死後の世界

愛する人が亡くなった時、どう向き合っていけばいいのか

愛する人が亡くなってしまったら、正直受け入れれないと思います。私も恋人を数年前に失くしました。どう向き合っていけばいいのか分からなくて当然です。辛くて悲しくて寂しくて‥。愛する人は亡くなっていまどこにいるのか、どうしてあげるのがいいのか、愛する人にもう一度会いたい気持ち、立ち直れない気持ちを解決するには、どうすればいいのかを説明します。

 

12月30日一部追記させていただきました。

 

私が愛する人をなくしたときのこと

 

 

数年前のことになりますが、いま思い出しても苦しく悲しくなる出来事です。

 

 

最後に会った2日後に彼女は亡くなりました。

 

発見は3月の中旬で友人から連絡が取れないとのことで彼女の家に行きました。亡くなってから3日が経過していたことになります。

 

電気はついたままで布団の上で冷たくなっていました。

 

そうです、第一発見者ということになります。彼女の顔を触りましたが冷たくて亡くなったことを確信しました。声をかけても微動だにしません。

 

すぐに救急に電話しましたが、その後警察がきて検死がはじまり遺体は司法解剖にまわすということでした。

死亡原因は、睡眠薬の大量摂取による自殺

 

そのときは実感がわいてくるのが遅くて、泣くこともなく茫然としていたように思います。

 

日にちが経つにつれて辛く悲しみが襲ってきました。毎日のように大量にお酒を飲み泣いていたことを思い出します。気力もなく、ただ毎日泣いていました。

 

自分を責めたり後悔もしましたし、死を受け入れ立ち直るまでに長い時間がかかりました。

 

いまでも亡くなった時期になると、その姿も鮮明に思い出しますし精神状態もあまりよくありません。

 

でも、どれほど辛いと思っていても必ず風化するというか薄れていきますし、亡くなった相手のためにも少しずつ距離を置いていくことは大切なことです。

 

 

 

愛する人は、いまどこに‥?

 

 

 

いまどこにいるの‥。愛する人が亡くなったら誰もが思うことですよね。

 

ここでは無いと思いますが、もしあなたが亡くなった人を愛していなければ、その人は彷徨い続けることになり近くにもいません。

 

愛していたからこそ・今も愛しているからこそ、あなたの近くにいます。

 

見えないだけで、いつもと変わりなくそばにいています。たまに友達のところに行ったりすることもあるぐらいです。

 

子どもなら幼稚園や小学校に行ってることもあります。

 

あなたが悲しみのどん底にいたり抜け殻のようになっている姿を、とても心配そうに見ていることをとても多く感じます。

 

亡くなり方も様々ですが、本人は元気な時の姿でいています。亡くなったあとや亡くなる寸前の姿でないことの方が多いです。

 

この姿というのは、見える人が見た姿とか幽霊になった時の姿のことです。

 

この姿については、死後の想念が関係しているように思います。

 

近くに居てるというのは、気休めでも何でもなく実際そうだからです。

 

 

どうしてあげるのがいいのか

 

 

 

ずっと思い続けて愛してあげることがいいのですが、つらいですけど成仏してもらわないといけないのも事実です。

 

一般的には49日がくると成仏するといわれていますが、その多くは成仏されていないように思います。お迎えがきてすんなりと成仏する人やお迎えが来なかった人、また残された家族や恋人が心配で旅立てなかったりするというのが現実なところです。

 

そのなかでも、幼い子どもの魂は比較的成仏が早いと感じます。それは、どんな子どもであっても素直で純粋無垢であるということからです。

 

 

では、どうしてあげることがいいのかを説明します。

 

愛する人が亡くなるということは、辛くて悲しくて寂しい感情が長い期間消えないので分かっていても、そこまで考えれないのが普通だと思いますが、辛いという気持ちを切り替えていくことも大切かと思います。

 

そこで、少しずつでも下記のことを実行していって下さい。

 

①自分たちは、「もう大丈夫」だと故人に安心してもらう

➁ある程度の期間(3年ぐらい?)を目途に、故人の写真や使っていた物を直す

➂つらい・悲しい・寂しい感情を風化させる努力をする

④酒・タバコ・甘いもの・故人が好きだったものを供えるのを控えていく

⑤故人が心配しそうなことをしない

 

➁の期間は個人差があるので「?」にしましたが、いつまでも現世に執着してしまうものがあると一生懸命成仏するために供養しても、現世の想いから成仏しにくくなります。

 

➂の感情を風化させることなんて考えれない出来ないというのが普通だと思いますが、信じられないですが時間がそうさせてくれる時が必ずきます。そのためにも後の章にて説明します。

 

こう書きましたけど、いつまでも忘れず愛してるまま思い出したりしてあげることはしてあげて下さいね。

 

 

もう一度会いたい気持ちは、どうすればいい

 

 

皆が皆、愛している人にもう一度会いたいという感情が普通です。

 

でもほとんどの多くの人が、亡くなってしまった愛してる人の姿すら見えません。

 

でも見えない感じないだけで愛する人は、あなたのそばにいてます。

 

姿でも見えれば声だけでも聞ければ‥‥。これも残された者やあなたの成長のための修行なのですが、違うかたちで愛する人が存在を知らせてくれる場合もあります。

 

よく聞く現象を簡単にまとめて書きますので参考にして下さい。

夢にでてくる、故人の匂いがする、気配を感じる、触れられている感じがする、電気の不具合、偶然に故人と関りが深いものを見たり好きだった音楽が流れる

 

愛する人の想いが強いと、誰か人の口を借りてメッセージを送ってくることもあります。

 

分かりにくいので見過ごしてしまいがちですので、意識していることは大切です。

 

様々な感情や想いなどから死ねば会えると思って後追い自殺される人もおられますが、結論から申しますと自殺してしまうと会えなくなってしまいます。

 

自殺するより寿命まで生きて亡くなる方が、愛する人には早く会えます。言っておきますが、人それぞれの寿命が80年とか100年といわれていますが、長く生きるとは限らないので早く会えることも十分あるということです。

 

 

立ち直れないときは、どうしたらいい

 

 

 

愛する人が亡くなってしまえば、なかなか立ち直れないと思います。

 

深い悲しみ、辛い日々、寂しい思い空虚感など様々苦しい日々を送らないといけなくなってしまいます。

 

私の経験からも思いますが、悲しい感情は表に出して泣いてください。涙が枯れるほど泣くことです。

 

ショックで寝れなかったりもするでしょうし、精神的にも追い込まれるかもしれません。

 

でもですね、亡くなった愛する人がその姿をみたら心配もするし気が気でないのも分かってあげて下さい。悲しいのは自分だけでないことを‥。

 

私たちは生きているので五感が働きますが、死んでしまうと想念がメインになってしまって気持ちが逃がせなくなるんです。

 

愛する人(故人)は伝えたくても気持ちも伝えれないし、その姿を見て悲しむしか出来ないんですよ。私たちは故人に言葉を投げかけれますし、思いは故人に伝わります。

 

無理なのは分かってますが、たくさん泣いて感情を表に出して1日も早く愛する人が亡くなったことを受け入れてあげて下さい。

 

 

愛した人、愛してた人に死んでから会えるのか?

 

 

神霊界というのは思念の世界と言いわれ思いが強くなる世界ですが、その一方で愛や心の世界でもあります。

 

結論から申しますと、大切な恋人、伴侶、愛おしい子ども、大切に育ててくれた親など愛する人とは必ず会えます。

 

神霊界では、愛というのは絶対なのです。再会できる日まで寿命を全うし現世を悔いなきように生きて下さい。人間の人生は長くても100年ぐらいでしょうし霊になってからの方が何十倍も何百倍も長く過ごすのですから‥。

 

霊の世界からすれば私たちが過ごす人間界は、ほんの一瞬なのです。

 

悲しさや会いたいあまりに後追いして自殺される人がおられますが、決して後追い自殺はしないで下さい。それこそ自分が死んでも自殺すれば愛する人に会えなくなってしまいますので。早く会いたければ長く感じるが短い人間界で寿命まで生きることが最短で会えます。

 

自殺すれば自然死レベルの階層(霊界)ではなくなってしまうからです。幽界もしくは人間界より下の世界になりますので思念を改めるのに相当の時間がかかるためです。

 

たとえ愛する人が自殺したとしてもです。霊界は思念が中心の世界で階層も幾階層にも分かれていますので、寿命を全うしたあなたが霊になったときに自殺して苦しんでる愛する人に手を差し伸べて上げないといけない立場になります。それほど自殺した人を死後の世界で救うのは大変なことです。救うというのは幽界から霊界へ引き上げることです。

 

 

まとめ

 

 

愛する人が亡くなっても、そばにいてることを忘れないで下さいね。

 

死を受け入れて、少しでも早く成仏できるようにしてあげることも大切です。

 

つらい・悲しい・寂しいのは自分だけでなく故人も同じだし、もしかすると故人の方が強いのかも知れないということです。死後の世界は思念が強くなる世界なので、あなた以上に辛い・悲しい・寂しい・心配の思いが何倍にもなっていることは間違いないです。

 

信じ難いでしょうが、少しずつ僅かかもしれないですが時間が解決してくれる、風化することがあるということです。

 

故人のために、故人の分も生き抜くように前向いていって下さい。それが故人が喜び安心して成仏できます。

 

故人の死をムダにせず、プラスに変えられることを祈ります。

 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのバナーをクリックしてくださると、管理者の励みになります。


にほんブログ村


スピリチュアルランキング

POSTED COMMENT

  1. イトケン より:

    DooR様

    こんばんは。私もこうしてご連絡いただいていることは、ご主人様が導いてくれてるのではないかと思います。

    ブログのなかに写真や遺品を3年以内ぐらいに片付けるという意味については、一般的な話になるのですが亡くなられた人の多くが、この世という人間の世界に未練をもつことから成仏の観点を考えて説明させて頂いているものです。各々の環境や故人の性格や感性がちがうので目安と思っていただければいいと思います。

    ※写真や、遺品、洋服、夫の使っていたものなどのほとんどを処分したり片づけたりする中で、少しくらいは残しても問題ないものでしょうか?

    ➡処分といいますより見えないところに片付けることで大丈夫ですし、部屋のなかに少しぐらい飾ったり自分の所持品(形見)などで持つ分には何も問題はありません。
    あくまで故人が未練を断ち切れるようにしてあげれればいいので、極端に考えなくても大丈夫です。よく亡くなったままの状態で10年以上そのままという方もおられるようですが、やはり霊の世界でお迎えが来ても意識が生前のところから離れにくくなるので、成仏を考えてあげれば片付けた方がいいと思います。ひとつの例えで説明しますと何かの強い念を持った霊が現世から離れずに恨んだり呪ったりするのも然り、生前の財産や物質的なものにしがみついてとどまったりといった者たちがいるというような極端でないにしても同様の観点からです。

    ※夫の事を思い出さない日はない程、心にはずうっと夫が居ますし、ツインソウルだったのではないかと思えるほどの相手だと思っています。(感覚的な事ですが・・・)
    なので、たくさんのモノを処分したからと言って夫が心の中から消えるとは思いません・・・。

    ➡お気持ちは痛いほど分かります。
    私も何となくですが、文面や感覚からツインソウルのような強い繋がりを感じています。「モノを処分したからといって、夫が心から消えることはない」と仰られるのは、まさしくその通りだと思います。モノはあくまで現世限定の物質であり、極端に言えば人間の肉体も衣服のような物質でしかないのです。

    抱き枕については、気が済むまで何年でも何十年でも使われていても大丈夫ですよ。何もかも処分しなくてもDooR様のご主人様は理解してくれるはずですし、霊的な世界においても何ら問題はないと思います。

    ※少しずつ自分のペースで夫が安心できるようにしていくしか今は出来ないのですがそれで問題ないでしょうか・・・。

    ➡全然問題ありません。
    ご主人様もきっとDooR様のお気持ちを一番に考えてくれるでしょうし、何よりの供養はDooR様が一日も早く元気になることです。難しくは考えなくていいですし、生前のご主人様ならどう考えてくれるかなぁってことを基本にすれば大丈夫です。

    沢山の質問なんてとんでもないです。不躾などと思っていませんが、それより毎度私の説明が下手で申し訳ありません。
    それとコメント欄は不特定多数の人が見られますので、よろしければ「お問い合わせ」から捨てアドで構いませんので、そちらもお気軽に利用して下さいね。

  2. DooR より:

    イトケンさま。丁寧なお返事を有難うございます。
    こちらにたどり着いたのもこういうことをイトケンさまに教えてもらえるように主人が計らった気がしてなりません。
    文面の中に、個人の写真を3年内くらいで片づける、とありました・・・。今我が家は夫の写真をたくさんコラージュして飾り、夫の遺品をガラスケースに沢山収め、遺品にまみれて暮らしています。イトケンさまの文面を読んで、ふと脳裏に5年と浮かびました・・・夫の病気のファイルの処分をするにあたり、お世話になった在宅のナースさんから5年保存して処分するといいよとアドバイスをもらったこともあり・・・。
    5年が節目かもしれないなと・・・。写真や、遺品、洋服、夫の使っていたものなどのほとんどを処分したり片づけたりする中で、少しくらいは残しても問題ないものでしょうか?
    夫の事を思い出さない日はない程、心にはずうっと夫が居ますし、ツインソウルだったのではないかと思えるほどの相手だと思っています。(感覚的な事ですが・・・)
    なので、たくさんのモノを処分したからと言って夫が心の中から消えるとは思いません・・・。
    いつかは抱き枕も処分した方がいいのかも?と思っています。
    少しずつ自分のペースで夫が安心できるようにしていくしか今は出来ないのですがそれで問題ないでしょうか・・・。
    沢山の質問、本当に不躾に申し訳ありません。

  3. イトケン より:

    DooR様

    こんばんは。まず利用者様たちの虫の知らせが来たりするのは生と死の狭間にいてますので比較的感じやすいのかもしれませんが、それでも人の死期が分かるというのは鋭い感性をお持ちだと思います。ご主人様の気配が分からないのは、たしかに感情が邪魔するものがあるかもしれませんが普通の霊体になると少し感じにくくなるものです。霊能者と呼ばれる人たちは別としまして、感知しやすいのは波動が比較的低かったり死期間近の状態が容易なものです。

    ※気配は感じられないけれど、夫の誕生日の数字は良く目にします。車のナンバーでよく見ます。命日ではなく生きていたころの誕生日です。これも一緒に居るよ、そばにちゃんと居るよのメッセージでしょうか?

    ≫≫先日に少しお伝えしましたが思い出や記憶の故人との共有というものがあったり、何年も前に亡くなっているのに急に存在をよく思い出したりするのは故人からのシグナルであったりします。ご質問の数字についても偶然ではないといえますが、DooR様の意識やご主人様の念が引き寄せてるから見ると思いますが確かなことは言えません。ただ、これまでの文面からしましても霊的な結びつきが強いようなので、無意識のなかで起きることがご主人様のメッセージである可能性は高い感じがします。

    私が様々な故人の霊の存在を知る一番の方法は体感することなので、DooR様も霊感がおありなので私のように体感することも視野に入れてもいいかもしれませんね。ご主人様のことを念じて「いま近くにいてるの?」「○○さん」などと問いかけてみて下さい。すると瞬時に背中から肩にかけて毛が逆立つような感覚や腕に鳥肌が立ちます。これにも条件があって相手の霊が同意しないと来ないこともあるのですが、DooR様とご主人様の関係では問題ないです。(この体感の部分は誰にでも出来ると思います)

    あと枕にご主人様の洋服を着せて一緒に寝てるそうなので、毎日寝るときに心の中で大丈夫なので「一緒に寝よう」「一緒に眠ってよ」とお声を掛けるといいですね。その方がご主人様に伝わり来てくれるのでおススメです。

  4. DooR より:

    早速のお返事に感謝いたします。介護士になってからは虫の知らせは良く利用者さんから来たりしていましたが、こと、夫の事になると全く気配もつかめずに居ます・・・。悲しみが深すぎるとアンテナが曇ってしまうのでしょうか?夫は穏やかな人で、癒し系でした。一緒に居るとホッとできる、いい意味で言えば酸素のような・・・安心して息が出来る、そんな存在でした。だからなのか、家に居ても本当に側にいてくれてるのかな?って思ってしまうのです。
    今、寝室には夫の洋服を着せた抱き枕をおいて一緒に眠っています。それは夫が

    夜10時に会いに行くから=毎晩一緒に眠ることがずっと今までの当たり前の一番の幸せだったからと言う意味だと思っていますし、夫の服を着せた抱き枕をあなたの寝ていた場所に置くから時々は来て一緒に眠ってよと言ったことがあり・・・。
    気配は感じられないけれど、夫の誕生日の数字は良く目にします。車のナンバーでよく見ます。命日ではなく生きていたころの誕生日です。これも一緒に居るよ、そばにちゃんと居るよのメッセージでしょうか?

  5. イトケン より:

    DooR様

    はじめまして、コメントありがとうございます。
    ご主人様が他界されて5か月ということは、まだまだ毎日が苦しい状況だとお察しいたします。お亡くなりになる前のお言葉に対しての説明からさせて頂きます。

    ※「俺、毎晩夜10時に会いに行くからな。もし用事で家に居ないときは仏壇(実家にあります)にいついつ居ないからって言いに来てな」

    ➡とても優しく奥さま想いのご主人様だったようですね。夜の10時と仰られたのはDooR様の手が空く時間なのかと感じました。私の個人的な感覚は置いておきまして、DooR様が家に居ないときは思念で伝わりますので、心で思ったり念じれば大丈夫ですから仏壇に向かわなくても問題ありません。

    ご主人様の声が聞こえたということについては肉体がなくなりますと発声するということは困難になるのですが、霊の世界は不思議なものでDooR様の霊体と申しますか霊感というものがテレパシーのように察知することは十二分に考えれるもので、そのようなことは現実としてあるものです。これを簡単に説明しますと、普段日中に霊の存在自体が感じにくい人でも睡眠中や目覚めたときに夢などで存在の何かを感じたりするのは、普段肉体が邪魔をして霊体(魂)の感度を鈍らせるために睡眠という状態が絡むと霊として覚醒を起こしやすいからです。

    再度書きますが、ご主人様はDooR様のことを思われているようですので「側にいるよ」というメッセージは現実のものです。このようなことは信じることによって、少しでも距離感が近くなることも本当のことです。思い続けて側にいてくれていることを信じていれば霊感があるのでしたら、さらに感じやすくなります。ただし夢もそうなのですが何かしら感じることができていても、突然に遠ざかることも霊の世界では普通ですので時間が経てば戻ってきてくれます。念のため、いまご主人様は痛みも苦しみもなく軽やかな状態になり、DooR様のことだけを案じられているようです。いろいろな思い出が浮かぶのも自分一人のことではなく、ご主人様と共にということが多いものです。

    私が普段よく感じるものを参考程度にお伝えしますと、無風状態での物音や物の落下・植物の葉の揺れ・匂い・部屋の空気感や明るさの変化・気配などのほかに鳥肌が立ったりすることがあったりなどです。感じ方は人それぞれですが、故人は何とかメッセージという形で伝えたいことが多いので想いを送り意識してあげてくださいね。

  6. DooR より:

    はじめまして、コメント失礼します。
    夫が希少癌で亡くなって5ヶ月になります。死後のことをたくさん調べていて、こちらにたどり着きました。
    亡くなる前に、
    「俺、毎晩夜10時に会いに行くからな。もし用事で家に居ないときは仏壇(実家にあります)にいついつ居ないからって言いに来てな」
    と言い残しています。四十九日前の夜中、3時前でした。
    ふと目が覚めて、夫が眠っていた方へ眼をやった時に、
    「ふーーーーーーーん・・・」といつもの夫の深い寝息が聞こえてしまったことがありました・・・。姿は視えなかったけど、確かに聞こえました・・・。この時はまだ、引っ越す前で、結婚してずっと暮らしていたマンションでの事でした。
    その後、夫が私の為に用意してくれた新居へと引っ越しを済ませた後の事ですが、夢から覚める夢うつつの時に、夫の声で
    「いってらっしゃい」という声が玄関から聞こえました。
    こんなことってあるのでしょうか・・・。
    霊感はゼロではないと思いますが、泣き暮らす私を案じて、
    側にいるよと分からせようとしているのでしょうか。そんなことが本当にあるのでしょうか・・・・。

  7. イトケン より:

    きよき様

    コメントありがとうございます。
    お母様が亡くなられて1ヶ月ですと、とても寂しいと思います。

    しかし記事にも書いていますように亡くなられてビックリされるほど身近にいてくれるものですので、きよき様がどのようにお過ごしなのかもご存知です。それと私もオレンジ色の光(日差しのような色と形)を数カ月前に見ましたが嫌な気配は全くしなかったので、こちらについては断言はできませんが同じものですとお母様ではないかと思います。

    亡くなられた方が同じ様に思うのが、死んだけど死んでいない自分の存在を知って安心して欲しいとか大丈夫と願って伝えたがるものです。

    きよき様が前に進んで一生懸命に生きようとするお気持ちは、誰よりもお母様が喜んでおられることが伝わってきて書きながら涙が止まらなくなりました。とても大切にされてきたのですね。少しでも記事がお役に立てましたことが嬉しく思います。

    こちらこそありがとうございました。これから寒くなりますが、お身体大切にお過ごしください。

  8. きよき より:

    偶数こちらのサイトに辿りつきました。

    母を亡くして、そろそろ1ヶ月が過ぎようとしています。母を毎日考える日々で、現実にもう会えないと思うと寂しさでいっぱいです。

    亡くなってもそばに居てくれていると思うと、少し心が救われる気がします。

    1週間前に不思議な現象が起きました。寝ようと思い、部屋の電気を消したら、一瞬で電気がパチッとついてすぐ消えました。怖がりの私は思わず「ギャー」とかなり大きな声で叫んでしまいました。もしかしたらお母さんだったのかなとその後すぐ思いましたが、あまりに私の大きな声と驚きに母はびっくりしたんじゃなないかなと思います。

    その翌日は就寝前、電気消してベッドに入ったら、オレンジの光(30cmぐらい?)を天井、電気の横で見ました。目の疲れなのか、母なのか、何か伝えたかったのかなぁと思いますが… 今でも分かりません。

    とにかく前に進んで、一生懸命生きようと思います。いづれ亡くなった人にも会えるという文面見て、気持ちが楽になりました。

    ありがとうございます。

  9. イトケン より:

    しはん様

    コメントありがとうございます。

    しはん様の大切な人も気にかけてくれているようですね。
    しっかり供養されていたり大切に思ってられるほど気配や匂いは感じないものですので、少し寂しいですが良い状態にあると思って下さい。 
    夢に出てきてくれているのは実際は会えている状態でもあるので、大切な人も想ってくれているということです。

    メッセージを人の口からやテレビ・2人が好きだった音楽を偶然のように耳にしたりということはあると思います。
    これからも大切な人の供養を続けられつつ絆をつなぎ、自分がこの世を去る時がきたときに再会を楽しみにしていて下さいね。

    少しでもお役に立てましたことを、とても嬉しく思っています。
    こちらこそ貴重なメッセージをありがとうございます。

  10. しはん。 より:

    大切な人を亡くして半年が過ぎました。

    前を向いて歩こう。
    そう思ってはいますが、彼との出来事を思い出しては泣いてしまい、居なくなってしまった事に泣いてしまう。そんな日々を過ごしています。
    何とかして早く彼の元へ行きたい。
    そう思う事もあります。

    そんな時にイトケン様のブログを見つけ、亡くなっても側に居てくれている。
    私の想いは伝わっている。
    辛いのは私だけではない。
    そして私が亡くなった時、きっと会える。

    そう思う様になれました。

    何度か夢に出てきてくれましたが、気配や匂いを感じた事はありません。
    ただ、他の人との何気ない会話の中に彼の名字や、彼を表す内容が出て来て、ドキッとしたことが何度かあり、それが彼からのメッセージなのだとしたら、それほど嬉しい事はありません。

    イトケン様のブログに出会えて感謝しております。
    ありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください