死後の世界

亡くなった子供に会いたい|子供はいまどこに‥

先立ってしまった愛する息子や娘、予期せぬ間に亡くなってしまった子供に一度でも会いたい、会えるなら自死しても会いたいと願う気持ちだと思います。人によっては後悔の思いが強かったり・半狂乱状態になったり・気力がなくなってしまったり・子供の死を受け入れれなかったり様々な思いが強いと察します。そこで子供に会えるのか、いまどこにいるのかを説明しますので少しでも心休まればと思い書きます。

 

 

亡くなった子供に会えるのか

 

何らかの事情で愛する子供を失くしてしまうと、今後もう会えないのかについて現実的な話をさせて頂きますと、子供だけでなく人間というのは肉体が死んでも魂(霊体)は生き続けるので、会えないのではなく見えないし感じないというのが正確な答えといえます。

見えないのに会えてますとは言いにくいのですが、実際には亡くなった子供の方からは親の姿などは生前と変わりない状態で見えています。

要するに親からは見えないだけで、実は会っていることの方が多いのです。

あなたが亡くなった子供の遺影をみて「泣いている姿」や「話しかけている姿」など亡くなった子供はすべて見ていて、いまも知っています。だから想いはすべて伝わっています。

これでは答えになっていないとか理解できないと思いますので、「子供と会えているもの」について次の項目で説明していきたいと思います。

 

子供と会えているもの

 

亡くなった子供に会うということは、私たちが人間として肉体を纏っている以上は肉眼で見るということは霊能者みたいな霊能力がなければ不可能です。

といって霊能者に依頼したとしましても、霊能者には見えても当事者には見えないわけなので会えていると判断しないとします。

ですから子供の姿を感じて会うというものは、『夢』でしか会うことはできません。

この『夢』というのは非現実とか妄想と思いがちですが、それなら見たいと思い込めば見れるのではないかと思われるでしょうが実際どうでしょう。

ほとんどの人が思ったときには見れないものです。

『夢』というものを簡単に説明しますと、睡眠中に魂(霊体)は肉体を離れて霊として活動し肉体自体は特性上睡眠によって休息をとるわけです。

しかしこの『夢』ですが、魂(霊体)が戻ってきたときに少しズレみたいなものが生じるので、寝起き前に非現実的すぎる『夢』を見ることもあるのです。だいたいは、この日現実の『夢』しか記憶にないこともよくあるのです。

少しズレましたが、この魂(霊体)が肉体から離れているときに、亡くなった子供と再会することが一般的といいますか、人間的な感覚に近い子供に会う方法になるのです。

 

そのほかにも子供と会うには一般的な人の感覚では、見えたり感じることはできませんが兄弟や従妹などの幼い子供の視線や言動に注意することです。

亡くなったものは、幼い子供に見えることが本当によくあります。

この幼い子供が何もない方向に目を向けたり目で追いかけたり、また壁や天井を見て笑っていたりする時は亡くなった子供がいてる場所だったりするのです。

言葉が話せる子供ですと、一瞬亡くなった子供の言動ということもあるのです。

一般的な人ですと、このあたりが亡くなった子供に会えるものになります。

 

子供は幼くして亡くなると違う親に生まれ直すの

 

子供が幼くして亡くなると違う親の元に生まれ直すのかというと、一概にはいえませんが生まれ直さないほうが多いように感じます。

しかし流産や中絶などのようなケースでは違う親の元に生まれ直すことは多いものです。

少し厳しい言い方をしますので受け入れれないかもしれませんが、子供が幼くして亡くなるときは前世からの流れをくんでいるほうが多く、天命(宿命である寿命)であるケースが多いというのが実際のところです。

要するに前世において何らかの事情で天命を足らずして亡くなったなどの経緯があるために、再生して短い期間生きれば霊としての目的が果たされるというものです。

このほかにも子供が幼くして亡くなるのは、親の試練のために生まれてきてくれたということも少なくありません。

このことは現実的には受け入れれないと思いますので参考程度とします。

 

死ねば亡くなった子供に会える

 

答えから申しますと、間違いなく会えます。

前述しましたが、中絶や流産した子供には会えない可能性は高いです。

後追い自殺をしますと天命を全うする何倍もの期間会えなくなってしまいます。

これは自殺という思念によって波動が低くなるので、先立った子供の気配も感じることもできなければ存在も声も聞こえない状況が続くことになります。

どうしても会いたいと思うならば、天命(寿命)を全うすることが最短の方法になるということを覚えていてください。

会えるのは亡くなった子供だけでなく、先に他界した親族にも会えます。死んだあとの世界では、いまよりもずっと長い期間一緒に過ごせます。ただし夫婦関係でも実質破たんしているような場合は離れ離れになる可能性は高いかもしれません。

みなさんご存知ないと思いますが、人間である期間というのはほんの一瞬であって死後の世界の方が遙かに長いのです。(数字にすると何十年~何百年単位ということにもなります)

この時どんな感じで会えるのかというと、現世に似ている情景を遥かに越えたなかで亡くなった子供たちと生活することになります。

 

亡くなった子供はどこにいるのか

 

冒頭にも書きましたが、現世に近い階層にいて瞬間移動して自宅に戻ったりあなたの側にいたりしています。ただし瞬間移動という文言は他の著書などを参考に書いていますが、思った時に来れるというのは体験してるので間違いではないと思います。

呼んだり想いが伝わるので、すぐ来てくれるような感じです。

幼ければ近くにいてる時間も長くいてると感じますが、成長したお子様なら色んなところにも行っているでしょう。まさに生きている子供と同じ感覚と思って頂ければいいと思います。

仏壇の中にいるのかというと、そうではないです。仏壇のなかの位牌は亡くなった子供専用の場所であり部屋のようなものです。お供えものをする時に位牌があると他の霊が寄らないように自分の子供専用といった意味もあります。

少し話が逸れますが、仏壇にお供えをしてあげるならお菓子なら封を開けてあげたり飲み物なら栓を開けてあげた方がいいかと思います。霊になると食べるというより匂いがメインになりますので、より喜んでくれると思います‥。炊きあがったごはんの匂いも好まれます。

 

さいごに

 

令和2年6月2日に大幅の内容を編集いたしました。

 

見えない聞こえないだけで辛く悲しいと思うのですが、書いたことは事実なので今も近くにいてくれている。あなたのいまや家のことは知っているということです。

 

死ねば間違いなく会えますし、人の寿命なんて長くてたった80年でもっと早く会えるかもしれないということです。

 

先に旅立った愛する子どもではありますが、子供の死後の世界のことも考えれるなら3年5年と月日が経つごとに生前の物はしまって保管していってあげた方が子供の現世での未練も断ち切ることができるので、世間で言います成仏はしやすいようです。

 

いまの想いは変わらないと思いますが、少しでも心休まりますように‥。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

 

こちらのバナーをクリックしてくださると、管理者の励みになります。


にほんブログ村


スピリチュアルランキング

POSTED COMMENT

  1. イトケン より:

    じゅじゅ様

    お気持ちお察しいたします。
    コメントを頂いてスルーしたのではなく、パソコンに向かえなかっただけですのでご了承下さい。申し訳ありませんが、気休めにもならないとのご意見ありがとうございます。どんなことになっても会いたいと思うお気持ちは理解できます。しかし当方としましてお力になれなかったことはお詫び致しますが、記事の削除のご希望には添えることはできませんので内容の見直しを近日中にさせていただきます。

    人の死を金儲けに使うとか偽善者というのは、今の境遇が苦しいとはいえ少し言い過ぎではないですか?当サイトは御覧の通り一切広告掲載をしていませんし、お金儲けをするための誘導も運営もしていませんのでご理解いただければと思います。

  2. じゅじゅ より:

    都合こ悪いコメントは無視するんか!
    この偽善者が!
    人の死を金儲けに使うな!

  3. じゅじゅ より:

    ほんまにこの境遇を経験した当事者能力らしたら、なんの気休めにもならへんから、削除してください。
    会いたいの基準が違う!
    どんなことになっても、また会いたいで検索してるのに、こんなわけのわからんこと言われても、なんの気休めにもならへんから

  4. イトケン より:

    けいちゃんママ様

    大変返事が遅くなり、こちらこそ大変申し訳ありません。
    実は確認するまでスパムに振り分けられてしまっていまして遅くなりました。

    ご主人様とも共有して頂いること、とても嬉しく思っています。本当に意味のあるお子様でしたので、けいちゃんママご夫婦が乗り越えていこうとされる決意は、長男様の供養にも大きく影響していき意義のあるものになっていきます。長男様がけいちゃんママご夫婦のために教えてくれたこと、赤ちゃんなのに見守ってくれていることを信じられて、とても手のかかる次男様に感謝しながら日々頑張っていって下さい(^^;)
    次男様がおとなしい子供でしたら、なお寂しさが増していたことと思います。

    幼い子供は純真ですし霊的な感覚が残っていることもありますので個人差はありますが、今書かれている内容からですと長男様がいてくれているようですね。笑わなくても何もないところを目で追いかけたりしているときも長男様の存在であることが多いです。おそらく心穏やかな霊格の高い赤ちゃんのようでしたので、いつも弟を見守ってくれることと思います。

    本当に返信が遅くなりましたこと、心からお詫び申し上げます。
    とても有り難いお返事ありがとうございました<(_ _)>

  5. けいちゃんママ より:

    お返事遅くなってしまいすみません。
    早速コメント頂きありがとうございます。
    夫と共有させて頂きましたがイトケンさんのコメントを何度も何度も読み返しながら涙が出てきました。
    息子が近くにいるということで温かい気持ちというか安心感というか不思議な気持ちになりました。

    亡くなった次の日に聞いた息子の声は私たちにとって貴重な体験だったんですね。息子が私たちのそばにいるよという合図だったんですね。
    たった4ヶ月の命でしたが、いつもニコニコしてる子で成長が早く赤ちゃんなのにあまり手が掛からない子でした。
    そんな息子が自分の命をかけて私たち夫婦の試練を乗り越えるためだけに生まれて亡くなったと思うと本当に切なくて辛くて悲しくなりますが、それと同時に感謝でもあり私も夫もこの先自分たちの子供を亡くすこと以上に辛いことはないと思いますのでどんな試練、苦労、辛いことがあっても乗り越えていこうと思います。

    金縛り中の夢は幽体離脱というものだったんですね。不思議な感覚ですが、とても鮮明な夢でしたので、霊と再会したと言われるとすごく納得できますし、私にそんな能力?があるのは不思議ですが、息子が会わせてくれたのかと思うと息子が亡くなった意味をもたらすためにも今後もしっかり生きなくちゃって思います。

    次男が走ってくるのはやはり暗示だったんですね。
    次男を妊娠して性別がわからなかったとき真っ先に男の子だって思ってました。
    今、手がかかってるのもちゃんと意味があるんですね。
    本当に次男以上に手がかかる子がいるの?ってくらい大変な思いで育児させて頂いてますが今を頑張るようにしてくれてるんだなって思うと次男にも深く感謝です。
    とは言っても本当に毎日余裕ないくらいですが(^^;)

    仏壇に手を合わせることより心や気持ちで想うことが大切なんですね。
    教えて頂き本当にありがとうございます。

    次男が長男の存在が見えるのかはわかりませんが1歳4ヶ月のときにこれもまた不思議で、ある日私が金縛りが起きてそのときもまた夢を見たのですが、長男と次男が遊んでる夢ですぐ夢も終わったのですが、その日の夜に次男がどこかを見ながら大爆笑してて、しばらく笑っては収まりの繰り返しで、なぜ笑ってるのかはわかりませんでしたが明らかに私と息子二人だけしかいませんでしたし、私は笑わせるようなことはしてなかったですが、その様子を動画で撮ったほどでしたのでもしかしたら長男が来てたのかな?って思ったことがありました。
    言葉はまだ単語しか話せませんが今後注意してみてみようと思います!

    長々と書いてしまいましたが、色々と教えて頂きありがとうございました!
    イトケンさんのブログに出会えて感謝です。

  6. イトケン より:

    けいちゃんママ様

    初めまして、コメントありがとうございます。

    当時は耐えらないほど大変な状況をよく乗り越えられましたね。ご夫婦ともよく頑張られました。息子様が3年半経って近くにいるのかということですが、いらっしゃって一緒に過ごされています。ただ幼い魂は煩悩がないので成仏しやすいというのはありますが、息子様を思ったり供養したりするときに側に来てくれます。お母さんやお父さんのことは見ていますし、生活のいろんなことを知っているものです。

    息子様が亡くなられた翌日の夜中に泣き声を聞いたというのは、とても貴重な体験で霊的な配慮があったようですね。このことは、あまり体験されることのないようなことです。おそらく人生で一番辛い出来事を乗り越えるために「ボクは近くに居るよ」という合図のようなものです。本当の意味で申しますと、夫婦の試練を乗り越えるために生まれてきてくれた子供で多分霊格の高い子に感じます。

    49日前に息子様が夢に出てきたとのことですが、それはママと息子様が霊として再会したものです。もう少し詳しくいいますと、お母さんが幽体離脱状態で仏壇の前にいて息子様の元気な姿を見たということになります。金縛りは幽体離脱していましたから身体が動かなかったのであって、夢ではなく実際に会っていたものです。これが普段は見えない感じないけども、これが子供は近くにいてる現実というものです。いきなり後ろからはしゃいで走ってくる男の子が次男さんで、これもただの夢ではなく暗示でありお知らせでした。仰いますように一連の流れは繋がっています。

    いつも大切なところで息子様が出て来てくれたりして、とてもけいちゃんママは守られている人でもあります。ところで次男様がとても手がかかる子とのことですが、これもママをテコづらせて紛らわせて今を頑張るようにしてくれている貴重な存在の次男様です。供養というのは本来仏壇に手を合わせることが本流ではなくて、心や気持ちで想うことが一番大切なものですので心配なさられることはひとつもありませんので、次男様をメインに手の空いたスキに供養なさられることで十分問題はありません。

    最後になりますが次男様が息子様の存在が見えたり発する言葉に何かヒントがあることもありますので、たまに注意して見るのもいいと思います。

    また分からないことがありましたら、いつでもコメントして下さいね。

  7. けいちゃんママ より:

    初めまして。色々検索して辿り着き読ませて頂きました。ありがとうございます。
    息子は生まれてたったの4ヶ月で亡くなってしまいました。長男でした。突然死でした。
    当初からしばらくは精神的にもおかしくなり、
    喪失感が大きくただただ息子に会いたくて会いたくて苦しかったです。自死も考えましたが無理でした。現実から逃げるように旦那と過ごしてましたが時間と共に受け入れて自分に納得させて回復していきました。このブログを読ませて頂いてずっと誰にも聞けなかった疑問が溢れてきましたので色々お聞きしたいのですが、教えて頂けたら幸いです。

    もう亡くなって3年半経ちますが息子はずっと私の近くにいるんでしょうか?ずっと見てるんでしょうか?

    あと息子が亡くなった次の日の夜中に息子の泣き声を聞きました。私以外に夫や母も聞いて皆目を合わせながらびっくりした記憶がありますがそれはどんな意味を示していたのでしょうか?
    声を聞いたのは1度だけでそれ以外はありません。

    あと、亡くなった49日前に不思議な夢を見て、金縛りが起きたと同時に夢を見たのですが仏壇の中に息子がいてニッコリ笑ってて、私は夢の中で悲しんでいたのですが、いきなり後ろからはしゃいで走ってくる男の子が来ました。
    その瞬間夢は終わりました。
    不思議な夢でした。

    息子が亡くなった次の年に妊娠し去年次男を出産しましたが、もう1歳半過ぎていつも走り回ってます。
    これらは全て繋がってるんでしょうか?
    あの時の夢で、私を励ますかのような正夢?を見せられたんでしょうか?

    長男の仏壇に毎日手を合わせてますが次男はすごい手がかかる子で育児でいっぱいいっぱいでちゃんと長男に供養できてないんじゃないかって思います。

    たくさん質問してしまいすみません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください