自殺・自殺霊

自殺しても救われない事実

 

苦しくて辛くてこの場から逃げてしまいたいと思ったり、生きていても仕方ないと思いこんだり、自分は必要のない人間だからとかの理由で自殺を考えたり、いずれ死んでしまおう消えようとタイミングをみている人も少なからずいてると思います。でも自殺をする前や自殺を考えている人に死んだら真っ暗闇の世界だよってことでなく、自殺しても救われない霊の世界が待っていますという話です。

 

 

自殺に成功しても残念な報告

 

 

自殺することに他人は勇気あるとか生きてればいいことあるのにとか勝手なこといいますが、そんなこと自殺を決意した人にとっては痛いとか怖いなんて思考や眼中にないものですよね。

 

でもそのなにも見えなく突き進むパワーって人間本来が持ち合わせている凄い潜在意識なんですけど、死を目の前になってそのパワーを発揮してしまうのも少しもったいなく感じるのは私だけかも知れないですが‥。

 

まあこんなどちらでもいいことは置いといて本題に戻ります。

 

自殺する人がいまの苦しさや辛さとか生きることに価値を感じなかったり死を選ぶ理由は様々ですが、自殺する人すべてに当てはまる残念なことを報告いたします。

 

自殺する理由はどうであれ、自殺に成功していま生きている世界から消えることができたのに苦しみ辛さ生きる価値を感じなかったなど様々な理由から解放されたと思ったのに死んでも消えないではないですか。

 

ほんとうに残念なお知らせなのですが、死ぬって肉体が無くなるだけで悲しいかな魂は生き続けてしまうんです。

 

それも人間としての肉体が無くなるから、思考や思いの念が強くなってしまって死ぬ前より苦しく辛いことが倍増したり生きる価値を感じなかった気持ちも消えないどころか不自由になってしまうだけなんです。

 

自殺して魂も死ぬのなら死を選んだことが大正解のはずだったのにウソではないです。

 

 

どうであれ自殺したい消えたい人に

 

 

ここはぜひ読んで欲しいこと

 

自殺を決意してる人にあーだこーだ説明しても意識や気持ちは変わらないと思いますのですが、ここだけは分かってもらってから行動して下さい。

 

それは死を意識したり追い込まれた精神状態のときには自分の意思だけと思われている方がほとんどだと思いますが、そうではないってことを理解して欲しいのです。

 

いいますのは、精神が追い込まれたとき沈んでしまったとき決意したときには必ず見えない邪悪な者のチカラが働いていることです。

 

いうなれば死んでるアカの他人(霊になるのですが)に意識を操作されて自殺することに拍車をかけられてしまうということです。本当に腹立たしいことなのですが事実なんです。

 

もし死んでからその事実が分かったら自分の意思だけではなかったとしたら、その知らない悪霊といいますか知らない他人にそそのかされてなんて、私なら死んだことに後悔残りますし腹立たしい気持ちはマックスになります。

 

だから発作的に突然電車に飛び込んだりビルから飛び降りたり首を吊ったり惨めな死に方をしてしまうんです。死ぬのでも遺書かいたり段取りを取りたいものです。

 

だから死ぬことを決意したなら無理かも知れないですが、一旦やり残したことをやり遂げてから死の世界に進むことをオススメします。

 

見ず知らずのアカの他人(それも死んでる霊)に意識を操作されて死ぬなんて絶対やめていただきたいと思います。

 

 

自殺の心得

 

 

自殺を選択した人ってかなり視野が狭くなっていると思うので、死ぬ前のことについて遺書とか生きてる時のことは書きません。余裕もないでしょうし、そんなことは他のサイトでも参考にされたらと思います。

 

で、こちらでは死んでからについて説明します。

 

自殺の心得

①自分で自分を殺すので死後に悔い改めさせられる日々になる

➁自殺しても死後直後の姿ではない

➂真っ暗闇の世界にいくことではない

④みんながいてる階層に行くまでに何百年何千年かかる場合もある

⑤死を選んだときの気持ちが倍増するので生きてる方がマシであるのは絶対間違いない

⑥彷徨えるが苦しさがともなう

⑦自殺しても苦しまず救われる場合がないことはないが稀である(例外中の例外のみ)

⑧自殺しても肉体がないだけで今の延長になることは理解すること

 

 

さいごに

 

 

以前書いた「自殺したら死後どうなるのか」と少しダブる感じではありましたが、要約版のような感じで作成しました。

 

 

 

 

 

こちらのバナーをクリックしてくださると、管理者の励みになります。


にほんブログ村


スピリチュアルランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください