霊・霊障

霊の存在|霊って話せるの?

巷では、霊を見たとか話したとか車に乗せたなど様々な体験談を目にします。その霊の存在って本当なのか、誰でも見えたり話せるのか、体験談は多くても実際作り話しも多い世界だと思いますので、霊媒を介して話してきた実体験をもとに説明させていただきます。

 

 

霊は話すことができるの?

 

 

イトケン
イトケン
まずはじめに・・・霊媒体質(霊に憑依されやすい体質)の人がいれば、話すことは可能ですと断言させていただきます。ただし私と同じように誰もが霊媒を介して話せるならいいのですが、私が特殊なのかどうかは勉強不足のため定かではありません。

 

いろいろ憶測の飛び交う世界ですが、実際に話せるのか説明していきたいと思います。

 

人間は亡くなれば、肉体から離れ魂だけが残ります。魂は永久に死にません。

 

もしも魂がなくて人間が亡くなった時点で終わりなら、すべての供養もお墓の必要もないと思います。完全に消えてしまうのですから幽霊の存在もないことになります。

 

例えが悪いですが虫のように魂があっても、どんな死に方をしようが死ねば終わりで誰にも見向きもされずに、忘れ去られることになります。

 

愛犬家や猫好きな方など動物をペットとして飼っていた方は、そのペットの霊を見るかも知れませんし出てきた体験談は聞きますが、人の幽霊を見た体験談は多くても犬や猫や動物の霊が歩いていたり噛みついてきたとか付いてきたとか目撃談が少なく、なぜ人間だけ?の幽霊を見るのでしょう。

 

それは人間と動物とは思念などがちがうためです。動物というのは人間のように後悔や思い残すようなことはないために、このように存在が見えないことが多いのです。動物がわざわざ、また会いたいと思う意識が薄いからです。

 

虫や動物にも人間と同じく魂がありますし、お稲荷様はキツネの神様ですが動物霊も実際にいてるのに不思議なのは、このあたりが関係しています。

 

そこで私の体験から検証していきます。

 

霊といわれる肉体を所有しない魂のかたまりは光や影(影という例えが正しくないかもです)のような存在になります。

 

何が言いたいかというと、生きている人間は肉体があるからこそ声帯があり声を発することが出来るということです。だから肉体がなくなってしまうと人間のように,簡単に声を発し会話は出来ないということになります。

 

生きていても声帯をなくせば人間も話せなくなりますよね。

 

ということは霊の声を直接聞くことができるのは、本物の霊能力者ぐらいでないと聞き取れないと思います。

 

あと低級霊のうめき声や物音をたてるといった行為ですが、これは普通の未成仏霊にはできないことであり、念の強い悪霊などの場合が多いので普段は聞こえないほうがいいかもしれません。

 

実際に人にものを伝えたい幽霊はたくさんいてるために、人に憑依して存在なり会話をしようとします。この憑依した霊と数々の体験して来ているのが私の体験なのです。

 

私たち自身も亡くなる時に言い残したことがあると、誰かに伝えたくなるのは当然なことだと思いますし、理解を求めたくもなります。でも肉体がなければ表現できないので、亡くなられた肉親などは子どもなどに憑依することがたびたびあります。

 

もし霊が直接話せるなら、もっと怖い気がしますしバンバン身内や友達のところへ行って話そうと思うのですね。姿は見えなくてもですよ。

 

私も日々感じることですが、霊というのは音などは出せるのは間違いないのですが、霊自体と話すことは難しいし、聞き取れないのが本当のところだと思います。

 

霊と話すとなると通常私たちが話す場合は、霊媒が必要になり霊媒に霊が入るかたちで、いわゆる憑依しないと話すことは難しいことになります。

 

 

作り話が多いけど、本当に霊は存在する

 

 

幽霊といわれる霊は、暑い時だけでなく年中存在しています。。

 

オーブ(写真に写る白い玉みたいなもの)のように、いるところには1体でなく複数いてるのが普通です。

 

霊の中には、本当に怖い悪意を持った幽霊もいますが、全てもともとは同じ人間ですので、悪意のない霊のほうが多数です。

 

人間の肉体は死んでも魂は死なないために、現世というこの世にとどまっている霊が死んだことを理解できなかったり未練があって、さまよっていることがよくあります。

 

霊が見える人は少ないと思いますが、怖いもの見たさで心霊スポットや霊が多そうな場所に行かれるようですが、そのような場所には悪意をもった霊が多いため絶対近づかないほうがいいですし、見れるとは限りませんが低い波長はもらってきますので、いいことではありません。

 

どうしても見たくても、見えない人には見えないだけです。

 

見えない人でも比較的わかりやすい方法がひとつあります。

 

霊が部屋の中にいるかいないか確認する方法は、微妙ではあるのですが部屋がいつもより明るいか暗いかで判断することができます。意識しないと分かりにくいですが霊がいない部屋は空気?が澄んで明るいです。

 

一度部屋の掃除をなさられて掃除前の部屋と掃除後の部屋の明るさを比べてみて下さい。

 

単身用の部屋ならトイレや水回りをきれいにすると分かりやすいです。

 

部屋が暗く感じるときは空気がよどんでるので、霊がいてるか入ってきやすい環境です。

 

あと、いつもしないのに何かクサイにおいのする時も幽霊がいてる可能性があります。

 

私が霊を確認する方法は、意識を霊のほうに向けると鳥肌がスーッとたちます。

 

霊も24時間いてますが、経験から言いますと霊が出やすい時間はやはり丑三つ時の午前2時ごろから3時ごろが一番多く出現するようです。

 

いまこうやって書いてるだけでも霊が寄ってきてるようですけどねw

 

さいごに

 

 

まだサイトを始めて間もないので文章力もないので読みにくいと思いますが、時間のある時にこちらも少しづつでも修正していきますので、よろしくお願い致します。

 

霊は存在しますがテレビぐらいならいいですが、心霊スポットなどに見に行くだけでも行かない方が絶対いいです。誘われても行かないでください。

 

心霊スポットなどにいる霊は悪霊の類が多いからです。連れて帰ってしまうと少しづつ調子がおかしくなることが多いので‥。

 

もし縁あって霊とかかわることがあったとしても、経験がなければ怖い世界ですのでかかわらないようにしてください。

 

では、この辺で終わります。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのバナーをクリックしてくださると、管理者の励みになります。


にほんブログ村


スピリチュアルランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください