未分類

食パンで気付いたスピリチュアルなこと

今回はパンに関する美味しい食べ方ではなくて、食パンを食べてて気付いたスピリチュルなことをお伝えしたいと思います。まさしく、これが気付きなんだなぁって改めて思い知らされました。みなさんの中にはパンを食べないとか、パンが嫌いな人もおられると思うのですが、パンを美味しく食べる方法とかパンに関するウンチクではありません。

 

 

なぜ今日気付いたのか

 

今朝の話しなのですが、いつものようにコーヒーを飲みながら食パンの真ん中にバターをのせて焼いていました。

 

普段から、このあとにハチミツをかけて寝起きのボーッとした状態で食べるのですが、今日に限って昨日買った食パンが無添加で少し割高だったのですね。

 

値段をいうのも変ですが、2枚で108円と普通の6枚切りにすると300円になってしまうようなものでした。

 

チーンとトースターが鳴って、皿にのせて普段のように食べていたのですが、値段はわりに普通とあまり変わりない感じだなぁ、なんて思いながら食べていました。

 

普段から食パンって食べるとき、食パンを平行にして口に運ぶことが多いと思うのですが、今日に限ってちぎって食べていってるときのことです。

 

なんとなく意識しないと気付かないのですが、平行にむしゃむしゃ食べていくのと、ちぎって食べるのって食感と味がちがうことをご存知でしょうか。

 

平行にして食べるとザラザラした表面が食感になって、なんとなくこのザラザラ感に塗ったものを食べてる感覚が、ちぎると中のモチモチした感覚が口に伝わるのですね。

 

パンって食べ方でこんなに変わるんだと、いまさらながら気付きました(^^;

 

お伝えしたいのはここからです。

 

普段から同じ動きをしていると気付かない感覚に気付くことと、毎日同じものを見てても見る角度を変えることによって、全然ちがう見え方をするのだということです。

 

人の固定観念は視野が狭いこと、考え方はいつも通りの思考ではいけないことです。

 

何が言いたいのかと申しますと、自分の毎日も見方を変えてみること、人に対してもちがう面からも観察することで、自分が生きやすくなるということをお伝えしたかったのです。

 

これが大事なことなんだ、ということに気付かされました。

 

このようなことが生活の中に気付きを与えてくれるものだと思いましたので、書いてみました。

 

なにかの参考になれば幸いです。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

こちらのバナーをクリックしてくださると、管理者の励みになります。


にほんブログ村


スピリチュアルランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください