未分類

スピリチュアルで肉食は良くないと言われるが|本当は‥

 

スピリチュアルをしている人の中には、肉食が霊感を鈍らせるとか根本的に良くないと言われる人もいるようですが、はたして肉食は本当にいけないのでしょうか。テレビでもグルメ番組が多く放送されている中で、焼き肉やステーキなどが出てくると食べたくなるのは仕方ないですよね。スピリチュアルの肉食について本当のことを説明します。

 

 

 

たしかに肉を主食に食べていると霊感が鈍くなると思いますし、野菜中心の食生活に比べれば攻撃的になりやすいのかも知れません。

 

人によってはスピリチュアル的な解釈の違いから肉食はよくないと言われますのが、動物も命を宿してるものだから動物を殺したり屠殺(とさつ=家畜の動物を殺す)したものを食べるのも同じだけよくないというような考えです。

 

ところが動物の世界は弱肉強食のサイクルで成り立ってますよね。この行為は神の真理には反していないことなんです。自然の摂理に組み込まれています。

 

だからスピリチュアル的に正しい解釈は、動物を開発などの実験であったとしても如何なる理由でも動物を殺すことは罪深きことと判断されますが、私たちが屠殺した動物を肉を食べることは生きるために必要なものなので許される行為なのです。

 

ただひとつ思いますのは家畜用であれ命のあった動物の肉体の一部を頂いているので、日々感謝することは大切だと思います。肉食にかかわらず食べ物をいただけてることには、当然ですが人として感謝が必要ではないかと思います。

 

ということで、肉を食べることは身体に必要な栄養素や免疫力などを高める役割も含んでいてチカラの源にもなるのでスピリチュアルをしていても肉を食べることに問題ありません。

 

だから気にせずにステーキに焼肉をどんどん食べて下さい。

 

私は逆に毎日に近いぐらい肉食だったので、霊感というか感性をよくするために肉食は減らそうと思っています。それでこれを書こうと思ったのですけどね。

 

参考に各宗教の肉食について調べてみましたので参考にして下さい。

 

 

仏教    修行僧は精進料理を食べるという宗派も多く存在します(浄土真宗は可)

道教    肉食しない精進料理(道教とは中国)

ヒンドゥー教  牛を聖なるものとしているため牛肉禁止で多くが菜食主義

ユダヤ教    豚・鱗のない魚・エビ・猛禽類は禁忌

イスラム教   豚・肉食動物・ウナギは無条件でハラム(ハラムとは禁止)

キリスト教   基本的に制限はないが、決められた日だけ肉食をしない習慣

 

いろいろ宗教で違いがあるものです。以上です。

 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

こちらのバナーをクリックしてくださると、管理者の励みになります。


にほんブログ村


スピリチュアルランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください