Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/itoken5/itoken5.com/public_html/wp-content/plugins/search-console/includes/Api.php on line 59

Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/itoken5/itoken5.com/public_html/wp-content/plugins/search-console/includes/Api.php on line 60

Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/itoken5/itoken5.com/public_html/wp-content/plugins/search-console/includes/Api.php on line 61
プロフィール|イトケンのスピリチュアルブログ
Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/itoken5/itoken5.com/public_html/wp-content/plugins/search-console/search-console.php on line 220

プロフィール

こんにちは、伊藤健ことイトケンという名称で運営させて頂いています。

出身地: 大阪府

ステータス: 自慢できるものナシ

オーラの色: 白(らしいですけど真偽のほどは不明)

性 格: 単純で一途・怖いもの知らず

人生の目標: 利他愛主義に徹すること

霊的な能力: 霊媒に憑依した霊と話すこと、単独ではそれに付随した感覚を持つ

関係する神仏: ガネーシャをはじめとする諸尊

霊能力行使: 基本的に神仏の御力を借りての対処を主とする

尊敬する師: 鑑真和上・弘法大師

宗教宗派: 真言密教中心ですが山岳系も少し。。。

霊的補助具: ダウジング・ペンデュラム(霊媒を使わない時)

趣 味: 読書・神社仏閣巡り・映画鑑賞

好きな国: ハワイ

行ってみたい国: インド・カンボジア

 

私の霊的な経験といいますと『霊媒体験』メインになりますが、いままでこんなことを人に話したら変に思われると思いブログ開設まで封印してきましたので、スピリチュアルの本格的なことは2018年から始動です。

この『霊媒体験』といいますのは「人に憑依した霊と会話」をしてきたわけですが、浮遊霊や悪霊といわれるような未浄化霊から自殺した人の霊や生霊のほかに先祖霊や守護霊・仏様といった形で関わってきたものは様々です。

そのなかで一番長く接してもらえたのは守護霊であり色んなことを学び、この見えない世界のことを勉強させていただいたともいえます。

これまでは不動明王様の真言も知らないなかで、不動明王真言を唱えることなくお願いすれば除霊などの霊的な対処が普通に出来ていた経緯をもちます(;゚ロ゚)

いまは、ちゃんと唱えています。。。

スピリチュアルも経験や相談が増すごとによって、2021年初夏より不思議と対処に必要な様々な神仏との御縁を授かり、衆生救済(故人含む)のために御力を貸していただけるようになりました。

当然ながら、行使することによる霊障だったり魔物などから受ける弊害から守護いただくために特殊といわれる神仏との繋がりも授かっています。

なお当ブログは人の役に立つことがメインであるため、神仏と関わってきた記事については神仏名や内容は黙することを基本としています。

このような経緯から発信していきますので、スピリチュアル系なことをやっている人たちの真偽は別として横並びな情報が多い世界ですが、あくまで経験に沿っての発信になりますので違った角度からの発信になると思います。

基本的に他者のブログや書籍には一切興味がなく、引用が多いスピリチュアルな世界で経験したことだけを中心に書いていきますので、情報が真逆になったりウソと思われることも多々あるかもしれません。

(※ただしスピリチュアル的な用語などはネット検索で調べてから引用しています。)

当ブログでは多数の人の注目を集めるよりも、たった一人でも役に立つことが出来たり霊的な成長につながれば本望である思いから運営しています。

なお当サイトにおいては霊的真理に沿って運営していきますので、霊能力鑑定や宗教勧誘・パワーストーンや霊能グッズ販売などといった営利目的とする本来のスピリチュアルから逸脱した行為を行なうことは一切ありません。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました<(_ _)>