お問い合わせについて

お問い合わせについて

 

こちらのサイトにご訪問いただきまして、ありがとうございます。

 

メッセージをいただいたものに際しては、厳重に秘密保持し口外することや外部へ流出することは一切ありませんので安心してお問い合わせください。

霊的なご相談内容によっては極力不安を煽ることがないよう慎重な判断を心掛けており霊的に強く感じるものとそうでないものによって判断しながら返答していきたいと思いますので、ご希望に叶った答えにならない場合があることをご理解下さいますようお願い致します。

 

ちび子
ちび子
送信いただいた大切なメッセージは、1件1件イトケンなりに真面目に対応させていただきます。

 

お問い合わせについては、なるべく早く返信することを心掛けていますが最長48時間以内までの返信をしています。

返信していくなかで稀にMAILER-DAEMONなどの通知で送らせていただいたメールが先方に受信されなかったということがあります。

真剣なご相談をいただいているものに対して、回答をご返信できないことは私自身も残念でなりません。

そこで48時間を経過して、お問い合わせに対して返信がない場合は誠に申し訳ございませんが、再度別のメールアドレスで送信をお願いいたします

 

いま確認出来ているものですとマイクロソフト社などのメールアドレスに発生しています。

<@outlook.jp>  <@hotmail.jp>  <@live.jp>

上記のアドレスにてお問い合わせいただく場合は、こちらからの返信が受信されないといったケースもありますのでご注意をお願いいたします。

 

イトケン
イトケン
おチカラになれることは少ないかもしれませんが、少しでもお役に立てれば幸いですので、お気軽にお問合せ下さい。

 

 

 

 

こちらのバナーをクリックしてくださると、管理者の励みになります。


にほんブログ村


スピリチュアルランキング

POSTED COMMENT

  1. イトケン より:

    みき様

    ご返信ありがとうございます。

    お気づき頂けたことが何より心から嬉しく思います。
    みき様が仰られますように、お孫様の言葉はご主人様が口を借りて発した言葉です。
    見えなくて感じなくても、みき様のお近くに居てくれて案じてくれています。
    ご主人様は穏やかにお過ごしなられているようで、常にみき様やご家族を気にかけられていますね。
    私まで嬉しくて胸が熱くなってしまいました。

    みき様と当サイトの巡り合わせもご主人様のお導きのように感じました。
    私でよろしければ、いつでもご相談してくださいね。

    みき様とご家族のご健康とご多幸をお祈りいたします。

  2. みき より:

    お忙しい中温かいお言葉、誠実にお返事頂き感謝の気持ちでいっぱいです。
    今も私や家族の事を想ってくれてると知り胸がいっばいです。
    生前の主人は本当に私や家族を大切にしてくれました。
    イトケンさんの人生も波乱万丈と拝見しました。主人の波乱万丈でした。そのぶん人の痛みをわかる人でした。
    せめてあちらの世界で穏やかに過ごしてくれている事を願っています。
    心で問いかけたら人の口をかいしてとゆう事ですが、
    小学3年の孫がふいに大人の様な発言をする事があります。例えばじぃじはいつも側におるから大丈夫!、じぃじはばぁばが一番大好きやで!とか…
    きっと主人からのメッセージでもあるのかなと思い、今も私を支えてくれてるのですね。
    イトケンさんのお返事で気付かせて頂きました。
    本当にありがとうございます。
    今後も相談させてもらえたらありがたいです。

    霊媒の事ももう少し考えてみます。
    長々とまとまりのない文章でごめんなさい。
    イトケンさんもお体大切にして下さい。

  3. イトケン より:

    みき様

    こんばんは、こちらこそご連絡ありがとうございます。

    1年5カ月の間、よく頑張ってこられましたね。
    ミディアムシップという言葉を詳しく知らなかったので調べてから返信させて頂きました。
    調べてみますと日本では霊能者といわれているようですが、要は「霊界通信」という死者との会話のことですね。

    私からしますとミディアムシップについてですが、霊媒を介さずに霊と会話するというのは少し難易度が高い感じがするのが個人的な意見です。
    私が霊媒を介して会話してきたことのほうがハードルが低いのではないぐらいに思ってしまいます。一般的に霊能者ですと霊が見えたり映像が見えたり数字などの文字が見えたりするようですが、霊と会話が出来るということは悪用すれば他人の秘密まで探ることが出来るということなんですね。霊というのは私たち人間より、見通したり思念が手に取るように分かるものだったりしますので・・・。

    ですのでミディアムシップで本物に出会えることやスクールで受講して能力が開花するというのは少し難しい感じがします。

    とりあえずと申しますと大変失礼な返答になってしまいますが、先ず行なって欲しいことは位牌の前か心のなかで「具体的にご主人様に問うてみる」ことをして下さい。場合によっては近親者(幼児や子供含む)や知人の口などから答えになるものが返ってくることがあります。ご主人様の思いについてですが、みき様や家族への思いが強いとみてまちがいないです。

    そのような方を探すことについて私からのアドバイスさせていただくとしましたら・・・。

    ◯良心的な金額であること(ネットにでている相場より安い)
    ◯基本的に勧誘や鑑定などの誘導が表面化しているものは避ける(営業目的)
    ◯実績を前出ししているものも良くないと思います(特に芸能人や著名人・累積人数など事実なら宣伝する必要がないため)
    ◯広告を多く貼られているサイトもあまりオススメできない感じがします。
    ◯何か販売している人は良くないと思ったほうが賢明です。

    このようなことを書きだしてしまいますと、どの人を信じていいのかよく分からなくなると思うほど怪しい人が多いので上記は除外対象です。
    しかし中には本物が実在しているのも確かですが、実際少ないと申しますか依頼するとなりますと割合で1割から2割(?)程度かと思います。

    私がこうして書かせていただきましたのも、神仏と関りのある人間や霊的真理を知ったものは基本必要以上に儲けることはないということの前提でピックアップさせていただきました。(清浄な人ほど正確性は高いように思います)
    以上ですが、返信するのに時間がかかってしまい申し訳ありませんでした。

    もし不明なことや些細なことでも質問がありましたら、お気兼ねなく何度でもメッセージして下さい。

  4. みき より:

    誠実にお返事頂きありがとうございます。

    主人を亡くし1年5ケ月です。主人を亡くしスピリチュアル関連を読みあさる日々を過ごしております。
    イトケンさんはミディアムシップをどう思われますか?
    主人の思い、あの世でどうしているのかを知りたいと思っています。
    また、あまりにも情報が多すぎてどう探していいのかもわからずにいます。
    図々しいお願いですが、アドバイスを頂ければと思っています。

  5. イトケン より:

    こうきっち様

    はじめまして。
    コメントありがとうございます。

    本当に辛い毎日をお過ごしのことと思います。

    最愛の息子様と来世も親子でいれるかということですが、その前にあの世(霊の世界)で基本的には現世より永く一緒にいれることになります。
    あの世では親子の絆は素より愛情の思念が勝るものですし、いまの気持ちや想い供養はすべて彼に届いているもので伝わっています。
    来世で息子様とこうきっち様が強く望めば親子の関係になる可能性もあるかもしれないのですが、天寿を全うして霊の世界で再会を果たした時に息子様との関係の深さに考えが変わっていくように思うのが正直な答えです。

    ですから、いまは心のなかで最愛の息子様と共に生きている・これからもずっと一緒に生きていくと確信していいと思います。

    いまの時点では見えないし存在を感じないかもしれないのですが、夢で会えるというのは妄想や非現実なことではなく睡眠時は霊として活動しているなかで会えるものになりますので偶然ではないこともご理解ください。(目覚めてから記憶が薄かったり変な感じだったりしますが、それは肉体の影響を受けるためです)

    供養について、ご存知だと思いますが息子様が好きだったものや飲んでいたものは必ず封をあけて匂いをかがせてあげて下さいね。

  6. こうきっち より:

    はじめまして。
    ブログを拝見させて頂きました。
    先日、最愛の息子を病気の再発にて亡くしました

    日が経つにつれて、辛さが増しています。

    直後はもうこの子が居ないならわたしが生きている意味がないと思いました

    しかし、この子の供養をする事、この子の兄弟の為、
    自分で命を絶つと向こうで会えなくなるのでは
    と思い、寿命がくるまで生きなければと、思いましたが、やはりこの子が居ない人生をこれから生きるのが辛いです。

    イトケンさんのブログであの世で会える
    今近くにいると書いてあり、少し気持ちが落ち着きました。

    一つ質問させて下さい。

    この子と来世でも親子でありたいと思うのですが
    出来るのでしょうか。

  7. イトケン より:

    みき様

    ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

    最愛の人の死と向き合う辛さは痛いほどわかります。
    なかなか気持ちの整理はつけれないもので、祥月命日(毎年の忌日=亡くなった日)だけでなく、毎月の亡くなった日付や季節に後悔と忘れるものではないと思います。

    しかし実際には霊として生き続けており見守ってくれていますので、この世に残ったものとして再会の日まで後悔なく生きていけたらいいですね。

  8. みき より:

    初めまして。ブログ拝見させて頂いております。
    今回の死後苦しみや痛みがなくなると書かれていて安心しました。
    少し気持ちが救われた思いです。ありがとうございます。

    最愛の人の死とはとても辛く、自分の気持ちも中々整理できずにいます。

    今度も色々な情報を発信して頂けたら嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください