このように、動物も亡くなったらすぐ消えていくものではないようです。人間のように自分が死んだことを理解するとかはないので、どのように霊として他界するかは不明です。でも一定期間は亡くなっても存在してそうです。

 

 

さいごに

 

 

いまペットロス症候群の人も増えているそうなので、この事実を知って頂いて少しでも心休まればと思い書かせて頂きました。

 

みなさまご存知かと思いますが、ペットロス症候群とは、ペットとの別れなどというストレスが契機となって発症した精神疾患(症候群≒病気≒疾患)を言い、精神症状に付随して身体症状を伴う場合も少なくない。 最近、このような精神的・身体的障害が起こる原因として、飼い主のペットを伴侶動物(コンパニオンアニマル)としての位置づけが挙げられている。(Wikipedia引用)

 

かならず将来会えますし、推測になりますが人間と同じような道をたどるなら姿がないだけで、そばにいてる可能性が高いということを理解してもらいたいと思います。ここは私見ですが近くにいてる気がしますし、あなたが死を迎えるまで亡き姿で寄り添っているのではないかと思います。

 

では、この辺で終わらせて頂きます。いい知らせの追記ができるようであれば随時加筆させていただきますので、よろしくお願い致します。

 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

こちらのバナーをクリックしてくださると、管理者の励みになります。


にほんブログ村


スピリチュアルランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください